クチコミ 係長。 「クチコミ@係長」のTwitter分析に画像一覧表示機能を追加

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長の特徴・評判・口コミ・料金を徹底解説!

この度、さらなるSNSデータ活用領域への注力のため、「クチコミ@係長」を、SNSデータを活用したマーケティングツールである「BuzzSpreader」にブランド統合し、「BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長」という名称に本日より変更いたします。 レビュー• 史上最速• one• 分析結果をスピード表示。 ただし結局各メディアを自身の目で見て温度感がないかはどうしても気になってしまう感はある。 競合との比較• ダッシュボード• 多彩な比較ビュー• これにより、ツイートページへ遷移し確認していた画像を、ツール上から一覧で確認することが可能になりました。 キャンペーン実施の際にはハッシュタグの選定が需要な要素のひとつで、ターゲットとなるユーザー層の目にとまるか、ユーザーの興味関心を喚起できるか、Twitterに馴染むワードを使用できているか等の留意が必要です。 ソーシャルメディアと、テレビやネットニュースの露出数との相関をみられるクロスメディア分析機能も搭載しています。 ハッシュタグキャンペーンは、ユーザーが参加しやすくエンゲージメントを高めやすかったり、管理しやすいため、Twitter上でも認知拡大やフォロワー獲得のために多くの企業が実施している施策のひとつです。

Next

クチコミ@係長の評判、評価、レビュー

(調査内容:Twitterサンプル、スパムフィルター有効、オーガニックツイート、検索ワード「令和」、調査期間は下記表ごとに記載) 新元号が発表された4月1日より、1週間ごとに「令和」と一緒につぶやかれたハッシュタグを調査したところ、最も多かったのは4月1日~7日につぶやかれた「#令和」8,714件で、次に多い「 新元号」の2倍以上となる圧倒的な件数でした。 また、自由に分析した結果、確定した検索条件をボタン1つでダッシュボードに追加できます。 属性分析• レトロ感と、今の時代とのギャップが楽しいようです。 クチコミ@係長では、クロスメディア分析機能が搭載されており、マスメディア発信の情報の反響を ソーシャルメディア上で収集し分析できるのが強みです。 その名も「」。

Next

クチコミ@係長:リアルタイムに投稿を収集するSNS分析ツール

改善してほしいポイントは何でしょうか? 名称はキャッチーで一度聞いたら忘れない感じかなと思います。 自社関連のCM投入やリリースのタイミングでトレンドが上がっていたりすることはもちろん、一般の投稿での所謂バズったタイミングでのトレンド浮上などが簡単に把握できる。 香取慎吾• クチコミ@係長「ハッシュタグ分析(Twitter)」画面 ハッシュタグ分析機能を用いると、多くのユーザーにリーチできる有効性の高いハッシュタグワードを知ることができるだけでなく、特定のクラスタがTwitter上で普段利用しているハッシュタグを把握することができ、ハッシュタグキャンペーン等のクリエイティブに活用できます。 出版社からの掲載情報に反応する人も見受けられます。 最先端のAI(人工知能)技術を搭載したソーシャル・ビッグデータ解析ツールやレポーティングサービスにより、ビジネスにおける意思決定をサポートします。 Twitter詳細分析• 例えば競合品の比較を行いたい場合、そのクチコミを分析することで、商品を利用しているシーンの把握が可能になります。

Next

ネットのクチコミから市場を掴む。クチコミ分析の強い味方「クチコミ@係長」に会ってきた

提供する機能は、「検索」「全体分析」「詳細分析」「レポート」の4つに分類される。 spoiler• piece• 関連情報• SNS分析から消費者ニーズを把握し、マーケティング施策に活用されている。 そうしたときに、今回クチコミ@係長の提供するハッシュタグ分析機能は最適だ。 Twitterは2011年8月より画像をアップロードしてツイートすることが可能になりました。 2018年よりSNSデータの分析領域だけでなく活用領域にサービス提供を拡大し、SNS時代の購買プロセス「ULSSAS(読み ウルサス)」に則したTwitterマーケティング支援やSNSマーケティングツール「BuzzSpreader」の開発を行っております。

Next

クチコミ係長|ツール|中日新聞社広告局メディアガイド

さらに、国内事業で培ったAI技術をクロスバウンドマーケティング領域へ適応し、今後さらなる成長を実現します。 ニーズ調査から効果測定まで一連の マーケティング施策において活用できます。 今後もホットリンクでは、お客様にとってより使い勝手のよいツールを目指し、「クチコミ@係長」の機能拡充やバージョンアップを行ってまいります。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? SNS分析に関しては無料ツールもいくつかありますが、ブログその他インターネットに書き込まれているテキスト分析全般となると、これ一つ導入しておけば事足りるので、費用対効果は高いと思います。 一方、広報に関わる部署ではメディアでの露出確認やクリッピング業務、SNS炎上の早期発見にも活用されているという。 特徴2、どんな検索もかんたん操作。 このような分析には豊富なデータソースが必須であることから、「BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長」の保有する膨大なデータはマーケティングには欠かせないツールであるといえます。

Next

クチコミ@係長の評判、評価、レビュー

これまでに1000社を超える企業が利用している。 データインポート分析 STEP4 レポート• ポジティブとネガティブを判定して分類することも可能だ。 成分ワードマップ分析• hottolink. 同時期からのスマートフォンの利用者拡大に伴い画像付きの投稿が爆発的に増加し、マーケターは画像を含めた分析するが必要となりました。 新聞広告は話題になる! ツイッター&ブログ投稿分析 「新聞」かつ「広告」含むツイートと主要20ブログサイトの投稿を、2016年1月1日から6月30日まで全量収集した半期平均で分析 投稿数推移 「新聞広告」ツイート、1日平均1,157件! 属性 新聞広告に関するツイートには、「新聞」「広告」のどちらかしか入らないつぶやきも。 モニタリング機能で分析 「BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長」の特徴3つ目はモニタリング機能です。 おまとめ• 膨大なデータを保有する「BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長」ですが、キーワードで検索可能なため、とても簡単に使えます。 最低利用期間は6カ月です。

Next

クチコミ係長|ツール|中日新聞社広告局メディアガイド

また新元号発表後2週間は「 令和」が1位で新元号自体に関心が高かったようですが、3週目には5位となり、1位に「 令和に恋人できるかな」2,842件、2位に「 令和最初の夢」1,312件が入り、新元号後の生活自体に関心を寄せるユーザーが増えてきているようです。 そのデータ量は、国内最大級約590億件。 自社ブランドや競合ブランドに関する 口コミのトラッキングや分析を行うことができる環境を整えることが大切です。 最大13ヶ月検索• ホットリンクは企業のTwitterマーケティング支援を行う中で、ユーザー発信のUGCを起点に拡散されるアカウント基盤を構築し、ULSSASが回っていく状態を作り上げることができると、『売上アップ』『事業の成果につながる』『再現性がある』ことを確信しています。 上戸彩• ニットワンピ• クチコミ分析から利用シーンを把握 2. 定期的にレポートを自動送信してくれるような機能が付くと、個人的に嬉しいですね。 この度、お客様のご要望にこたえ、ハッシュタグキャンペーン等に活用できる「ハッシュタグ分析(Twitter)」機能を新たに搭載いたしました。 の商標または登録商標です。

Next