国際 観光 振興 機構。 国際観光振興機構降格事件 判例 女性就業支援バックアップナビ

独立行政法人国際観光振興機構の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

以上によれば、B部長による本件修正は、本件人事制度が定めるルール・前提に合致したものとはいえないから、同修正が強く反映した本件評定もまた本件人事制度に則って適切になされたということはできない。 この業務は、主に下記の3つの業務によって、メディアと継続的な関係を構築し、良質な日本向け旅行ガイドの実現を目指しています。 なお人事院は予算所管では内閣に属するのでここにはない。 募集背景 公的な専門機関として、訪日外国人旅行客の誘致に取り組んでいる日本政府観光局(独立行政法人国際観光振興機構)。 しかし通過点に過ぎないこともまた事実。 国際観光振興機構降格事件 事件の分類 その他 事件名 国際観光振興機構降格事件 事件番号 東京地裁 - 平成17年(ワ)第15059号 当事者 原 個人1名 被告 独立行政法人 業種 公務 判決・決定 判決 判決決定年月日 2007年05月17日 判決決定区分 一部認容・一部棄却(控訴) 事件の概要 被告は、海外における観光宣伝、外国人観光旅行に対する観光案内等の業務により国際観光の振興を図ることを目的とする独立行政法人であり、原告は平成3年10月、被告の前身である国際観光振興会(振興会)に職員として採用され、振興会の権利・義務が被告に承継されたことにより被告の職員となった。 「新卒職員」は、エントリーシート送信後、書類による1次選考、ウェブサイト上での適性検査による2次選考、グループ面接による3次選考、グループディスカッション・小論文による4次選考、管理職面接による5次選考、役員面接による6次選考に合格し、採用されれば就職できます。

Next

外務省: 「国際交流基金と国際観光振興機構の統合あるいは連携強化の在り方に関する方向性について」及び「国際業務型独立行政法人の海外事務所の機能的な統合について」の公表

地方創生の立役者として働けますよ。 訪日スキーや日本酒のPRイベントなどの活動を行いました。 「おもてなしタクシー」の事務局• Coordination さまざまな関係者のニーズをつなぐネットワークを創造します。 なお従来の計画は5年間の計画期間としていたが、観光ビジョンの目標年次や2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を踏まえ、平成32年度 2020年度 までの4年間を新たな計画の計画期間とした。 独立行政法人国際観光振興機構法(平成14年法律第181号)に基づいて2003年(平成15)に設立された。 国をあげて観光立国の実現を目指している中、今後はより一層、日本の魅力を海外へ発信する機会も増えていくと予想されます。

Next

外務省: 「国際交流基金と国際観光振興機構の統合あるいは連携強化の在り方に関する方向性について」及び「国際業務型独立行政法人の海外事務所の機能的な統合について」の公表

8歳 カテゴリー• 被告では、平成16年4月から、職員の処遇に人事評価を反映させる新人事制度が導入され、平成15年10月から平成16年3月までが最初の評価対象期間となった。 北海道観光戦略の推進機能• ウェブサイトの運営• くわしくは、公式ホームページをご参照ください。 「」 [ ]『読売新聞』(YOMIURI ONLINE)、2007年12月19日付、2008年9月23日閲覧。 (政令第221条)• Leadership 的確な戦略と提案により、インバウンド旅行市場を牽引します。 これは観光基本法時代の2003年4月より、「」という呼び名で、国土交通省、、民間旅行業者および関係自治体などが参加する「ビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部」が統括主体となりはじまった事業である。 2歳)• 4点と、最低のEランクとなった。 海外観光プロモーション• 観光立国推進基本法により政府が毎年国会に提出しなければならない「観光の状況及び政府が観光立国の実現に関して講じた施策に関する報告」(第8条第1項)および「前項の報告に係る観光の状況を考慮して講じようとする施策を明らかにした文書」(第8条第2項)が収録される。

Next

組織・体制

加えて、本件修正の根拠の一つされているレポートの提出の件についても、原告に対する明確な指示であったとは認め難いし、そもそも同レポートの提出は本件評価対象期間に問題となるものであったかも判然としないのである。 平成12年8月、原告は振興会バンコック事務所へ異動になり、平成16年4月1日付けで被告本部海外市場開拓部へ異動になった。 マーケティング機能• 具体的には以下に関することなどがある。 また、上記のような事情は本件評価対象期間における日常の原告の職務行為等の観察を通じて評価するのが適切であり、したがってその評価については、日頃職員の勤務態度等に接している直属の上司のそれを尊重することが、本件人事制度においても当然の前提になっていると解される。 1964年(昭和39)特殊法人国際観光振興会として発足。

Next

国際交流基金と国際観光振興機構の統合あるいは連携強化のあり方に関する方向性について、及び国際業務型独立行政法人の海外事務所の機能的な統合について

観光地域振興部• 訪日外国人旅行者数は年々増加の一途をたどっており、2018年にはじめて3000万人の大台を突破しました。 また、「独立行政法人の制度及び組織の見直しの基本方針」においては,国際業務型独立行政法人(国際交流基金、国際協力機構、日本貿易振興機構及び国際観光振興機構)の海外事務所のうち、3法人以上の海外事務所が設置されている16都市の海外事務所についても、平成23年度中に方向性について結論を得ることとされていました。 所管法人 [ ] の該当の項を参照 歴代長官 [ ] 観光庁長官 代 氏名 在任期間 前職 1 2008年10月1日 - 2010年1月4日 総合観光政策() 2 2010年1月4日 - 2012年3月31日 代表取締役 3 2012年4月1日 - 2013年8月1日 長 4 2013年8月1日 - 2015年9月10日 国土交通省長 5 2015年9月11日 - 2018年7月31日 国土交通省長 6 2018年7月31日 - 2020年7月21日 7 2020年7月21日 - 国土交通省総合政策局長 幹部職員 [ ] 観光庁の幹部は以下のとおりである。 基本的な目標として以下の7項目が掲げられている。 「学生時代、アメリカ中西部に留学しました。 」(最終改正:令和2年3月31日国土交通省令第35号 ] -• 原告は、本件降格及びそれに伴う降給(降格等)が人事権の濫用として無効であるとして、(1)旧等級号俸を前提として給与額と実遡及額との差額22万9429円、(2)旧等級号俸を前提とした退職金金額と実支給額との差額153万1509円、(3)不法行為に基づき、旧等級号俸の給与水準を前提とした場合に得られたであろう雇用保険の基本手当の受給額と実支給額との差額4万5840円、総額180万6788円を請求した。

Next

プロフィール|日本政府観光局(JNTO)

コーディネート機能• 概要 [ ] および国土交通省設置法第41条第1項に基づき設置されている。 また目安として、入職から数年を経て海外でご活躍いただくことも期待いたします。 3 国際コンベンション等の日本開催促進。 地域支援機能• Information Hub 価値ある情報を集め、分析し、発信します。 ウェブやSNSを通じた訪日観光の情報提供 5. 「」 衆議院• 国際観光課• 第2回の検討会議は、以下のとおり開催することとなりましたのでお知らせいたします。 観光地づくり、地域観光商品の開発支援• 海外における観光,外国人観光旅客に対する観光案内その他外国人観光旅客の来訪の促進に必要な業務を実施し,国際観光の振興をはかることを目的とする。

Next

国際観光振興機構(こくさいかんこうしんこうきこう)とは

2012年からはのに基づき,受け入れの整備をはかるため,外国人観光案内所の認定制度を開始した。 観光資源課 地方支分部局 [ ] 観光庁は、地方の出先機関(法律上の呼称は「」)を有しないが、各地域の観光に関する施策は、各国土交通省地方運輸局、神戸運輸監理部、内閣府沖縄総合事務局運輸部において行っている。 JNTO は、世界の主要都市に海外事務所を持ち、日本へのインバウンド・ツーリズム(外国人の訪日旅行)のプロモーションやマーケティングを行っています。 観光庁設置にあたって、総合政策局の観光関係6課の職員約80人のほか約30人が追加され、人員が約110名にまで増強された。 このことを受け、2008年6月27日以降、通称として「日本政府観光局」を用いるようになった。 1949年(昭和24年)6月1日 - 大臣官房に 観光部を設置。 2019年12月7日閲覧。

Next