新型 コロナ ウイルス 感染 症 拡大 防止 活動 基金。 「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」が寄付者・助成先を募集しています

新型コロナウィルス感染症:拡大防止活動基金 2020エアコンキャンペーン(期間令和2年6/1~6/30)

応募資格 ・新型コロナウイルス感染症の対応及び拡大防止に取り組む、個人・任意団体・特定非営利活動法人(NPO)・社会福祉法人・事業者・医療機関・自治体など ・日本国内に拠点がある団体 ・反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、 暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう。 Q3:助成対象事業の選定基準や助成金額及び件数はどうなっていますか? 本基金の募集要項をご確認ください。 今回の助成事業は、協定に基づくプロジェクト「 おたがいハマ」の事業として展開していきます。 なお、これまで 4期にわたり実施した助成は合計125件、総額646,952,495円となりました。 このページのコンテンツは、公益財団法人 東京コミュニティ財団が発表した新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 第5期の内容を、その一次情報を元に京都市市民活動総合センターが作成し二次情報として掲載しています。 助成金の使途に不明瞭な点があった• 下記のに入力し送信していただくか、または、に必要事項を記入しご提出ください。 (4月8日10時30分現在) (基金ページURL:) この度、日本プロ野球選手会とNPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)を通じてプロ野球選手の皆様からも本基金への寄附、またSNS上での支援呼びかけなどのご支援を賜ることになりましたので、お知らせいたします。

Next

「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」が寄付者・助成先を募集しています

さまざまな制約の中で、これらの社会課題の解決に取り組まなければなりません。 新型コロナウイルス感染症の拡がりが落ち着き、緊急事態宣言が解除され、少しずつ元の生活に戻りはじめていますが、感染症拡大で大きく影響を受けた困難を抱える層には、さらなる支援の継続が必要だと考えています。 [1]医療従事者支援• 所定の応募用紙(ページ下部の「応募方法」よりダウンロードしてください)• 助成対象とならない活動もしくは経費項目に使用した• Q2:「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」の助成対象事業は、どのように決定されますか? 本基金においては、READYFOR株式会社が基金の運営及び管理を受託しており、一次審査を実施いたします。 (READYFOR(株)のプレスリリースは) 当基金では助成先を募集しています。 本基金ではこれまでに20,577名から840,712,500円のご支援が集まっております(クラウドファンディング、特設ページ等での寄附の総額)(7月30日10時時点)。

Next

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 第5期

支援人数は、18,641名。 新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 今回の基金では、日本における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組む、個人・団体・事業者・ 医療機関・自治体などに対して、下記のような活動費用を緊急に助成します。 その他にも、感染症対応の正しい医療知識を、知見が不足する介護福祉の現場まで伝播させる活動など、「次の感染拡大」に備えるための幅広い活動も含まれています。 また、それぞれ助成先が決定した段階で、<>にてご報告いたします。 また、TwitterやFacebookでの拡散も大きな支援になります。 しかし、それらの課題の多くは、新型コロナの感染拡大によって新たに生まれたものではなく、私たちの社会にもともと存在していたものが顕在化したものです。

Next

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金

第3期からの変化としましては、3月から5月まで続いた3ヶ月間の社会自粛による生活・仕事への影響がより顕在化し、ひとり親家庭や路上生活者など生活困窮者への支援団体や、また失職者サポートなど社会機能ともいえる団体への助成が大きく増加しました。 入力後、「ふるさとチョイス」から支払番号が記載されたメールが送付されます。 人々の中で感染リスクへの意識は残りつつも、少しずつ元の生活に戻りはじめている人が増えているように感じます。 みなさま、本基金への多大なるご支援をありがとうございます。 なお、本基金へのご寄付に関するサービス手数料はございません。 助成条件への違反・違反の恐れが生じ、是正を求められたにもかかわらず、速やかにこれを是正しなかった• 入出金• 皆さまからの温かいご支援・ご協力をお願いいたします。 ・介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育等へのマスク等必要物資の支援費用 ・医療機関へのマスクや手袋、ガウンなどの医療用防護具、水や毛布などの救援物資、人工呼吸器やベッドなどの医療器具の支援費用 ・医療用防護具、医療器具などを生産するための事業経費 ・保健所、医療機関、介護施設、障がい者施設、保育所、学校、放課後学童保育等の新型コロナウイルス感染症対応に関わる人件費 ・新型コロナウイルス拡大感染症の影響を受け、社会的孤立が懸念される子ども、青少年、保護者、高齢者、低所得者などを支援する個人・団体等の活動費用 ・新型コロナウイルス感染症の予防、診断、治療のための研究・ 開発費用 ・その他、各個人・団体・事業者・医療機関・自治体などが新 型コロナウイルス感染症対応を実施する上で発生する費用 あわせて基金への寄付もご検討いただければ幸いです。

Next

「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」が寄付者・助成先を募集しています

申込フォーム中の「寄附金の使い道を選ぶ」から、【市民活動の促進(さぽーとほっと基金)】を選択してください。 皆さまからご支援いただいた寄附金は、本基金による審査・助成決定を経て最短14日で助成先に届きます。 ・寄付金領収書の名義・発送先は、原則としてご寄付時に入力したお届け先の宛名と住所となります。 そのほか(感染防止を呼び掛ける啓蒙活動など) 休校解除により徐々に再開される日常生活において、感染防止・教育現場の負荷軽減に向けたこどもたちへの手洗い活動の教育活動や、第2期に引き続き、日本に住む難民など情報リーチが十分にない層への感染拡大に向けた情報提供などの活動も、その必要性を鑑み助成に至っております。 基金の信用を毀損する行為を行った• 反社会的勢力であること、または反社会的勢力と関与したことが判明した• 第3期の助成団体は35団体、助成総額は¥239,103,300円に決定いたしました。

Next

Music Cross Aid ライブエンタメ従事者支援基金

URL: Q4:最終的な助成先はいつ決まりますか?また、どこでお知らせされますか? 本基金による助成は第1期〜第4期を計画しており、助成先の決定はそれぞれ下記のスケジュールを予定しております。 本基金は、(公財)東京コミュニティー財団より運営及び管理に関する業務委託を受けREADYFOR株式会社が事務局として運営します。 生活困窮者・こども・ひとり親・障がい者・認知症患者・小児がん患者・LGBTQなどへのマスクや食事・住居の提供、メンタルケアサポートなどの支援活動に取り組む団体から多くのご申請を頂き、ニーズと必要性を鑑み、第3期では全国各地のより多くの団体へ助成を決定しております。 その他 そのほか、寄付に関する詳細(ふるさと納税返礼品・税の優遇措置・ふるさと納税ワンストップ特例制度など)につきましては、のページをご参照ください。 ・なお、ご寄付後に上記情報を変更することはできず、アカウント情報を変更した場合でも、ご寄付時に入力したお届け先の宛名と住所は変更されません(個別にご連絡いただかない限り、原則としてご寄付時に入力いただいた宛名と住所に寄付金領収書をお送りさせていただくことになります)のでご注意ください。

Next