大阪 府 議会 日程。 大阪府枚方市議会議員選挙2019候補者と開票結果速報まとめ!|情勢予想や日程|かわらばん屋

大阪都構想の制度案8月28日に府議会で議決へ 市議会は9月3日で調整

枚方市内には、全国高校ラクビー大会の優勝校やバレーボールVリーグのパナソニックパンサーズの本拠地があります。 2015年5月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 また、同構想の結果できる広域普通地方公共団体の名称は、現在の法制度下では「大阪都」になることはなく、大阪府のままである。 さらに、2013年9月29日に実施されたにおいて、堺市を分割する構想に反対するが、大阪維新の会の候補者を19万8千票対14万票で破り再選を果たした事から、堺市が特別区に再編される事は事実上なくなった。 () 「橋下市長の大阪都構想は一つの考え方。

Next

大阪府議会議員補欠選挙(羽曳野市選挙区)2020の立候補者一覧と情勢|日程・投開票7月12日|選挙ネット

2015年5月19日閲覧。 大阪都構想は橋下氏が主張することはわかる。 社会福祉法人光輪会事務長、特定非営利活動法人melon理事長などを務める。 維新は府議会で単独過半数の議席がある。 (市長) 「大阪ダブル選挙結果は府民、市民が、問題提起に対して一定の方向性を出したということで民意の表れ。 住民に身近な行政サービスを提供出来るようになる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2010年3月25日. 」と語った。

Next

大阪府の選挙一覧|議会議員選挙や市長選挙の開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査を配信|選挙結果速報ニュース

そのため、「地域の実情に合わせた都市開発が進められない」とする主張もある。 議事課• 今回の大阪のダブル選挙を契機に大都市制度をめぐる議論が一層進む事を期待」と期待する。 」となっていたため、「大阪市を廃止して」が隠蔽され、多くの有権者が「大阪市が存続したまま特別区が設置されると勘違いする」可能性が指摘された。 2018年2月15日、大阪維新の会は、市議団や市内選出の府議の意見をまとめ、大阪府・市が作成した上記の内、「4区B案」を支持する方針を決めた。 (民営化と同構想には因果関係はない。 職員数の増加 [ ] 2018年の大都市制度(特別区設置)協議会資料では、特別区設置に伴う体制整備により職員(公務員)が330人増加するとされている。

Next

大阪府高槻市議会議員選挙2019候補者と開票結果速報まとめ!|情勢予想や日程|かわらばん屋

また、2000年(平成12年)頃に、大阪府知事(当時)が大阪府と大阪市の統合を掲げた大阪新都構想を唱え、2001年の「大阪府行財政計画」に「大阪都」という言葉が表現されている。 歴史上そんなことはありえなく、かつての共産主義革命と同じ危険な発想であること。 福祉施設の施設長、医療法人理事、介護支援専門員などをされています。 」と質問し、橋下に特別区設置への見解を求めた。 私もウグイスとして、にしもと候補の魅力をがっつりアピールさせていただきました。

Next

大阪都構想の制度案8月28日に府議会で議決へ 市議会は9月3日で調整

大阪府市議会の主な会派(維新・公明・自民・共産)は、大阪市内の住民自治を強化する必要性を認めているが、意見は分かれている。 住民投票の結果は「大阪府の行政組織のあり方の是非を問う事であり住民投票結果が出た事から私がコメントするのは差し控えたい。 決算特別委員会• 今の閉塞感、国・地方の関係システムの限界は、誰しもが感じている。 大阪市. () 「大阪ダブル選挙は大阪都構想というのが大きな論点になったが、この構想については2つの側面がある。 6月9日には大阪府議会においても賛成多数で可決、同日で発効した。 議会日程• 橋下市長が大きな問題点を投げかけたのは極めて意義深いことだったものではないか。 (前仙台市長) 「政令市が基礎自治体上、大きな権限を持って行政が実施する事はを教訓に大変地域住民の方の利便向上に寄与するのではなかろうか。

Next

大阪府八尾市長選挙2019候補者と開票結果速報まとめ!|情勢予想や日程|かわらばん屋

再編コスト この試算においても、再編コストは財源対策により対応が可能であり、令和15年度までに累計約1600億円の財源活用可能額が得られると、おおさか維新側は主張しているが、野党側はそれはウソで大きな赤字になると主張し、ここでも数字が大きくかけ離れている。 【執行理由】 辞職• 2013年2月27日、第1回大阪府・大阪市特別区設置協議会が開催され、区割り案における25年後(2035年)の推計人口や鉄道網体系などが示された。 大都市地域特別区設置法案は「地方自治体の在り方には多様な選択肢があってもいいと思うしそういう意味において前進するということは歓迎」と述べた。 大阪都構想は、二重行政の解消や行政施策の徹底的な洗い直しなどメリットがあるが制度設計がまだ不十分であるが制度設計・説明責任がいかに果たされるか、大阪都構想推進大綱の中で示されている、財源の問題や議員定数などについては、疑問点があるかもしれないけど、大阪都構想をはじめ大阪維新の会が掲げる政策が、今後の行政運営や大阪全体のまちづくりに大きな影響があることは間違いない」と述べた。 それら共通の課題を解決するために、これまでも個別の案件ごとに色々議論・調整・連携していることから具体的な案件を解決していく上で、連携、協力をしてきているわけであって大阪府と大阪市の状況と異なってるのは事実。

Next