笠井 タイムズ ブログ。 笠井信輔アナ、闘病ブログがルーキー賞受賞!喜びとファンへの感謝つづる

笠井信輔アナ、闘病ブログがルーキー賞受賞!喜びとファンへの感謝つづる

発信したりできるんじゃないかと思う。 (冒頭部分で言及されている。 またフジテレビのホームページおよび携帯サイド内の「アナウンスマガジン」の編集長でもあった。 自分の弟も若くして悪性リンパ腫になりましたが現在寛解となり元気です。 各流の定例公演から、特別公演公演、薪能までを網羅。

Next

能楽タイムズとは?

また、季節を問わず常にベストを着用している。 2019年12月18日閲覧。 ということ。 2019年12月19日. 笠井さん、大丈夫です。 本人の心境告白 笠井アナは19日の「とくダネ!」に出演。

Next

笠井信輔アナ、闘病ブログがルーキー賞受賞!喜びとファンへの感謝つづる

同年10月1日より『とくダネ! 2019年12月18日. (2018年4月 - 2019年9月) - コーナー進行(13時台、金曜) テレビドラマ• 高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。 「がんと判明した場合は、今後の保険料の払い込みが免除されます」 これは、医療保険や死亡保険などにセットされていることがある『 三大疾病保険料免除特約』という特約です。 これ、本当にその通りです。 がんが判明して加入していた保険を調べたところ、「 がん特約」が付いている契約があったそうで、入院1日1万円などの保障があるようです。 2019年12月19日閲覧。 ここまでの流れ、逸見さんとダブって仕方ない。 が、自分がこれまで踏み込んだ芸能人のプライバシーを自覚していて、自分だけはそっとしておいてほしいというのはおかしい、との覚悟。

Next

笠井アナ、闘病生活伝えるブログ開設へ「自分が消えるのは許せない」

ブログは長期入院で世間から忘れ去れれるのではないかという不安から、藁にもすがる思いで始めたと笠井アナ。 ありがとうございます」と報告した。 (2008年4月6日 - 2010年9月5日) - 副部長• 病気を克服して、元気な姿で戻ってくることを願っています。 2 1998. 今回の笠井さんのブログ記事からも分かりますが、現状、がんは治療に時間がかかり、お金もかかる病気です。 サラリーマンであれば、病気で入院している間も一定期間は給与を支払ってくれる会社もあるでしょう。 夫は39歳で悪性リンパ腫にかかりました。 特に映画に関しては、新作のだけで年間130本以上を鑑賞するとし 、会員限定イベント「笠井信輔のシネマン坊トークショー」(年2回程度開催)の司会を務めるほか、「」内のイベント「The Movie King お台場映画王2005」ではゼネラルプロデューサーに就任した。

Next

笠井アナが実感した「がん保険」の大切さ 退社もあって「半年間は無給」の中で...: J

デイリースポーツ、2019年12月19日 関連項目• 29 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55( 085分) 1995. アナウンサーとしての信念を感じました。 そんななか、小倉智昭アナウンサー(72)は「休んでも仕事をしたがる」と笠井アナを心配。 (1993年10月 - 1994年9月) - 総合司会• 見直しの必要性があるかないかを判断することが一番重要です。 私の経験でも、病気になってからや高齢になってから生命保険を見直したいという方が多いのが実情です。 実際にがんの治療中の方が語る1つ1つの言葉には、保険のパンフレットからは受け取ることができない重みを感じることができます。 スポンサーリンク まとめ 笠井さんのブログは、まだ病気になっていない人にとっても非常に参考になる有益な内容になっています。

Next

笠井信輔アナ、闘病ブログがルーキー賞受賞!喜びとファンへの感謝つづる

(2000年) - お台場で逃げ惑う人 役• 失われた縁から新たに生まれた絆へ気持ちを切り替えてゆく。 (2011年3月27日、) - 警官 役• また、会社が給与を支払ってくれなくても、 健康保険(公的医療保険)から 傷病手当金が受け取れます。 そして、笠井アナは「『がんになってよかった!』とは決して言いませんが、病気になっていなかったらこんな体験できませんでした。 11月中旬に「前立腺肥大症」が判明。 『とくダネ! 元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(かさい・しんすけ 56歳)が19日、9月まで担当していた情報番組『情報プレゼンター とくダネ! これは焦りましたわ」と明かし、この時点でも体の色々なところが痛いと話していました。 ただ生放送できちんと病状について伝えたことは素晴らしいです。 頑張って下さいね。

Next