水質 汚濁 防止 法 施行 令。 水質汚濁防止法に定めるトリクロロエチレンの排水基準値が改正され平成27年10月21日から施行

水質汚濁防止法施行令

(条例の特定施設のうち、ニッケルめっきの用に供する電気めっき施設には、国の一律排水基準の項目は適用されません。 構造基準と、使用の方法に関する基準(管理要領の作成含む)の遵守が必要となります。 なお、への排出水は、で規制している。 しかし、規制水域や規制対象業種を個別に指定するため、実効性が不十分であり、になっても、のような公害が発生し、水質汚濁の未然防止ができなかった。 )(単位 一日につき立方メートル) 前号の測定は、日平均排水量が四百立方メートル以上である指定地域内事業場に係る場合にあつては排水の期間中毎日、日平均排水量が二百立方メートル以上四百立方メートル未満である指定地域内事業場に係る場合にあつては七日を超えない排水の期間ごとに一回以上、日平均排水量が百立方メートル以上二百立方メートル未満である指定地域内事業場に係る場合にあつては十四日を超えない排水の期間ごとに一回以上、日平均排水量が五十立方メートル以上百立方メートル未満である指定地域内事業場に係る場合にあつては三十日を超えない排水の期間ごとに一回以上行うこと。

Next

静岡県/水質汚濁防止法の用語等の説明

これらに、構造・設備の基準がかかります。 第一条の五 の総量規制基準は、化学的酸素要求量については次に掲げる算式により定めるものとする。 排水基準 を排出する者は、排水基準に適合しない排出水を排出してはならないとされています。 2-クロロ-4,6-ビス(エチルアミノ)- S-トリアジン(別名シマジン)• ロ 次のいずれにも適合すること。 )をいう。

Next

環境省_水質汚濁防止法第二条第二項の特定施設について

1 配管等を地上に設置する場合は、次のイ又はロのいずれかに適合すること。 測定の結果の記録は、チャート等の資料や証明書とともに3年間保存すること。 【概要】 1.特定事業場数等 (1)特定事業場数等 水質汚濁防止法(昭和 45年法律第 138号。 水質汚濁防止法等の施行状況(環境省) この項目は、法分野に関連した 書きかけの項目です。 有害物質により容易に劣化するおそれのないものであること。 及びその化合物 - 及びその化合物 - 及びその• chapter 6b antidiuretic hormone and water balance• 以下同じ。

Next

水質汚濁防止法特定施設|東京都環境局

静岡県内が関係する湖沼及び海域で、植物プランクトンの著しい増殖をもたらすおそれがあるとして環境大臣により指定されているのは次のとおりです。 ) 2 畜産食料品製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 原料処理施設 ロ 洗浄施設(洗びん施設を含む。 )(単位 一リットルにつきミリグラム) Qni 都道府県知事が定める日以後に特定施設の設置又は構造等の変更により増加する特定排出水の量(当該都道府県知事が定める日以後に設置される指定地域内事業場に係る場合にあっては、特定排出水の量)(単位 一日につき立方メートル) Qno 特定排出水の量(Qniを除く。 (報告及び検査)第八条 環境大臣又は都道府県知事は、法第二十二条第一項の規定により、特定事業場の設置者(当該特定事業場から排出水を排出し、又は特定地下浸透水を浸透させる者に限る。 )(主として漁業者又は水産業協同組合から出荷される水産物の卸売のためその水産物の陸揚地において開設される卸売市場で、その水産物を主として他の卸売市場に出荷する者、水産加工業を営む者に卸売する者又は水産加工業を営む者に対し卸売するためのものを除く。 72 し尿処理施設(建築基準法施行令第32条第1項の表に規定する算定方法により算定した処理対象人員が500人以下のし尿浄化槽を除く。

Next

水質汚濁防止法施行令とは

maintaining water quality for hemodialysis• )の処理施設(前2号に掲げるものを除く。 「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」を本日公布し、令和元年12月1日から施行することになりましたのでお知らせいたします。 。 公共用水域 水質汚濁防止法では、「河川、湖沼、港湾、沿岸海域、その他公共の用に供される水域及びこれらの水域に接続する公共溝渠、かんがい用水路等に接続する水路(公共下水道及び流域下水道で終末処理場を設置しているものを除く。 ) 39 硬化油製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 脱酸施設 ロ 脱臭施設 有 40 脂肪酸製造業の用に供する蒸留施設 有 41 香料製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 洗浄施設 ロ 抽出施設 有 42 ゼラチン又はにかわの製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 原料処理施設 ロ 石灰づけ施設 ハ 洗浄施設 有 43 写真感光材料製造業の用に供する感光剤洗浄施設 有 44 天然樹脂製品製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 原料処理施設 ロ 脱水施設 有 45 木材化学工業の用に供するフルフラール蒸留施設 有 46 第28号から前号までに掲げる事業以外の有機化学工業製品製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 水洗施設 ロ ろ過施設 ハ ヒドラジン製造施設のうち、濃縮施設 ニ 廃ガス洗浄施設 有 47 医薬品製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 動物原料処理施設 ロ ろ過施設 ハ 分離施設 ニ 混合施設(を含有する物を混合するものに限る。

Next

環境省_「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の公布について

配管等の外面には、腐食を防止するための措置が講じられていること。 有機燐化合物(パラチオン、メチルパラチオン、メチルジメトン及びEPNに限る。 2 2 生活環境項目(令3条)• 点検の方法及び結果• 2 前号に掲げる使用の方法並びに使用の方法に関する点検の方法及び回数を定めた管理要領が明確に定められていること。 施設本体の床面及び周囲の構造等 施行規則第8条の3 有害物質使用特定施設又は有害物質貯蔵指定施設の本体(第8条の6に規定する地下貯蔵施設を除く。 )(昭和57年1月1日施行)(令和2年4月1日改定) 71 自動式車両洗浄施設 71の2 科学技術(人文科学のみに係るものを除く。 構成 [ ]• )又は設置者であつた者に対し、特定施設又は有害物質貯蔵指定施設の使用の方法及び法第五条第三項第六号の環境省令で定める事項について報告を求めることができる。

Next

水質汚濁防止法

(公共用水域の管理を行う者)第九条 法第二十四条第三項の政令で定める者は、次に掲げるとおりとする。 ) 73 下水道終末処理施設 74 特定事業場から排出される水(公共用水域に排出されるものを除く。 ) 70の2 自動車特定整備事業(道路運送車両法第77条に規定するものをいう。 ) ハ 馬房施設(馬房の総面積が500平方メートル未満の事業場に係るものを除く。 使用の方法 施行規則第8条の7 有害物質使用特定施設又は有害物質貯蔵指定施設の使用の方法は、次の各号のいずれにも適合することとする。

Next

水質汚濁防止法に定めるトリクロロエチレンの排水基準値が改正され平成27年10月21日から施行

3.その他 このほか、水濁法の水質総量削減の状況や、瀬戸内海法及び湖沼法の施行状況等についても取りまとめています。 )の精製業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 水洗式破砕施設 ロ 水洗式分別施設 ハ 酸処理施設 ニ 脱水施設 59 砕石業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 水洗式破砕施設 ロ 水洗式分別施設 60 砂利採取業の用に供する水洗式分別施設 61 鉄鋼業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ タール及びガス液分離施設 ロ ガス冷却洗浄施設 ハ 圧延施設 ニ 焼入れ施設 ホ 湿式集じん施設 62 非鉄金属製造業の用に供する施設であって、次に掲げるもの イ 還元そう ロ 電解施設(溶融塩電解施設を除く。 有害物質を含む水の漏えいの防止に必要な強度を有すること。 報告及び検査(第八条)• 平成25年12月時点の一覧は次のとおりです。 ロ 有害物質を含む水の漏えいが目視により容易に確認できるように床面から離して設置されていること。

Next