コロナ 中国 の 生物 兵器。 新型コロナウイルスは中国の生物兵器によるテロですか?

【3つの説】生物兵器「新型コロナウイルス」中国武漢で人工的に作られた?

『国が危ない』ことをあまり知らないのは、メディアが真実を報道しないためだ。 しかし、 4つのうち2つはコウモリ由来のコロナで 発見済みの配列なので問題ない。 そして、これらのことを知り、事態はますます厄介なことになっていくのかもしれないという不安がさすがにあります。 新型コロナウイルスに感染し病院に収容される患者=1月18日、中国湖北省武漢市(EPA時事) 【ワシントン時事】新型コロナウイルスをめぐり、中国湖北省武漢市の研究所で行われていたコウモリのコロナウイルス研究の危険性を指摘したり、「研究所が新型ウイルスの発生源」と指摘したりする米メディアの報道が相次いでいる。 通常は不可能だ。 … 杜氏は「日本も、初期に感染者を局部で隔離できればよかったが…。 新種ウイルス作成 ・毒性は強いがヒトへの感染力が弱い鳥フル ・毒性は弱いがヒトへの感染力が強いインフル 遺伝子組み換え技術で新種を合成し、 致死性と感染性を兼ね備えたウイルスを 実験室で造り出した可能性はある。

Next

新型コロナウイルスは生物兵器だった?陰謀論の真相がヤバい!

武漢国家生物安全実験室は、2017年に完成した。 侵略を目的とした戦争でさえ相手を殺すことは可能な限り避けなければならない。 疑惑を断定していない。 ・ (ハーバード大学教授と2人の中国人を3つの別個の中国関連事件で起訴) これは、ハーバード大学のチャールズ・リーバー博士という教授が、ボストンのローガン国際空港で 2019年12月10日に逮捕され、その後、「 21種類の生物学的研究を中国に密輸しようとした罪」で起訴されたというものです。 複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。

Next

【3つの説】生物兵器「新型コロナウイルス」中国武漢で人工的に作られた?

新型コロナウイルスも、もしかしたら同じ道をたどるかもしれない。 しかし、「中国ならやりかねない」と 多くの人が思っているのも、また事実である。 アメリカも関与しているだろうから。 新型コロナウイルスは武漢研究所が発生源。 コウモリコロナの危険な研究を行っていた施設ついて 「危険である」と公式に警告をワシントンに送った。 2019 10月 18~27日に世界軍人運動会が武漢で行われた。

Next

コロナウイルスは中国の生物兵器って、噂が有りますよホントにですか?

この"疑惑"を早い段階で発信したメディアは、英タブロイド紙だ。 この方は生物学はともかく戦争について不勉強なのでは? 戦争のことを何も分かっていない。 ネットの反応 中国のコロナウィルスの感染源は「武漢病毒研究所」というウィルス研究所だとの指摘が出ている。 論文を批判した者たちは、HIVが挿入されたと仮定しても、新型コロナウイルスにはヒト免疫系を傷つけることはできないと主張した。 ・最初の感染犠牲者は、同研究所の「黄」という女性。 情報戦の陰。 天安門で警備にあたる中国警察も当然ながらマスク姿。

Next

新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

可能性は低い 長すぎる潜伏期間、低すぎる致死率、 高すぎる感染力、ワクチンがない…… コロナウイルスは生物兵器として 「ポンコツ」と言わざるを得ない。 『(新型コロナウイルスは)SARSと近いウイルスだが、分子に4つの違いがあり、自然に起きる違いではない』と報告されており、人工的に改良された可能性がある」 中国軍機関紙「解放軍報」は1月31日、人民解放軍が陸軍の生物兵器専門家を武漢に派遣したことを報じている。 海鮮市場から出たというのは、美しい伝説だ。 これで世界中にコロナを拡めたテドロスまで辞任せず居座り続けるのでは最悪だ。 もし中国の科学者たちが生物兵器の研究と開発を急がされていたとしたら、手抜きがあったと見て間違いないだろう。 さらに、この恐怖を煽るかのように「新型コロナウイルスは中国の生物兵器が流出したものだ」という陰謀論がまことしやかに囁かれている。 恐ろしいウイルスの病といえば、天然痘がある。

Next

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する

だから、その2本の論文は、新型コロナウイルスが人為的に合成されたものだという仮説を唱えたのです。 これにより、中国共産党に生物兵器を開発する意図があったという証拠に疑う余地はない。 彼らにすれば、習近平政権を倒し、中国を分裂させて、その中で彼らが権勢を発揮する余地を狙っています。 現に何の罪もなく、健康な中国人がこの噂によって差別されることもある。 杜氏はこれまでも、1979年に旧ソ連・スべルドロフスクの研究所から炭疽菌が漏れ、多くの市民が死亡した実例などから、 「研究施設から病毒が漏れることはよくある」としてきた。

Next

【軍事のツボ】新型コロナウイルス「中国製生物兵器説」と生物兵器の恐怖 (1/3ページ)

自らが犯した犯罪の責任を、主要な地政学的ライバルに負わせるとは、何とも共産党の指導者らしい行動である。 正式名称は「中国科学院武汉病毒研究所」 世界でも トップクラスの バイオセーフティーレベル4の実験室を持つ研究所です。 しかも、大量のワクチン接種と、原因不明の乳幼児突然死症候群が関係があるとすら言った。 タイトルがものすごく長いのだが、「 中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。 たとえば、別の動物から集めたウイルスを人から人への感染力を強化すること、または感染者に症状が現れるまでの潜伏期間を伸ばすことなどがこれにあたる。 冷静に見極めるべきである。

Next

【軍事のツボ】新型コロナウイルス「中国製生物兵器説」と生物兵器の恐怖 (1/3ページ)

加えて今回の新型ウイルス問題発生後、米国のCDC(疾病コントロールセンター)が伝染病の専門家を武漢に派遣し、感染拡大阻止に協力したいと申し出たことに対し、 中国側が対応しなかったことも、「中国側には知られたくない事情があることが疑われる」とみる。 この原稿を書くのに5日間かかった。 そしていまだに 武漢コロナウイルス自身には名前がない。 そもそも「潜伏期間」がある時点で、 戦場では使い物にならない。 表現の自由を保障しながらフェイクニュース拡散を防ぐには、どうしたらいいのか。 さらに、共通したシーケンス(配列)が短いため、このリストすらそれほど重要ではないという。 インド人ウイルス学者らが、新型コロナウイルスにはHIV遺伝子配列に類似したものが含まれていることを示唆する論文を発表すると、激しく攻撃され撤回を余儀なくされた。

Next