コロナ ウイルス 生物 兵器。 燻る「新型ウイルス=生物兵器」説、専門家が解説 コロナウイルス問題の背後に「中台対峙」の可能性示唆(1/3)

ネトウヨ「コロナはただの風邪!、武漢肺炎!、中国の生物兵器!、中国の研究所が人工的に作ったウイルス!」

「新型コロナウイルスは武漢の研究所から漏れた生物兵器だ。 もうひとつは、 中国による政治体制で、 積極的な情報開示を行っていないこと。 憶測の域を出ないものの、中国の武漢から世界へ広まりつつあるコロナウイルスは、武漢のウイルス学研究所で開発された生物兵器である可能性があると指摘する報道があった。 中国の習近平国家主席は、被害が深刻な韓国とイタリア、イランの各首脳に 「心からの見舞い」 を伝える電報を送ったというが、初動対応の遅れは 「人類に対する罪」 ではないのか。 ベッドフォード博士はシアトルで開催された米国科学振興協会 AAAS の会議でも、新型コロナが細菌兵器でないと断言した。 生物兵器に限らず、新兵器の研究開発においては一般に、実用性の高いものからまず採用されるものだ。

Next

新型ウイルス「中国が秘密開発した生物兵器」トンデモ説が駆けめぐった一部始終

新型コロナの感染拡大との戦いのカギはそれだ」という記事(1月23日付)。 加熱する報道も、わかるような気がします。 《(新型コロナウイルスはコウモリ由来とされるが)コウモリは武漢の海鮮市場では売買されていない》 《市場に飛んでくる可能性も非常に低い》 《他に感染経路はあるのか?》 《われわれは、2つの研究所を特定した》 《第1の研究所は、海鮮市場から280メートル以内にある「武漢市疾病予防管理センター」》 《研究目的で動物を確保し、病原体収集と識別を専門にしていた》 《過去2年以内にコウモリを湖北省から155匹、浙江省から450匹調達している》 《第2の研究所は、海鮮市場から約12キロメートルのところにある「中国科学院武漢病毒研究所」》 《この研究所は、中国の馬蹄コウモリが、重度のSARS(重症急性呼吸器症候群)の大流行を2002年から03年に引き起こしたと報告している》 《誰かが、コロナウイルスの進化に関係していた》 《ウイルスや、その誘導体が実験室から漏れる可能性はある》 《ウイルスはおそらく、武漢の研究所で発生した》 もう一つ、このリポートで注目すべきは、 《武漢市疾病予防管理センターは、医者らのグループが最初に感染した協和病院に隣接している》 という部分である。 武漢ウイルス研究所は2015年2月、細菌・ウイルスなどの微生物・病原体等を取り扱う実験施設の世界的格付け 「バイオセーフティーレベル(BSL)」 の最高安全度を誇りエボラウイルスや天然痘ウイルスなどの病原体を完全な密封空間で取り扱うことができるレベル4(BSL-4)の実験室を中国で初めて設置。 両建抗争に注意。 米国生物兵器禁止法(Biological Weapons Anti-Terrorism Act of 1989)の起草者フランシス・ボイル博士は、「われわれが戦っている新型コロナウイルスは、危険な生物兵器に他ならない」と考えている。

Next

新型コロナウィルスは生物化学兵器│気になる情報

新型コロナウイルスは生物兵器? 人工的に作られたと言うと と言われてしまうことじたいが陰謀論! 科学的にも、確率論的にも、 は人工的に作られた可能性のほうが高いことが次々と明らかになっている。 1993年7月、東京・亀戸でオウム真理教のビルから悪臭が広がった問題で教団の退去を求めて詰めかけた近隣住民ら。 では、なぜ生物兵器説という陰謀論が出るのか、それぞれ説明していこう。 ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。 自然界で突然変異でできたものか、それとも人為的に合成されたものか 故意にばらまかれたものか、意図せず広まってしまったのか ワクチンはすでに存在するのか、しないのか いろいろ見解とその根拠は示されるものの決定的なものは出てないし、これからも出ないかもしれない。 罵詈雑言ではなく、建設的な議論が出来るには最低限の学力と理論性が必要です。 中国の科技部(科学技術省)や政府系ファンド・国家自然科学基金から何度も研究費助成を受け11件の特許を保有する細胞バイオメカニクスやナノ医学生物学の若き権威だ。

Next

【新型肺炎】生物兵器だった場合「常識を超えて進化する可能性」! コロナウイルス=兵器疑惑「4つの根拠」

高齢者の致死率の高さ…これは高齢者の人口削減を目的としたものかもしれない。 出典:EBD Group YouTube Channel また、彼女は同じインタビューのなかで、アメリカの民間研究機関(The Institute for Pure and Applied Knowledge)の創設者であるジェームズ・リヨンズウェイラー氏がインターネット番組(1月30日)で主張した「遺伝子操作の痕跡が見つかった」という説も引用しているが、この主張もすでに専門家によって誤りであることが証明されている。 中国湖北省武漢市で発生し、瞬く間に世界に感染が拡大した新型コロナウイルス。 中国では過去にも似たような研究所事故が発生している。 中国では、米国が中国国民に対して意図的に生物兵器を解き放ったという噂がインターネット上で拡散している。

Next

【注意】コロナウイルスは「生物兵器」「日本人は感染しない」のデマ情報がSNSで拡散中

22日から25日にかけて世界的に見て「低い」としていたリスクも現在は引き上げられており、 世界保健機関(WHO)緊急委員会のメンバーである喜田宏北海道大特別招聘教授は 現在報告されている感染者の数が「氷山の一角」であるという見方を示しました。 TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• — YuGon Nickhirano おまけが、こちら! アメリカの製薬会社が開発した エボラやSARSウィルスに効果があり 武漢のコロナにも効果があると実証された薬を 緊急事態と言う事で 中国当局に科学式を公開したところ 武漢病毒所が特許登録したというんです!! なんとも・・・ これが本当なら 今後、中国は国際社会から抹殺されるでしょうね。 見たことのないような感染力の病気だと思っていましたが、今回ご紹介したようないくつかの現実を知り、それと関係しているのかなと感じなくもないです。 出典: 武漢市の華南海鮮市場で新型コロナウイルスを大量検出 一方で、武漢市の市長が「中国当局の対応の遅さ」を指摘するかのような発言もあり、感染源には真相の追求が必要とみられます。 RCMPの調査によれば、両者がたびたび武漢の研究所へ戻っていたことも明らかになっている。 武漢はまさにそのウイルス研究所でもあった。 氏の研究会では生物兵器テロなど安全保障寄りのテーマもよく取り上げたが、「公衆衛生以外の警察や防衛、そういった人たちといかにネットワークを作り、協調していくかを主眼にしていた」と振り返る。

Next

次々と積み上がる中国の新型ウイルスが「生物兵器」である証拠。そして、武漢のバイオ研究所で研究されていた可能性のある「あらゆる人が免疫を持たない悪夢のコロナウイルス」

8%だそうですが・・・ この致死率は本当なのでしょうか? 当初言われていた コウモリを食べたことによってウイルスに感染したという話。 感染症が安全保障上の脅威であり、政府一丸となった取り組みと国際協調が欠かせないという認識を、包括的な文書の中で明確に述べておく意味は決して小さくない。 ・一度体内にウィルスが入ると、半永久的にウィルスが残るということである。 上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」との トンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。 条約は5年に1度の再検討会議を来年に控えている。 しかし証拠は明らかだ。

Next

新型コロナと生物兵器 : 読売クオータリー : まとめ読み : ニュース : 読売新聞オンライン

武漢ウイルス研究所は、中国の最高のウイルス学および免疫学の専門施設のひとつであり、中国の最高のバイオハザード研究所である。 武漢には、いくつかの主要な中国の生物学研究室がある。 教団はこのビルで炭疽菌の散布を行っていた 1990年代に日本のオウム真理教が地下鉄サリン事件の前に炭疽菌によるテロ未遂事件を起こしているほか、北朝鮮も長年、核兵器と並んで生物・化学兵器を開発していると疑われており、ミサイルの弾頭にこうした兵器を搭載する可能性があるとの見方もある(注2)。 ただ、証明されていなくても現象をうまく説明できる仮説があれば、そいつが暫定的に採用されることはよくあること。 例えば、自分は野球ができないのに他人には「野球程度のこともできないのか」と見下して誹謗中傷することです。 また同時に、「高い感染力と低い毒性」をもつインフルエンザウイルスも含まれていない。 この"疑惑"を早い段階で発信したメディアは、英タブロイド紙だ。

Next

新型コロナウイルスは生物兵器だった?陰謀論の真相がヤバい!

・なので自分の関係ある話になったら負担を減らそうと問題を「大したことない」過小評価する。 コロナウィルスは 絶対に人工ウィルス! 自然界ではありえない配列。 しかし、「それにしても多いよね!?」と言っていた矢先でした。 健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。 EMAIL info djy. 以下、箇条書きで重要と思われる点を抜粋した。 通りは閑散としている。 ボイル氏の見解が正しいとすれば、中国政府はそうした生物兵器を開発する意図と能力の両方を持たなければならないことになる。

Next