小田 和正 こころ 歌詞。 小田和正 さよなら 歌詞

こころの歌詞・楽曲情報

サンケイスポーツ デイリースポーツ スポーツニッポン Q 今日も少し入り乱れますが…暗いか明るいか…オフコースというグループがおりました。 リクエストありがとうございました。 (私は思い余りましたがね。 。 楽天対オリックス 始球式を行う 小田和正(撮影・野上伸悟). It is not accessed from the EU. 日刊スポーツ 【楽天】 小田和正始球式でストライク投球. EUからのアクセスではありません。

Next

言葉にできない オフコース 歌詞情報

こころは気紛れ 1970年代の化粧品のCMに使われたのでお聞き覚えがあるかもしれません。 フランス、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、チェコ、エストニア、マルタ、ドイツ、ルクセンブルク、ギリシャ、フィンランド、スロバキア、ラトビア、ルーマニア、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、リトアニア、ブルガリア、オランダ The regulated countries are as follows.。 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空に とどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった ドラマ「ファースト・キス」主題歌 アルバム「自己ベスト-2」収録曲. 試聴する KKBOXを起動 こころは気紛れ 作詞:小田和正 作曲:小田和正 そのためいきは 退屈のせい それとも 誰かを好きになったの さあドアを閉めて すぐに帰るつもり 時計ばかり 気にしてるんだね まるであなたは ゆきずりのオンナのよう 春にゆられ うつろな眼差しは遠い空の果て ナマイキ ナ オンナ 責めないで あなたを好きだけど 愛してるなんて 私は言えない だからドアを開けて 外へ出たいから 午後のひかりは 私をさそう シャクな はなしだけど ゆれるこころ 止めることもできず黙っていた まるであなたは ゆきずりのオンナのよう 春にゆられ うつろな眼差しは遠い空の果て 私はまだ若いから 私はまだ若いから そのためいきは... 試聴する KKBOXを起動 こころ 作詞:小田和正 作曲:小田和正 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空にとどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空にとどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 基本情報. 実はこの動画の声は小田和正ではなく素人さん?かセミプロらしいのですが、小田和正よりもいい声かもしれませんな。 実はオフコースが5〜6人編成になった時の曲ですがこの後の曲が大ヒットしたので隠れてしまった名曲です。 歌手: 作詞: 作曲: 雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で 哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ 時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか 空を見て考えてた 君のために 今何ができるか 忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ 自分のこと大切にして 誰かのこと そっと想うみたいに 切ないとき ひとりでいないで 遠く 遠く離れていかないで 疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても なくしたもの探しにいこう いつか いつの日か見つかるはず いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること 君にまだ 言葉にして 伝えてないことがあるんだ それは ずっと出会った日から 君を愛しているということ 君は空を見てるか 風の音を聞いてるか もう二度とこゝへは戻れない でもそれを哀しいと 決して思わないで いちばん大切なことは 特別なことではなく ありふれた日々の中で 君を 今の気持ちのまゝで 見つめていること 忘れないで どんな時も きっとそばにいるから そのために僕らは この場所で 同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ どんな時も きっとそばにいるから. 相変わらず説教爺ですよ。

Next

こころ / 小田和正

今日届けてくださった飛行機の動画は、裏方さんに光をあてていて良いですね。 小田和正 こころ 作詞:小田和正 作曲:小田和正 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ もっと沢山の歌詞は 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空に とどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. 人生を語らず 吉田拓郎また愚かなことになっておりましてね。 。 思いっきり暗く落ち込んだ後に立ち直れるタイプもこれでいいでしょう。 作詞:小田和正 作曲:小田和正 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空に とどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. You cannot use Uta Net from the countries covered by GDPR. 出ていらっしゃらない方がよろしいかと思います。 (勝手なことを言いました)男ならはこんな感じの曲がいいのですがね。

Next

こころ

いい声です。 A こんにちは。 特に、「人生を語らず」の女々しくない、サバサバした感じが好きです。 男にはね。 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空に とどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった Powered by この曲を購入する. 小田和正さん『こころ』の歌詞 ココロ words by オダカズマサ music by オダカズマサ Performed by オダカズマサ. これは事件を起こしてタレントとして干された後に早稲田大学に入学しなおした東国原前宮崎知事が自分への応援歌だと言い聞かせた歌です。

Next

小田和正 こころ 歌詞

助ける方もSOSを出してもらわねば助けようがないですから。 小田和正さん『こころ』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 冬が来るまえに しんみりしますがね。 ただ、自分で脱出できるツールは自分の気持ちをプラスに切り替えられる明るい曲や前向きな歌詞を聞きこんでハッピーな気持ちにすることだと私は思います。 歌手の 小田和正(65)が始球式を行った... (小田さんより?)悲しい曲に使って、悲しみに沈んで、雰囲気的にSOSを出すのもひとつです。 自分に活を入れるには。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

Next

こころ 歌詞 小田和正 ※ live.tonton.com.my

オフコースさん『言葉にできない』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 いかがでしたでしょうか。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 メインボーカルは小田和正でご存じだと思いますが、あまり売れていない時期もあり、その時は男2人のデュエットでありました。 France, Belgium, Denmark, Sweden, Czech Republic, Estonia, Malta, Germany, Luxembourg, Greece, Finland, Slovakia, Latvia, Romania, Italy, Spain, Austria, Hungary, Lithuania, Bulgaria, Netherlands Uta-Net. 小田が歌っているのもありましたが、こちらを選んでしまいました。 安全なフライトはあの方々のお陰ですから。 歌手: 作詞: 作曲: どうせまた知らないうちに おもかげ追いかけるから 別れまで辿りながら 歩き続けている こんな時はたゞ心に 素直になるほかは無い 置き去りにされたこの愛を 忘れる術など無いから 今は時の流れに すべてを任せるだけ 二人がたゞの思い出に いつか変ってゆくまで 変ってゆくまで いつか笑顔の君だけを 思い出す時が来る そんなふうに時はきっと やさしく過ぎてゆくはず 今は時の流れに すべてを任せるだけ 二人がたゞの思い出に いつか変ってゆくまで 変ってゆくまで 冷たい雨が心にしみる Uh 分かっている 明日になれば心も変る だから今はもう少しこのまゝ 君の好きなあの場所 いちばん好きな季節 君がいなければもう誰れとも 振り返れない日々 今は時の流れに すべてを任せるだけ 二人がたゞの思い出に いつか変ってゆくまで 二人がたゞの思い出に いつか変ってゆくまで. 前半2曲はその時のものです。

Next

こころ

人ごみをまぶしそうに 君が走ってくる 降り続く雨はやんで 夏の空に変わった 初めから分かっていた 君の代わりはいない 確かなことは何も 見つからないけど 君が好き 世界中でいちばん大切な人に会った 今日までの そしてこれからの人生の中で 君のためにできることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にもぜったい負けないから それぞれの想いは今 夏にゆられるまま 離れて近づいて 切なくときめいて あの夏 世界中でいちばん大切な人に会った 今日までの そしてこれからの人生の中で 時の流れは二人で刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今この時を生きて あのね 生まれて初めてこんなふうに 誰かを 幸せにしたいと思った 街の灯りが 空にとどいて いつか 夕べの星とひとつになってゆく 君が好き 世界中でいちばん大切な人に会った 今日までの そしてこれからの人生の中で 時の流れは 二人で刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今この時を生きて あの夏 世界中でいちばん大切な君に会った こころは ほかの誰にもぜったい負けないから 人ごみをまぶしそうに 君が走ってくる 降り続く雨はやんで 夏の空に変わった. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空に とどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. 最後の、飛行機のシルエットが美し過ぎます。 季節はずれかも知れませんが、センチメンタルになるならこの位にしておいた方が良いのかと・・・・愛を止めないで - オフコース? 人 ひとごみを まぶしそうに 君 きみが 走 はしってくる 降 ふり 続 つづく 雨 あめはやんで 夏 なつの 空 そらに 変 かわった 初 はじめから 分 わかっていた 君 きみの 代 かわりは いない 確 たしかなことは 何 なにも 見 みつからないけど 君 きみが 好 すき 世界中 せかいじゅうで いちばん 大切 たいせつな 人 ひとに 会 あった 今日 きょうまでの そして これからの 人生 じんせいの 中 なかで 君 きみのために できることは ほんの 少 すこしだけど こころは ほかの 誰 だれにも ぜったい 負 まけないから それぞれの 想 おもいは 今 いま 夏 なつに ゆられるまま 離 はなれて 近 ちかづいて 切 せつなく ときめいて あの 夏 なつ 世界中 せかいじゅうで いちばん 大切 たいせつな 人 ひとに 会 あった 今日 きょうまでの そして これからの 人生 じんせいの 中 なかで 時 ときの 流 ながれは 二人 ふたりで 刻 きざんで 行 ゆくんだ 寄 よりそって 触 ふれあって 今 いま この 時 ときを 生 いきて あのね 生 うまれて 初 はじめて こんなふうに 誰 だれかを 幸 しあわせに したいと 思 おもった 街 まちの 灯 あかりが 空 そらに とどいて いつか 夕 ゆうべの 星 ほしと ひとつになってゆく 君 きみが 好 すき 世界中 せかいじゅうで いちばん 大切 たいせつな 人 ひとに 会 あった 今日 きょうまでの そして これからの 人生 じんせいの 中 なかで 時 ときの 流 ながれは 二人 ふたりで 刻 きざんで 行 ゆくんだ 寄 よりそって 触 ふれあって 今 いま この 時 ときを 生 いきて あの 夏 なつ 世界中 せかいじゅうで いちばん 大切 たいせつな 君 きみに 会 あった こころは ほかの 誰 だれにも ぜったい 負 まけないから 人 ひとごみを まぶしそうに 君 きみが 走 はしってくる 降 ふり 続 つづく 雨 あめはやんで 夏 なつの 空 そらに 変 かわった 人 hito ごみを gomiwo まぶしそうに mabushisouni 君 kimi が ga 走 hashi ってくる ttekuru 降 fu り ri 続 tsudu く ku 雨 ame はやんで hayande 夏 natsu の no 空 sora に ni 変 ka わった watta 初 haji めから mekara 分 wa かっていた katteita 君 kimi の no 代 ka わりは wariha いない inai 確 tashi かなことは kanakotoha 何 nani も mo 見 mi つからないけど tsukaranaikedo 君 kimi が ga 好 su き ki 世界中 sekaijuu で de いちばん ichiban 大切 taisetsu な na 人 hito に ni 会 a った tta 今日 kyou までの madeno そして soshite これからの korekarano 人生 jinsei の no 中 naka で de 君 kimi のために notameni できることは dekirukotoha ほんの honno 少 suko しだけど shidakedo こころは kokoroha ほかの hokano 誰 dare にも nimo ぜったい zettai 負 ma けないから kenaikara それぞれの sorezoreno 想 omo いは iha 今 ima 夏 natsu に ni ゆられるまま yurarerumama 離 hana れて rete 近 chika づいて duite 切 setsu なく naku ときめいて tokimeite あの ano 夏 natsu 世界中 sekaijuu で de いちばん ichiban 大切 taisetsu な na 人 hito に ni 会 a った tta 今日 kyou までの madeno そして soshite これからの korekarano 人生 jinsei の no 中 naka で de 時 toki の no 流 naga れは reha 二人 futari で de 刻 kiza んで nde 行 yu くんだ kunda 寄 yo りそって risotte 触 fu れあって reatte 今 ima この kono 時 toki を wo 生 i きて kite あのね anone 生 u まれて marete 初 haji めて mete こんなふうに konnafuuni 誰 dare かを kawo 幸 shiawa せに seni したいと shitaito 思 omo った tta 街 machi の no 灯 aka りが riga 空 sora に ni とどいて todoite いつか itsuka 夕 yuu べの beno 星 hoshi と to ひとつになってゆく hitotsuninatteyuku 君 kimi が ga 好 su き ki 世界中 sekaijuu で de いちばん ichiban 大切 taisetsu な na 人 hito に ni 会 a った tta 今日 kyou までの madeno そして soshite これからの korekarano 人生 jinsei の no 中 naka で de 時 toki の no 流 naga れは reha 二人 futari で de 刻 kiza んで nde 行 yu くんだ kunda 寄 yo りそって risotte 触 fu れあって reatte 今 ima この kono 時 toki を wo 生 i きて kite あの ano 夏 natsu 世界中 sekaijuu で de いちばん ichiban 大切 taisetsu な na 君 kimi に ni 会 a った tta こころは kokoroha ほかの hokano 誰 dare にも nimo ぜったい zettai 負 ma けないから kenaikara 人 hito ごみを gomiwo まぶしそうに mabushisouni 君 kimi が ga 走 hashi ってくる ttekuru 降 fu り ri 続 tsudu く ku 雨 ame はやんで hayande 夏 natsu の no 空 sora に ni 変 ka わった watta. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空にとどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. 歌: 作詞:小田和正 作曲:小田和正 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空に とどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. オフコースさん『言葉にできない』の歌詞 コトバニデキナイ words by オダカズマサ music by オダカズマサ Performed by オフコース. 歌手: 作詞: 作曲: 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった 初めから 分かっていた 君の 代わりは いない 確かなことは 何も 見つからないけど 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 君のために できることは ほんの少しだけど こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから それぞれの 想いは今 夏に ゆられるまま 離れて 近づいて 切なく ときめいて あの夏 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を 生きて あのね 生まれて初めて こんなふうに 誰かを 幸せに したいと 思った 街の灯りが 空にとどいて いつか 夕べの星と ひとつになってゆく 君が好き 世界中で いちばん 大切な人に 会った 今日までの そして これからの 人生の中で 時の 流れは 二人で 刻んで行くんだ 寄りそって 触れあって 今 この時を生きて あの夏 世界中で いちばん 大切な君に 会った こころは ほかの誰にも ぜったい 負けないから 人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く 雨はやんで 夏の空に 変わった. いいえ。 。 。 。

Next