新型 コロナ バイオテロ。 新型コロナウイルスの原因は研究所からの漏洩?武漢海鮮市場のヘビでもネズミでもない?

中国、韓国、北朝鮮が経済破綻。「新型肺炎」を仕掛けたのは誰か(MAG2 NEWS)

しかし中国が全てのゲノム情報を公開しているかどうかについては今でも大きな疑念がくすぶっています。 Screenshot of Fox Business さらに、陰謀論系の人工ウイルス説はインターネット上にとどまらず、アメリカ政界にまで波及した。 ボイル氏の見解が正しいとすれば、中国政府はそうした生物兵器を開発する意図と能力の両方を持たなければならないことになる。 だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。 中国政権が地球上の支配者として米国に取って代わるための戦略として、中国共産党がこうした兵器の開発に取り組んできたことは明らかだ。

Next

新型コロナ「バイオ兵器説」の裏に隠された真実とは どこか不自然、“噂”の否定に躍起になる中国当局(1/5)

ツキノワグマは元来、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスなど東南アジア地域で密猟されてきたが、乱獲に伴い、ツキノワグマの数が激減。 弱毒性のウイルスなら、感染者がいろいろと動き回って 感染を広げてくれるからです。 遺体は正式な手続きなしで次々と火葬場へと運ばれ、武漢市にある遺体焼却場は、流行の規模を示す証拠を抹消するために昼夜問わず稼働し続けた。 「バイオ兵器」説のソースは怪しい そもそも、COVID-19バイオ兵器説に初期に言及したのは、統一教会系のアメリカの新聞『ワシントン・タイムス』(有名な『ワシントン・ポスト』とは別)や、アメリカ亡命中の中国人大富豪・郭文貴の自前のメディア『GUO MEDIA(郭媒体)』などだった。 アメリカは報復措置に出る準備があるとしている 真偽のほどは不明ですが陰謀説とも取れる発言に驚きを隠せません。 宮坂氏「かねてからSARSウイルスのスパイクタンパク質をコードする遺伝子領域を見ると、明らかに普通では考えられないような塩基配列があって、それがどこかのウイルスから持ち込まれたものではないか、従って、このウイルスは人造ウイルスではないか、あるいはどこかでつくったウイルスが漏れ出たのではないかということが言われ、3つぐらい論文が出ました」 「ところが、いやそうではないだろうという論文もあります。

Next

新型コロナウイルスは生物兵器か?――「一帯一路」潰し、バイオテロ説

レッドチーム入りも叶わず、日米との同盟関係にひょっこり戻ってくることも、プライド的にも実質的にも不可能でしょうから、こちらも崩壊への道まっしぐらのシナリオです。 裁判で争えば、こちらのほうが勝つ。 これは歴史からも他国に抜かれないように対策していることがわかります。 しかし、 発熱やせき、頭痛などの症状があった8人のうち、1人は入院していません。 5Gネットワークがないにもかかわらずオランダのハーグで300羽のムクドリが大量死したこともその根拠とされました。 著書に『アジアの脅威:なぜ中国の夢が世界秩序への新たな脅威なのか』など。

Next

中国、韓国、北朝鮮が経済破綻。「新型肺炎」を仕掛けたのは誰か(MAG2 NEWS)蔓延する新型肺炎に関しては「バイオテロ説…|dメニューニュース(NTTドコモ)

Mosher スティーブン・モッシャー 人口研究所所長。 何か裏づけとなる決定的な情報がスクープされるような状況の変化でも起きない限りは、無視するのが賢明だろう。 PCRとは「Polymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)」の略で、少量のDNAサンプルを特定の研究・検査に必要な量まで増幅させる技術のことを指します。 バイオディフェンスには、バイオサーベイランス、脅威モニタリングと認識、生物学兵器の制御と拡散防止、テロ対策、バイオセーフティとバイオセキュリティ、医療対策、医療計画と準備、対応・復旧活動など、幅広い活動が組み込まれている。 9%」と差がみられた。 「 世界(の専門家の間)では『人工的なウイルスだろう』という意見が多い」 「『 (新型コロナウイルスは)SARSと近いウイルスだが、分子に4つの違いがあり、自然に起きる違いではない』と報告されており、人工的に改良された可能性がある」 新型コロナウィルスは人工的に改良された可能性がある。 つまり、合計206人のうち、12人が入院という選択肢を取りました。

Next

中国、韓国、北朝鮮が経済破綻。「新型肺炎」を仕掛けたのは誰か(MAG2 NEWS)蔓延する新型肺炎に関しては「バイオテロ説…|dメニューニュース(NTTドコモ)

よって、今後、DP号が日本のパンデミック汚染を生み出すことになる。 EMAIL info djy. 陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。 もっとも、おそらく彼女は現在も存命だ いっぽう、北京の夕刊紙『新京報』が2月15日夜に武漢ウイルス研究所研究員の石正麗と陳全姣に対しておこなった電話取材では、2人はともに黄燕玲という名の研究員の存在について「把握していない」と説明。 COVID-19については、中国の習近平政権が事態をおおやけにした1月20日すぎから囁かれている噂がある。 (なお、私は2017年12月にニューヨークで郭文貴本人に会ってインタビューをおこなったほか、2018年5月から翌年1月までは『SAPIO』誌上で郭文貴の連載を編訳していた。

Next

コロナウイルスはバイオテロ?中国人の戦略?陰謀論?日本人は滅亡?|ラヂカセトレンド

この状態で、まだ国会で桜を見る会の議論を延々とできる感覚には呆れていますが、手遅れにならないうちに包括的な危機管理体制を構築しておく必要があります。 反中国の法輪功お抱えメディアの情報というだけで一歩引いてみるべきところだが、こちらも日本国内を含む反中勢力に拡散した。 宮坂氏は筆者の取材に次のように答えました。 まったく研究されてこなかったということはないだろうが、 現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。 たとえば、別の動物から集めたウイルスを人から人への感染力を強化すること、または感染者に症状が現れるまでの潜伏期間を伸ばすことなどがこれにあたる。

Next

新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。 。 世界各国の関連研究機関で 研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。 米国の新型コロナウイルス感染症対策を支えるバイオディフェンス戦略 2020年1月29日、米国大統領のドナルド・トランプ氏は、新型コロナウイルス感染症に対応することを目的として「コロナウイルス・タスクフォース」()を設置した。 図1 国家バイオディフェンス戦略の目標 出典:U. 米国連邦政府は、バイオディフェンスについて、「生物学的脅威に対抗し、リスクを低減し、バイオインシデントに対して準備し、対応し、復旧するために設計された行動である」と定義している。 17年前のSARSの際は、諸外国に先駆けて中国人などのビザ発給を停止し、入国封鎖を断行したマレーシアのマハティール首相 それに対抗し、中国はマレーシア、シンガポール、タイの3国への中国人渡航を禁止した。 論文はデタラメだったと結論付けられ撤回され、ウェイクフィールド氏は医師免許を取り消されました。

Next