麻雀 スジ。 これなら簡単!麻雀のスジを覚えれば待ち牌と切り方がスグにわかるvol.11

天鳳(麻雀)三度目の6段昇格 通ったスジの本数を押し引きの材料にする

また、初心者や中級者は、相手が何を待ってるのか? に、注目しがちです。 この中のどれかがひとつくれば2メンツできますね。 そりゃそうですよね。 麻雀の待ちは【リャンメン待ち】【ペンチャン待ち】【カンチャン待ち】【シャンポン待ち】【単騎待ち】といろいろな待ちがありますが、中でもリャンメン待ちは、(リャンメン)ターツが作りやすく、さらに和了牌が待ちの中で8枚と最も多いため麻雀で効率的に上がるための基本戦術となっています。 例えば、自身の手牌や河に捨てられた牌、ドラ表示牌、副露等で晒された牌で4枚の が見えていれば、物理的に や といった搭子が作れないことになります。 自分以外のプレーヤーがリーチをしたとき、放銃せずに乗り切るにはどういう考え方をすると良いのでしょうか?麻雀用語の「スジ」について見てみましょう。 カンチャン から リャンメン への切り替わりで 裏スジ が出来る もう一つ裏スジが危険牌となるメカニズムがあります。

Next

スジと壁の複合読み | 麻雀

現物があれば現物を先に捨てる方が良いです。 あくまで テンパイ者がリャンメン待ちで構えていると仮定した場合の話になりますが、フリテンのルールがあるので、 を打牌していれば ・ で を打牌していれば ・ で を打牌していれば ・ でロンを宣言するこは絶対にできません。 同巡内フリテンとは、故意か否かにかかわらず、同巡内で ロンを見逃した牌と同じ牌でアガることが出来ないというルールです。 具体的に裏スジと言うと、スジのすぐ隣のスジの事を言います。 そして の両面が残ります。 というより自分自身は点数の移動がないのである意味無傷ですね。

Next

麻雀におけるスジとひっかけ

つまり が場に4枚見えている場合に は比較的安全になる。 麻雀初心者の方はまずこの 表スジ と 中スジ を覚えておくようにしましょう。 おさらいです。 そうすることにより自分も4、5、6をあまり切らなくなり、捨て牌が読まれにくくなります。 現物の例 下記の図は西家 画像だと上のプレーヤー に対する現物を示しています。 7-1. この場合はあがれなかった3人で点数を分担して和了者に点数を支払うことになります。 刻子(コーツ=同じ種類の牌3枚の 面子)や 槓子( カンツ=同じ種類の牌4枚の 面子)に スジ はありません。

Next

中盤・終盤の「またぎスジ」は危険 | 麻雀

5として計算) よって、スジが当り牌だとすると、 は 3. これらの スジは対象となるプレイヤーがリャンメン待ちで構えていることを前提とした場合の安全牌を予測する方法に用いられます。 相手のリーチに対して、 スジの牌を捨てたら 相手から「ロン」された! なんてことありませんか? スジはあくまでも両面待ちの場合は大丈夫な牌です。 捨て牌 間4軒 危険牌 と を打牌した時の と を打牌した時の と を打牌した時の と を打牌した時の 裏スジの時は1つの捨て牌で2つの危険牌を推察していましたが間4軒は2つの捨て牌で2つの危険牌を推察していきます。 ところが、 は既に捨てられているわけですから、それではフリテンとなってしまいますよね。 何が来れば2メンツできるでしょうか? 麻雀でイーペーコーという役があります。

Next

麻雀のスジ『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』

そもそも1つのスジは全部で8枚あるわけで(2・5なら22225555の8枚)その中で5・5・5の3枚を殺していても残りの使える牌の方が多いわけです。 初心者の場合、 がくれば上がりだと安心してしまっている場合があります。 は相手の待ちが両面待ちと想定すると、比較的安全な牌ということになります。 裏スジ ウラスジ• 今回の記事では、 捨て牌から見る典型的な危険牌の読み方を知ることができると思います。 安全な牌を推測するスジ読み戦術です。 これを俗に「山越し」と言います。 「裏スジ」から危険牌を読む リアル麻雀をしていると 「裏スジは危険」、特に 「序盤・中盤に打牌された牌の裏スジは危険」というフレーズを耳にすることがあるかと思います。

Next

スジ牌から危険牌を読む

- (イースー) - (スーチー) - (リャンウー) - (ウーパー) - (サブロー) - (ローキュウ) この6つのラインのことを「筋(スジ)」と呼ぶわけじゃよ 例題では が通ったので、スジの考え方から が安全かも…?ってことじゃな。 別の見方をすると、壁スジで成立している と南家が打牌した で中スジが成立しているということにもなるので、 はリャンメン待ちができない比較的安全な牌であると言えるのです。 ここで、 と が絡む スジ を考えます。 この辺りは別記事で詳しく解説しています。 自分の手役が良い場合は積極的に攻めるようにしましょう。 が序盤で打牌されていうこということは、 が手牌に残っていますから、 の両面待ちだという事がわかります。 そう考えると、この は序盤で早々に切られる可能性が高いわけです。

Next

スジ牌から安全牌を読む

例えば以下のような東家の牌姿と場の状況だった場合・・・・ この局面で南家が を打牌してリーチをかけています。 表スジ オモテスジ 表スジとは、 4・ 5・ 6 に対してのスジのことです。 しかし、明らかに現物ばかり捨てて 守ってることが確認できたら無視してもOKです。 「2・5・8(リャン・ウー・パー)」• 次にツモ上がり。 中スジ(ナカスジ)• 4に対しては1と7、5に対しては2と8、6に対しては3と9、それぞれが表スジにあたり、安全牌の可能性が高いと推測できます。

Next