夜行 ヨルシカ 歌詞。 ヨルシカ 夜行 歌詞

ヨルシカの歌詞一覧リスト

彼は 彼女の夢とそれが実現するのを見たいと願っているようです。 イチリンソウの花言葉の中に 「追憶」があります。 言葉1つ1つが深い、、、 2番 ねぇ、いつか大人になったら、 僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。 サビの晴る 春 に掛かるのが春の花の一輪草、花言葉は追憶で、この歌は春に咲く花を思い返す夏の歌でもあります。 幼少期ですから恋愛感情というよりは 一緒にいて楽しいからというのが動機として相応しいかもしれません。

Next

ヨルシカ 夜行 歌詞

それでも彼は 「思い出」が証拠となり2人の結果として残り続けると前向きな意見も述べています。 それを理解して楽曲を聴くとより切なく感じる。 彼の人生という夜の大部分を彼女が占めているのです。 僕はそれが見たいかな 君は忘れてしまうだろうけど 思い出だけが本当なんだ そっか、道の先なら着いて行くよ さらさら、さらさら、さらさら、さらさら 花風揺られや、一輪草 言葉は何にもいらないから 君立つ夏原、髪は靡くまま、 泣くや雨催い夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね そっか、大人になったんだね はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから 波立つ夏原、 涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね 僕はここに残るんだね ずっと向こうへ往くんだね そうなんだね 作詞作曲:n-buna 細かく歌詞を見ていきながら解説していきます。 つまり、ずっと忘れないでいてくれると信じているから、ポジティブに君の背中を押すことができている。 仲の良かった女性との幼少期から大人になるまでを描いた物語は感動的でした。 僕は何処でもいいかな 君はまだわからないだろうけど、空も言葉で出来てるんだ そっか、隣町なら着いて行くよ はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから 波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。

Next

ヨルシカ『夜行』歌詞の意味を考察・解釈

まとめ いかがだったでしょうか。 夜行は大人になること、忘れてしまうこと、死へ向かうことを夜に例えて書いた詩です。 MVでは 手を繋いだ彼女が消えてしまう描写がありました。 夏には「お盆」があり、 お盆には亡くなった人たちが浄土から地上に戻ってくると言われています。 The japanese evening cicada usually signifies the end of summer. 「往く」とは「遠方へゆく」という意味合いを持った言葉です。 僕 ぼくは 何処 どこでもいいかな 君 きみはまだわからないだろうけど、 空 そらも 言葉 ことばで 出来 できてるんだ そっか、 隣町 となりまちなら 着 ついて 行 いくよ はらはら、はらはら、はらり 晴 はるる 原 はら 君 きみが 詠 よむ 歌 うたや 一輪草 いちりんそう 他 ほかには 何 なんにもいらないから 波立 なみだつ 夏原 なつはら、 涙 なみだ 尽 つきぬまま 泣 なくや 日暮 ひぐらしは 夕 ゆう、 夕 ゆう、 夕 ゆう 夏 なつが 終 おわって 往 いくんだね そうなんだね ねぇ、いつか 大人 おとなになったら、 僕 ぼくらどう 成 なるんだろうね 何 なにかしたいことはあるのかい。

Next

夜行

カテゴリ• ですから彼はそれを念頭においてそのように述べたと考えられます。 序盤ながら、肉体的に離れても、心が繋がっている二人に感動しちゃいます… サビ1 はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから サビの前半と後半でも視点が違うと筆者は解説しています。 僕は何処でもいいかな 君はまだわからないだろうけど、空も言葉で出来てるんだ そっか、隣町なら着いて行くよ はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから 波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。 主人公は季節の移り変わりを見て 時間が経過していくこと、 自分の意に反して物事は前へと押し出されていくように進んでいくことを実感していたのでしょう。 主人公が夏の季節に春を思う心情が美しく描写されていました。 少年は少女の存在を感じて、語りかけていましたが、本当に側で見守っていたのです。

Next

【ヨルシカ/夜行】歌詞の意味を徹底解釈!MVもタイトルの意味も全てが深すぎた、、、

立派なことなのに、なぜか切なりました。 まず 何かしたいことはあるのかい。 僕は何処でもいいかな 君はまだわからないだろうけど、空も言葉で出来てるんだ そっか、隣町なら着いて行くよ はらはら、はらはら、はらり 晴るる原 君が詠む歌や 一輪草 他には何にもいらないから 波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。 しかし晴れた心になんてなれるはずはない。 夏の風物詩である花火でしたが、その形は 春の花のようでした。 さらに言うと、1:25からの映像では、二人で並列して歩いている最中、主人公が立ち止まっても君は止まらずに進んでいく。 それを聞いた彼女は 「そっか、隣町なら着いて行くよ」と言葉を返しています。

Next

ヨルシカの歌詞一覧リスト

忘れるのも忘れられるのも辛いことですし、死別を経験することは悲嘆の極みです。 続く 「列車にでも乗って行くかい。 日暮れに際して 「夕、夕、夕」とあるが、本当は 「憂、憂、憂」という主人公の心情が隠れているのではないかと考えています。 なぜそう言えるかというと、 君に「一輪草」を貰っているから。 成長と忘却 ねぇ、いつか大人になったら、僕らどう成るんだろうね 何かしたいことはあるのかい。

Next

ヨルシカ 夜行 歌詞

そう解釈すると、二人の心情がより心に浸透してくるのです。 MVの身長と落ち着いた振る舞いから彼女の方が理性的であり現実味を持った考え方をしていると理解できます。 1つは 「君が詠む歌」です。 文字通りの夜ではなく比喩的な意味での夜です。 つまりこれは毎年夏が来ることを意味している。

Next

ヨルシカ 夜行 歌詞&動画視聴

夜行は大人になること、忘れてしまうこと、死へ向かうことを夜に例えて書いた詩です。 過ぎ去る季節、感じて 波立つ夏原、涙尽きぬまま泣くや日暮は夕、夕、夕 夏が終わって往くんだね そうなんだね この部分は百人一首にある「風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける」に似た響きを感じました。 これはきっと歌詞の中に二人の想い合いが凝縮されていたからに違いないと思っています、、、 あくまでも自己解釈ですがナブナさんの 「大人になること、忘れてしまうこと、死へ向かうことを夜に例えて書いた」という解説も腑に落ちたような気がします。 主人公の脳裏に春の桜の花びらの如く君に関する想い出が舞い降りてくる様子を表現しているのだと解釈しました。 サビの晴る 春 に掛かるのが春の花の一輪草、花言葉は追憶で、この歌は春に咲く花を思い返す夏の歌でもあります。 ハーモニクスって?「トゥーン」ていう高い音あったでしょアレです(雑) イントロのアコギリフもシンプルでありながら回想に相応しいしっとりとした雰囲気が出ていましたね。 「他には何にもいらないから」 という言葉は、亡くなった自分を今も引きずってくれている君に対して 「前を向いて良いんだよ」の意を込めて放っているのではないでしょうか。

Next