小説 十 八 史 略。 泉鏡花自筆年譜

小説世界のロビンソン その2

玄徳風雪訪孔明• 孔明智退司馬懿• 帰りなんいざ/暴君狂主/北の覇者/文明への道/長命皇帝登場/王朝分裂/文武の道尽きぬ/亡国の譜/大統一 第五巻• 旧版は 全7巻 2002-2003年• 第64回 『長良川』• 六人を斬った時、残りの者たちは、逃げうせた。 1943:• 萌の顔ではない。 日本的中国的「中国」とは何んだろう? (徳間書店、1972年 のち文庫)• 1955:• オオカミくんと猛獣使いの赤ずきん 夙多史• 1978:• 巻之九• 楽園に幸福あれ 葉月• 有不能談者,則強之說鬼;或辭無有,則曰姑妄言之。 1976 704,1p 中は、大正期~昭和初期における京浜工業地帯の発展および諸産業(鉄道・商工業・金融業)の動向、大正期を中心とする横浜商工会議所の活動、大正後期の労働運動を取り扱う。 なお年頭御目見得節慰斗目着用御免」は献金地士の中で一番安い口で、「代々同断が」40両、御支配がこれと同額、支配が70両「平地士」100両以上である。

Next

市史稿・市史・市史Ⅱ 横浜市

第138回 『』• すでに斜めには読んでいたが、新潮社の「・ジイド全集」全十六巻が前年秋に完結し、そのせいかどうか、「贋金つくり」は言及される機会が多く、〈純粋小説〉 小説から、それに固有でないすべての要素を排除した小説 という名称が気になった。 著作 [ ]• 「現代大衆文学全集」は、かなりの成功だったと思うが、内容は玉石混交である。 漢古印縁起 (講談社 1978年5月 のち中公文庫)• 第一百十五回 詔班師後主信讒 託屯田姜維避禍• そなたとのことも妹には手紙で知らせていたそうな」 と秀信は言ったものだ。 1952: ・• 「萌どのとも若菜どのとも顔見知りであった」 老人はうなずくと、 「若菜どのは表通りの鍵屋でな、働いておられる」 鍵屋とは、 川越藩御用の銘酒を代々醸造してきた酒屋だという。 風を観る 中国史随想 (毎日新聞社 2001年2月)• 先主夜走白帝城• 注・出典 [ ] []• 時代に逆行した感のある目録であるが、王倹は他に『宋元嘉八年秘閣四部目録』も作成しており、その真意は未詳である。

Next

「室町幕府分裂と畿内近国の胎動 感想」天野忠幸さん(吉川弘文館 列島の戦国史④)

1951: ・• 総目次は第1巻から第3巻の目次、表一覧・図一覧・写真一覧、資料編1から8の目次を掲載。 人は皆、欠点を抱えて生きている。 茶事遍路 (朝日新聞社 1988年4月 「茶の話」文庫)• 諸葛亮傍略四郡• 一種の新造語である。 1997:• 1996:• スタンダール論 (、小学館、1944年)• 1973:• ・代には兵法書としても読まれており、実際に・は兵法の参考にしていたという(黄人『小説小話』)。 2004: ・• 第八十四回 陸遜営焼七百里 孔明巧布八陣図• 대저, 선비는 비천한 자이거늘, 그 말이 쓰이지 않고 행동이 합치되지 않으면, 즉 빈몸으로 떠나게 될 따름이라. なにしろ、中国の史書のエッセンスを集めたものですから、内容はおもしろいものが山ほどあります。 相傳漁洋山人愛重此書,欲以五百金購之不能得。 (昭和4年) 3月 - 成城高等学校を卒業。

Next

小説世界のロビンソン その2

とりわけ、義理と人情の化身として『演義』成立期以前より畏敬されていた関羽は、生涯に亘って焦点が当てられ他の武将とは別格の活躍をしている。 秋、母・つるがだったことを知った。 ところが、平太は、対峙した次の瞬間には、床板をすべるように、進んでいた。 1965 987,2p 第4巻は明治22年(1889)から明治末年(1912)までを対象とし、上下に分けて刊行。 『成城だより』1980年5月8日の記述より。 1990:• ……(卷十) 至於每卷之末,常綴小文,則緣事極簡短,不合於傳奇之筆,故數行即盡,與六朝之誌怪近矣。 さて、本書には「金港堂に関連のある図書」として、、、、、山田美妙などの日記が挙がっている。

Next

古代史小説

2010:• そして二日後、梅林の農家から人影が消えた。 また、若い頃から演劇にも関心を示し続け、舞台「」の台本を書いたりした。 1997:• 長安日記 賀望東事件録 (毎日新聞社 1973年 のち中公文庫)• 基督教東部區域如及一直到20世紀才使用公曆。 昀字曉嵐,直隸獻縣人;父容舒,官姚安知府。 英雄ありて (講談社 1983年6月 のち文庫)• 異世界で生き抜くためのブラッドスキル 火狩けい• しかし、通俗小説と歴史書が同じ名称で呼ばれたことで小説と歴史を混同する人々がいることは、清代から批判されてきた。 2005:• 第59回 該当作品なし• 『大岡昇平全集』(全16巻)、、1973~1976• 1979:• 『唐詩新選』 (新潮社 1989年 のち文庫、中公文庫)• 2002:• 1981:• 第20回(1983年)『叛旗 小説・李自成』(弟の陳謙臣と共訳)• 馬超興兵取潼関• 地面に転生したオタクが英雄と呼ばれるようになるまで 末長理科• 司馬懿父子秉政• 影は崩れた (読売新聞社 1966年 のち徳間文庫)• 、20歳頃の大岡• 明治卅四年三月 廿七日 略 朝金港堂の岩田某[僊太郎]来訪す 略 同年九月 廿九日 略 尋で教育界[月刊雑誌、金港堂より明治三十四年十一月創刊]の曽根松太郎来訪 原稿の催促す 略 明治卅五年一月 十八日 略 午后佐々氏 政一、号醒雪、当時金港堂編輯者で雑誌『文芸界』主幹 来訪 略 卅日 略 午前佐々君来訪 絵画史のことにつき談あり 略 同年二月 十日 略 午后より南画論をかき始む[評論「南画論」『文芸界』創刊号、三月十五日発行に掲載] 略 同年六月 廿日 略 金港堂に至り佐々兄をとふ 不在、小谷兄に面会しまた主人原[亮一郎、金港堂社主]にあふ 小谷兄に絵画史挿画のことを托して帰る 略 同年十二月 廿三日 略 絵画史指 ママ 画廿三枚校正して金港堂に送る 中三枚書直し 芳崖像切取りて添やる 略 明治卅六年三月 七日 略 印を写して絵画史の表紙とせんとしてこれにかゝりて一日を費す 略 廿日 略 テガミ 金港堂より契約書封入 略 同年四月 四日 略 テガミ 略 絵画史校正始て来る 略 同年五月 十日 略 テガミ 金港堂へ 出版届捺印して送る 略 十七日 略 金港堂に至り緒言、目次、索引、挿画等渡し了りこれにて近世絵画史の悉皆を了す 尚佐々氏としばらく談話し四時過帰宅す 略 同年六月 廿四日 略 午前金港堂より絵画史検印千枚トリに来る 略 廿八日 略 佐々兄また来る 絵画史一冊おいて行く[『近世絵画史』奥付には明治三十六年六月二十日発行とあり] 同年九月 三日 略 金港堂より絵画史初版に対する一三〇円送り来りあり 略 [ ]は者による補注。

Next

古代史小説

八歳の頃から伯父甚助について、抜刀術を学んで、神童のほまれがあった。 コンパクト版(選書判 全7巻)1989年。 司馬復奪受禅台• 玄徳斬楊懐高沛• 1968: ・• 諸葛亮五出祁山• 1969 426,6p 『続通信全覧』類輯之部、暴行門・警衛門・租税門・武器門・法令門のうち横浜関係のものを収録。 姚名達『中国目録学史』• 「殺生関白」「座頭国市」他エロティシズム溢れる異形の八編。 1966:• 全体として主人公格である劉備・諸葛亮ら蜀漢陣営と、悪役である曹操ら魏陣営との対立を主に扱っているため、孫権ら陣営の取り上げられ方は相対的に善悪好悪の位置づけが曖昧である。

Next