キリル ペトレンコ。 どうしてベルリンフィルはキリル・ペトレンコを次期首席指揮者に選んだ...

キリル・ペトレンコがベルリン・フィル首席指揮者として初シーズンの詳細を発表|ひびクラシック|クラシック音楽情報サイト

いつか訪れるだろう正式発表の日までは、また定期公演のラインナップを眺めては推測を続けるしかない……ファンはまた、問いを抱えて悶々としてその日を待つのか、そう思うようになっていた、はずだった。 タンホイザー役のフォークト以下、最高のキャストが実現 タイトルロールのタンホイザー役を歌うフォークトはこれまでも来日を重ね人気のある歌手だ。 *記事・写真の無断転載を禁じます。 キリル・ペトレンコの放散するエネルギーと、オーケストラの表現意欲がぶつかり合い、激しくドラマチックなチャイコフスキーが展開されています。 ベルリン・フィル、新時代の幕開けへ! ペトレンコは39回のコンサートと5回のオペラ公演を行う。

Next

待ちに待ったマエストロ キリル・ペトレンコ氏初来日(岩崎由美)

キリル・ペトレンコ指揮バイエルン国立管弦楽団。 脚注 [編集 ] [] 注釈・出典 [編集 ]• 早く色々な録音がリリースされるといいな~、と思ってます。 2001年、同劇場におけるクリスティーネ・ミーリッツ演出、アルフレート・ハルドリチカ装置のワーグナー《ニーベルングの指環》の成功により、国際的な注目を集める。 1972年生まれの、現在はバイエルン国立歌劇場のシェフを務めるロシア人指揮者だ。 ロジャーズ:『回転木馬』より『もしもあなたを愛したら』 3. 2015年6月21日、キリル・ペトレンコがベルリン・フィルの次期首席指揮者に選ばれたとき、彼は自身の気持ちをこのように表現しました。

Next

キリル・ペトレンコ/チャイコフスキー: 交響曲第6番 《悲愴》

彼自身はそれを、「リハーサル中に抑えてきた感情の箍を、演奏会の瞬間において外し、解放する」と表現しています。 」と思うことだろう。 ライブは音楽の生き生きした所が出るし、その場にしかない音楽が作り出される。 常任指揮者,1922-1945• 思えばカラヤンの頃から先進的なメディア展開を試みてきたベルリン・フィルが、アバドそしてラトル時代に培ったベースを元にさらなる飛躍を試みようとしている。 音楽はライブであるべきで、(録音のように)確実すぎる状態でするべきものではないと思っている」と述べた。 その時から問いは「次は誰なのか」ではなく、「有力な候補は誰で、しかし何故選ばれなかったのか」、また「そもそも候補者は誰だったのか」などの詮索、推測へと移った。 同じペトレンコという名の指揮者でも、日本のオーケストラファンにはむしろ、ショスタコーヴィチの交響曲全集の録音や今年1月のロイヤル・リヴァプール・フィルとの来日公演で辻井伸行と共演したのも記憶に新しいヴァシリー・ペトレンコのほうが知られていても何もおかしいことはない。

Next

第8回【ベルリン・フィルの常任指揮者選び】

(安部美香子) 今後の公演日程 【オペラ】 ワーグナー「タンホイザー」=NHKホールで9月21、25、28日のいずれも午後3時開演。 ニコラウス・バッハラー総裁 注目の指揮者キリル・ペトレンコが会見に登場! 今回の記者会見の注目は音楽総監督のペトレンコだ。 何よりも重要なのは、ベルリン・フィルが知名度や人気ではなく、音楽的な実力と、未 来への可能性という純粋な動機によって、巨大マーケットである日本からすればほぼ 無名のキリル・ペトレンコを選択したということだ。 それは、カラヤンやラトルやアバドのように、メジャー系のレコード会社から、CDをたく さん出していないことである。 寡黙なペトレンコが語りだす新しい時代 これを見ると、20分ものあいだ、ペトレンコはノンストップで堂々と所信表明演説を述 べ、今後のベルリン・フィルとの共同作業について、大きな方針を示している。 つまり聴く人々が、コンサートの前と後とでは、別の人間になっているような演奏を実現することです。

Next

どうしてベルリンフィルはキリル・ペトレンコを次期首席指揮者に選んだ...

この項目は、に関連した です。 。 音楽監督となって3シーズンを終えた2005年には、『オペルンヴェルト』誌の年間最優秀指揮者部門でに続く2位を受賞した。 インタビューにほとんど登場しないペテレンコ氏は、自分のことは「仕事で観てくれ」と言い、「ライブこそが音楽だ」と、その時、その場で生まれる臨場感を大切にしています。 歓喜(Freude)を表現した「第9」、自由(Freiheit)を表現した「フィデリオ」、平和(Frieden)を表現した「ミサ・ソレムニス」です。 密度の高いリハーサルや、解釈を厳密に徹底させることでも知られますが、最大の魅力は、そうした自分を追い詰める厳格さが、本番では沸き立つような感情の奔流へと変化する点でしょう。 また、たとえばラトルのように「地方のオーケストラを世界レヴェルに育て上げた力量が評価された」わけでもない、彼のこれまでのキャリアで務めたポストはオペラハウスのものだけなのだ。

Next

キリル・ペトレンコ(指揮者)経歴や学歴は?両親も音楽家なのかWIKIプロフィールもご紹介

音楽はライブであるべきで、確実すぎる状態でするべきものではないと思っています。 であればこうは考えられないだろうか、「これまでペトレンコは知られていないかもしれない。 来日して今日で4日目ですが、本当に素晴らしい国だと思います。 あともともと録音が異常に少ない指揮者なので、何を録音しても話題盤になると、この方面からはかなりの期待をされていたので、そういう部分も少しはあったかと。 常任指揮者,1895-1922• 11歳でピアニストとしてオムスクの交響楽団と演奏してデビューし、18歳の時に、父がフォアアールベルク交響楽団で演奏しているに転居した。 今回の演奏会は、その後初めての登場となった時のものです。 NHKプロモーション(03・3468・7736)。

Next

第8回【ベルリン・フィルの常任指揮者選び】

それに食事が最高においしいです。 また、チャイコフスキーの交響曲第5番、シェーンベルクのヴァイオリン協奏曲(独奏:パトリシア・コパチンスカヤ)を携えてのドイツ国内ツアーも行う。 これはザルツブルクの富豪ジークムント・ハフナーのために書かれた同名のセレナーデが元になった作品で、モーツァルトは両端楽章にフルートとクラリネットを加え、さらに行進曲とメヌエットの一つを削って交響曲へ編曲しました。 ツィンマーマンの「アラゴアーナ」、スークの交響曲「アスラエル」、ストラヴィンスキーの3楽章の交響曲、ラフマニノフの交響的舞曲、ガーシュウィン「パリのアメリカ人」などアメリカ作品、また、近現代や東欧の演奏頻度の少ない作品も取り上げる。 ベルリン・フィルには、2006年に初登場し、その後わずか3回の共演で首席指揮者に選ばれました。 密度の高いリハーサルや、解釈を厳密に徹底させることでも知られますが、最大の魅力は、そうした自分を追い詰める厳格さが、本番では沸き立つような感情の奔流へと変化する点でしょう。 キリル・ペトレンコの放散するエネルギーと、オーケストラの表現意欲がぶつかり合い、激しくドラマチックなチャイコフスキーが展開されています。

Next