愛媛 マチュピチュ。 銅山峰の登山口 東平(東洋のマチュピチュ)にアクセスする方法

マチュピチュが愛媛に?外国人が見間違える、日本の海外そっくり絶景

具体的には、吐き気や嘔吐、熱、悪寒、倦怠感など風邪と似た症状が出てきます。 マイントピア別子で温泉&砂金とり! 東洋のマチュピチュへ出発する前に、一度訪れてみたいのが、このマイントピア別子。 近くで見れる機会は中々ないので、ぜひ近くで写真を撮ってみてください。 話題のテーマ• 特に駐車場のあるエリアに「旧東平第三変電所」への看板がありますが、看板通りに歩いていると、とんでもない距離になります。 1902年ドイツ人の索道技師により設置された自働復式索道。 旧火薬庫を利用した333メートルの観光坑道までは鉱山鉄道で向かいます。

Next

標高750mの天空に佇む遺跡はロマンたっぷり!東洋のマチュピチュへ行こう 愛媛県新居浜市

石造りの家々• 鉄道を利用するか、古代インカ道を数日かけてトレッキングすれば辿り着け、観光客はインカ時代の人々の暮らしに思いを馳せることが出来ます。 別子銅山の人口が約1万人だったので、かなりの大きさの町だったことが想像できます。 端出場と東平ゾーンがわかりやすく説明してあるパンフレット。 参加者が多く3台のマイクロバスに分かれて向かいました。 マチュピチュの謎と不思議4:なぜマチュピチュから人がいなくなったのか? この謎を語らずして、マチュピチュについて語ることはできません。 マイントピア別子から終点の別子橋までの間はフリー乗降区間となっていますので、東平の入口で降車する旨運転手さんに申告することが必要です。

Next

日本一周56日目【愛媛】マイントピアと東洋のマチュピチュ「東平」

更に併設されていたコインランドリーでたまっていた洗濯を片付けます。 ちなみに博物館は、マチュピチュへの玄関口とも言われる村「アグアス・カリエンテス」から歩いておよそ45分のところにあります。 リマからクスコへ リマからクスコへ行くには2通りの行き方があります。 松山市内からは車で1時間半の道のり。 そのため、もしもワイナピチュへ登りたいなら 事前予約をしておいた方が良く、ハイシーズンだと現地で予約するのだと間に合わない可能性もあるので、日にちに余裕を持って予約を入れておいた方が良いでしょう。

Next

『愛媛の旅2013【日本のマチュピチュ別子銅山】』新居浜(愛媛県)の旅行記・ブログ by まゆままさん【フォートラベル】

料金は旅行代理店によって多少変わりますが、60ソルより高い値段であれば交渉してみましょう。 江戸時代の採鉱の様子。 旧インクライン 端出場(はでば)から索道で東平へと運ばれてきた物資は、インクライン(傾斜面を走る軌道)を通じて荷揚げされていました。 雲海が町を包み込み、その中に城が浮かび上がる様は、まさに奇跡の風景。 高山病対策を入念にする 急に標高が高いところ(2,000m以上)に行くと、個人差はありますが、たいてい高山病の症状が現れます。 ステキな景色と温泉で癒されること、間違いなしですよ。 それが都心から約60分程度で辿り着く「」です。

Next

標高750mの天空に佇む遺跡はロマンたっぷり!東洋のマチュピチュへ行こう 愛媛県新居浜市

途中の道は広い場所もあれば車1台しか通れない細い場所もあります。 訪問した日は平日だったため、運良くすれ違う車はありませんでした。 鉱石運搬はもちろん、日用生活品や郵便物、新聞もこの索道で輸送されていました。 マイントピア別子東平ゾーン ちなみに正面からも見下ろす感じで撮影できますが、その場所までアクセスせずに帰還となりましたので写真はありません。 索道停車場跡 鉱山施設が集中していた東平集落の下部にあり、東平と端出場(黒石)を結ぶ主要輸送機関でした。 絶景です! 上から見た東洋のマチュピチュ。

Next

愛媛に東洋のマチュピチュ?行き方や見どころなどご紹介【2018年】

おすすめ度 4. 駐車場辺りに来ると一気に気温が下がり、少し不気味な感じがしました。 マチュピチュ村からマチュピチュへ マチュピチュ村からマチュピチュまではバスと徒歩の2通りの行き方があります。 このトロッコに乗って坑道に出発〜! 朝一番だったので私たち以外には誰もいませんでした。 オリャンタイタンボに来て驚くのは、かなり大きな段々畑。 市街地出入り口 市街地入り口は、大きな石により門が組み上げられてできています。

Next

宇和島の段畑、これが“愛媛のマチュピチュ”だ! : KOTOコレ2017

現在、かつて採鉱本部が嶺北側に初めて置かれた第三の地形のやや上段に、赤レンガ造りの旧第三変電所の建屋が残されていますが、建屋の中は、変電所であった面影はほとんどありません。 また標高750m前後のこの場所からは、天気の良い日には新居浜市街と遠く瀬戸内海を見渡せる絶景地でもある。 なんと 5km以上も続くというから驚きです。 銅板のレリーフやしおりなどのお土産が売っています。 歩きでも行けますが、マチュピチュに着いてもまた遺跡内を歩くので、体力を温存を温存しておくためにもバスが良いでしょう。 今は全てが静かな森のなかにあり、ここに何千人もの人が居たことが不思議に思われます。

Next