死 を 招く ファッション。 みんなのレビュー:死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係/アリソン・マシューズ・デーヴィッド

みんなのレビュー:死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係/アリソン・マシューズ・デーヴィッド

同社の旗艦ブランドだが、この2年間、店舗売上が10%減少するなど、このところ売上不振が続いている。 1985年にLブランズに買収されると、この哲学が変わってしまった。 デニムのジーンズをくたびれた風合いにする(ブラスト加工)作業者たちが肺に損傷を受ける等、現在進行形なのだ。 鼈甲(べっこう)よりもはるかに安価できれいなセルロイドの櫛(くし)もまた悪魔の魂のように燃えやすく、莫大(ばくだい)な利益を生み出す人工シルクは、製造工程の化学処理で労働者の健康被害を引き起こす。 美しい緑色は、カリウムと白 砒素 ( ひそ )を混ぜて硫酸銅溶液に注いで作られるシェーレグリーン。 Montgomery's Anne of Green Gables. この記事のためにLブランズにコメントを求めたが、反応はなかった。

Next

死を招くファッション —服飾とテクノロジーの危険な関係 Alison Matthews David

oyadama. たとえば水銀を含んだ帽子。 変化が足りなかった」と同氏は語った。 本もサイズが少し大きめなので図版も大きめで見応えもなかなか。 現在ではまずありえないエピソードだが、当時はまだ危険な染料が知らずに売られていたり、貧困から危険な作業をせざるを得ない女性も多くいたようだ。 56冊 読んだページ 326548ページ(1日平均170ページ) 感想・レビュー 本棚 自己紹介 海外ロマンスやファンタジー小説が好き。 というのは快適だったらしく、人との距離が強制的に保てるし、スカートの中の足捌きも楽だったという証言が出てくる。 製品の差別化には問題を抱えていた。

Next

Kindleで読み上げ読書③ 『死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係 』|ブラインドライターズ|note

その逆で、この世には隅から隅まで女性差別が蔓延っているがゆえに、すべての話題がそれと無関係ではいられないというだけなのだ。 図版がたくさんあるのも楽しい。 弊社では購入時に表示されているサイト表記価格が改定後の価格となるため本体表示価格と異なる商品がお届けされる場合がございます。 1812年、ロシアから撤退中のナポレオン軍の兵士数万人が発熱。 Alison Matthews David is an associate professor in the School of Fashion at Ryerson University. しかし、ヘンリ・ベンデルが最初の店舗をニューヨーク市に開店したころから、小売の世界は変化した。 今でも、「死」まではいかなくとも、ヒール靴の問題や、スーツが日本の気候に合わない問題 対応など 、制服という規律と快適さの観点など、着ることによるファッションやと、快適さは、ズレがあるような部分は未だ残っている。

Next

みんなのレビュー:死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係/アリソン・マシューズ・デーヴィッド

大きくてずっしり重い本です。 要旨 ファッション史の栄華と悲劇。 本書は、一九世紀から二〇世紀半ばの「死を招くファッション」の事例を取り上げた上で、ファッションの犠牲者は今もなお存在していることを示す。 ショップインショップに力を入れたが、その後、インターネットが登場して何もかも混乱させた」。 ファッションの光と影を、写真やイラストとともに鮮やかに映し出す。 このスカートの形状を保持する補正下着ペチコートは、16世紀から着用されてきたが、18世紀になると過剰となり、現存するものの中には横幅が約1・8メートルに及ぶものまである。

Next

はいた靴が原因で死亡…!? 本当にあった怖い“最新ファッション”

図表に関しては私は紙の本の方が読みやすいと感じています。 7センチくらい。 少なくとも私の環境では出来ませんでした。 本書には様々な写真や図版が掲載されているが、99ページの美しいドレスを見たとき、思い出したのは映画『風と共に去りぬ』の園遊会でスカーレット・オハラが着ていたドレスである。 これはあるだろう…と思っていたの事故の話はもちろんありました。 その他、ドレスや髪飾りの着色に使用されたヒ素や、有毒化学物質のベンゼンが原料のアニリン染料、多くのダンサーたちの命を奪った燃えやすい舞台衣装など。 図表についている解説も画像扱いになっているようです。

Next

死を招くファッション 服飾とテクノロジーの危険な関係 Fashion Victims:The Dangers of Dress Past and Present アリソン・マシューズ・デーヴィッド著 化学同人

シーゲル氏によると、ヘンリ・ベンデルが犯した大きな間違いがもうひとつある。 売上げがゆっくりと、しかし確実に失われていく創業123年の小売店をどうすればいいのか、Lブランズはアイデアをまったく持ち合わせていなかったようだ。 19世紀〜20世紀前半、科学技術がもたらした革新的ファッションは、数多くの犠牲者を生んでいた。 ノンフィクションの書籍を中心に翻訳や翻訳協力などをしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). そして現在、、親会社が「会社の収益性を改善し、成長の潜在力で上回るより大きなブランドに注力する」ことができるように、完全な閉店を進めている。 なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。 最終的には23の店舗を運営し、出生地であるニューヨーク市以外にも店を展開した。 概要を表示 前半,のや装飾品のや素材には,のによってなが生,してきた.いも,その当時の最新によるは,なをた.本書は,それらを取り上げて,・や,的側面とともに示す.それらのに巻き込ざるを得なかった人々の的は,それぞれが胸に迫る.そして,同様のはもすることが,具体的な事例とともに指摘される.美しい色や贅沢な装飾の服,,装飾品などのと,それらにまつわるとの対比が,たいへん印象的. 序論 でもでもは死を招いている 第1章 病んだ:やとの戦い 毒を含んだ:入りの 第3章 毒を持つ色素:を含む緑 第4章 色:死をもたらす美しい色たち 第5章 絡まる,窒息する:に巻き込• 加工の段階で水銀を使っていたから、染料に砒素を使っていたから、機械に巻き込まれて…など理由は様々なのと知っている話は多かれどもまとめ方、見せ方が楽しい。

Next