気 を つける 類語。 「気をつける」に関連した中国語例文の一覧

気を付けるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

お体に気をつけて、風邪などひかないように過ごしてくださいね まとめ 相手の健康や体調を気遣う「お体に気をつけて(付けて)」の意味や使い方、類語や例文を見てまいりました。 真夏や真冬など特に体調を崩しやすい時期などはそうした表現と組み合わせることで、より相手を気遣う気持ちが伝わります。 POINT お体にお気をつけ「て」は誤り 「お体にお気をつけてください」と表記されているのを見かけますが、日本語として見る場合この書き方は誤りです。 恋愛は人生に潤いを与えてくれる美容液だと主張。 「ご慈愛ください」と表すのは間違いなので注意してください。 「お体に気をつけて」の前後には、その季節に合った言葉や相手を気遣う表現を述べます。 「嬉しい」とそのまま伝えるのは敬語として使えているのか不安になる方もいると思います。

Next

傷付ける(きずつける)の類語・言い換え

『先程のメールから、喜んでいただけているのを実感して嬉しく思います。 ここで「留意された」とは言いません。 例文 ・これまで大変お世話になりました。 お体大切にお過ごしください• 例えば「お体にご留意くださいませ」といった表現で使用されます。 体調を気遣うだけではなく、「これからも頑張ってください」と相手のことを応援している気持ちも込められます。 最後に 「お体に気をつけて」と入れることで、相手の体への配慮を示すことができます。

Next

目をかけるの意味・例文・類語!手をかけるや心をかけるとの違いは?

何卒お体にお気をつけください 口頭で使える例文 口頭で使う場合は、言い方に気をつけて熱意を込めてストレートに表現すると、目上の人にも使える文章になります。 お体にはご留意ください 「ご留意ください」は「気に留めて欲しい、気にして欲しい」という意味です。 「お体に気をつけて」と同様に健康を気遣う意味の言葉ですが、「気をつけて」のような注意喚起のニュアンスを特に含まないので目上の方に対しても失礼になることなく使用できます。 「しても」より「やっても」の方が自然です。 」という言い方もあります。 「ご留意ください」とすると「心にととどめて、気にかけてください」と相手にお願いする表現となります。 そのため、最初に「体に」の一語をつけて「体に気をつけて」とすると「体調に用心して健康に過ごしてほしい」というニュアンスを持たせることができます。

Next

気に入っていただけて|ビジネス敬語・類語・嬉しい気持ちを表す言葉も

相手の体調を気遣ったり、健康を祈っている気持ちが込められています。 肉体的損傷や傷を生んだ事故 の意• 先程紹介した「嬉しいです」をフランクな表現と思う方には、「光栄です」という表現は重宝されますし、相手に対して敬う気持ちを表すことができるのでおすすめです。 使いやすさはもちろん、メールの文面にも馴染みやすいのでおすすめです。 正しく使うことができれば、仕事上でのあなたの印象をグン!と上げてくれるので、正しい敬語表現を身に付けることが大切です。 健康に留意してお過ごしください• どちらを使っても特に問題はありませんが、一般的には「お体」を使います。 時節柄、お体に気をつけてお過ごしください。 「体」と「身体」の違い 「体」は肉体を指す言葉として、「身体」は心を含めた身体全体の事を指します。

Next

気が利くの意味は?気が利く男女の特徴と気の利いた人になる方法

そして、最後、子供は親元を離れ自立していきますが、直接、面倒を見ることがなくても「心をかける」のが親心ですよね。 上手く使いこなせば、会議やプレゼンなどの場面で自分の意図をしっかりと伝えることができます。 そういう日常の些細なことに気づき、率先して動ける女性というのは、男性からも一目置かれるもの。 - 中国語 特許翻訳例文集. 「お体に気をつけて」ってどんな意味の言葉? 相手の健康をいたわる気持ちを表す言葉 読んで字のごとく、相手に対して「体を大切にして健康に過ごしてほしい」という気遣いを伝える表現です。 『気に入っていただけて嬉しく思います。 「気に留める」を尊敬語にする場合も、「留意」という熟語を使います。

Next

「留意」の意味と使い方とは?類語・注意との違いや例文も解説

「より一層尽力して参ります」や「より一層精進して参ります」「より一層邁進してまいります」などと言い換えができるため、使いこなせると会話のバリエーションがグッと広がります。 「お体に気をつけて」は時候の挨拶と組み合わせて使われることも多いです。 「留(める)」は、動かないようにおいておく、という意味の漢字です。 ビジネスシーンでは言葉の使い方が会社のイメージを決定づけることもありますので、メールだからといって気を抜かずに丁寧語を使うようにしましょう。 「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」という意味合いが含まれている、相手の健康を気遣う表現です。 尊敬語で相手に対してお願いをする場合、「お~ください/ご~ください」の形をとるのが基本です。 もっと使い古されてない表現はないものでしょうか。

Next

気を付けるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

「ご健康とご多幸をお祈りいたします。 参考:「さぶらふ人にこころおき給(たま)ふ事もなくて」(源氏物語 若菜下) なお、「以後気をつけます」は古文では「これよりはこころ置き申し候」となり、現代文にすると「これからは心してかかります」となります。 「お体に気をつけて」と「体調に気をつけて」の違い 「からだ」の表記に加えて、「体」と「体調」でも微妙に伝わる意味合いが異なります。 れい : こわれ やすい ので き を つかっ て ください。 用心は、悪いこと困ったことにならないよう、注意・警戒すること。

Next

気に入っていただけて|ビジネス敬語・類語・嬉しい気持ちを表す言葉も

「以後気をつけます」の類語とは 「以後気をつけます」という言葉の類語は、以下のようなものがあり、その数は結構多いです。 「お体お大事になさってください」は、体調を崩している相手を気遣う表現になります。 一般的には年賀状やメール、挨拶などでは純粋に「体に気をつけて欲しい」という意味で「体」を使います。 どちらかというと、硬い表現を使われるのが苦手な先輩に使うと良いですね。 先述したように、「注意」という言葉ではニュアンスが強すぎる場合などに「留意点」とすることも多く、特に目上の人などに柔らかい表現で注意を促す際に好まれる表現です。 たとえば「Please note that we are closed on Saturdays and Sundays(土日は休業となりますのでご留意ください)」といった具合です。

Next