川崎 ブレイブ サンダース。 川崎ブレイブサンダースとのコラボレーション実施のお知らせ

川崎ブレイブサンダース ユースチーム

そこでの観戦経験を開放することで、より多くの人にバスケットボールの魅力を知ってもらいたいと考え、廃止の決断をしました」と話す。 北海道は現在13勝26敗で東地区最下位。 さらに、3月11日(水)、14日(土)15日(日)のいずれかから希望試合を選べる招待チケットをプレゼント。 2得点・2. まだ世の中にインパクトを与えられていないと強く感じました」 そこで、着任早々に策定したのが「MAKE THE FUTURE OF BASKETBALL ~川崎からバスケの未来を~」というミッション。 トップリーグや世界で活躍出来る地元選手を育成し、ホームタウン川崎市を盛り上げていくことに貢献する。 日本のプロバスケットボールは成長過程、伸びしろしかない 「2019年は、日本のプロバスケットボールの歴史が変わった1年」と断言する元沢社長。

Next

新たな歴史を歩みはじめた川崎ブレイブサンダースの集客術

チーム概要 活動理念 バスケットボールを通じた全ての活動を「成長」の糧とする。 「私はベイスターズでの5年間で、赤字から黒字転換して球団に元気が戻り、ファンが一気に増えた過程を体感しています。 ・70周年記念ロゴの作成、ユニフォームへの掲出• まずは十分な休養期間を経て行われる川崎戦、今季レギュラーシーズン最初で最後となる強敵相手にその姿勢を40分間貫きたい。 今後はTSVとDeNAが協議を進め、B. ベストディフェンダー賞を受賞しているところからも分かる通り、非常に足が良く動きディフェンスが上手い選手だが、オフェンスでも得点能力が高く 、昨シーズンは平均12.。 そして、2020年の東京五輪に44年ぶりに出場することも決まった。 イベントを中心に、常に数十件のプロジェクトが動いており、誰もがプロジェクトマネージャーを兼任している状態だという。

Next

70TH ANNIVERSARY PROJECT

and more... 同クラブは、東芝の男子バスケットボール部を母体に誕生したが、2017年12月に運営権をDeNAグループに継承することで合意したと発表。 過去のお知らせ• 是非、この日は両クラブのホームゲームをお楽しみください!! また、トレーナーも活動に帯同し、応急対応の他、身体的な育成も継続して行います。 一方の川崎は、主にアウトサイドでプレーするカミングスをどう抑えるかがカギ。 しかし、リーグ戦中断前のとの第23節ではようやく今年初となるレギュラーシーズンでの連勝をマークした。 今夏に開催されたFIBAバスケットボール・ワールドカップでは、実に21年ぶりに自力での出場を実現。 成長中の大都市では、あらゆるマーケティングを駆使できるというメリットがあります。 バスケのステータスを上げ、もっと日常会話にバスケットボールの話題が上がり、子どもたちの将来の夢として「プロバスケ選手」が上がるようになり、週末家族で出かける先の選択肢の一つにバスケットボール観戦が入る…そんな未来を目指したミッションだ。

Next

川崎ブレイブサンダース掲示板

0リバウンドを記録している。 戦後まもない1950年、川崎市幸区で、 川崎ブレイブサンダースの前身となる 同好会が活動を開始しました。 一方で、人の感情を揺さぶる瞬間に関われるという稀有な仕事でもあります。 おこがましいかもしれませんが、川崎からそれを実現し、業界全体をけん引できたらと考えています」 スポーツビジネス経験は関係ない。 同事業は、DeNAが2018年1月以降に設立予定の新会社「DeNAバスケットボール」に吸収分割される予定だ。

Next

70TH ANNIVERSARY PROJECT

豪快なダンクが魅力の選手で、昨シーズンは 2年ぶり3回目となるオールスターにも出場。 アシストは32本を数え、特別指定選手のが10得点を挙げるなど、以外の11名が得点を記録して大量106得点を奪った。 座席に関しては、チケット価格の変動制を導入した一方、B. 今シーズン、土日の試合はほぼ満席となった。 「横浜DeNAベイスターズには、自分から行きたいと手を挙げました。 シーズンシートは、事前に一定の入場料を確保できるため、経営面での意味も大きい。 これからも、自身の経験や知見をどんどんメンバーに伝えたいし、メンバーのアイディアをどんどん吸い上げ、効果の出る施策をともに練り上げたいと考えている。

Next

川崎ブレイブサンダース ユースチーム

いろいろな打ち手が考えられるし、アイディアを活かせる場も豊富に用意できます」 同社のスタッフは現在約30名。 18年度連結業績への影響は軽微」としている。 チームは在籍3季目のに加え、今季から加入したがここまで平均23. 増加率トップは2017-18シーズンにB3から最短でB1昇格を決めた「ライジングゼファー福岡」。 川崎市は政令指定都市の中でもっとも人口が増えていて、このほど神戸市を抜いて第6位になりました。 LEAGUE U15 CHAMPIONSHIPなど)• 個々のレベルアップを主眼におき、将来日本のバスケットボール界を牽引できる人材を育成すべく、この年代で学ぶべき技術・戦術・判断・ルール・マナー等の基本を積み上げる。

Next