コロナ 感染 マップ 国内 アプリ。 感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

「めざましどようび」感染状況マップ!アプリ「NewsDigest」!

これにより、自宅や勤務先周辺での感染事例をより簡単に調べることが可能となった。 NewsDigest アプリダウンロード用URL• NewsDigest アプリダウンロード用URL• 厚労省では、集団感染の共通点として「換気が悪く」「人が密に集まって過ごすような空間」「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」と注意喚起をしているが、自分の住む地域でクラスターが発生していないかもしっかりチェックしておこう。 なお、個人情報の保護も課題として挙げられるが、担当者によるとヤフーから得られる情報は、個人が特定できないように加工されるため、個人情報保護の観点では問題がないとしている。 これらの情報はNewsDigestアプリ内に加えて、企業向け緊急情報サービスFASTALERT(PC対応)でも確認できます。 Android 版: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、病院や大学、コールセンター、ライブハウスなど様々な施設での 「クラスター感染」の発生が問題となっています。

Next

コロナマップを開発してOSSにした話

現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo. さらに、新型コロナウイルス感染症に関する速報や記者会見の中継などの情報も配信します。 感染者との接触が判明すれば、接触者に自主隔離と検査を行うよう通知され、保健当局の迅速な対応が可能となる。 ただ、こうして検索ワードを通じて、コロナの解明や感染者発見につながる情報が得られるかもしれない。 オーストラリア政府は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、感染者が接触した人を追跡するためのスマートフォン用アプリを導入する、と発表した。 こうした情報収集・配信のノウハウをもとに最も速く、詳細で正確な感染者数の集計データをAPIでも提供している *2。 利用するにはまたはから「NewsDigest」アプリをインストールする。 1 - Legal - Intellectual Property The seller and company names associated with your app do not reflect the name "WHO, CDC, ECDC, NHC, DXY, or Johns Hopkins CSSE" in the app or its metadata, as required by Guideline 5. 『最新情報まとめ』をタップすると、LINE NEWSが国内外の新型コロナウイルス感染症発生状況を24時間体制で配信し、予防や対策、相談窓口などの行動につながる情報を一覧で掲載している「新型コロナウイルス感染症の最新状況」( )にアクセスできます。

Next

新型コロナの感染事例を地図で確認 ニュースアプリNewsDigestが「クラスター」対策の新機能公開

こうした人的資源を効率よく生かしてもらいたいところだ。 「感染事例が報告された場所の情報」マップ提供開始 このマップはJX通信社が、企業や自治体等によって感染事例が報告された場所の情報を集約・整理して地図上に表示したもの。 このため、多くの自治体や企業により、感染者の出入りのあった店舗や事業所等の情報が公表されています。 どのような取り組みが行われているのか、具体例を紹介したい。 近所で感染事例が報告された場所や「クラスター」の情報を地図上でピンポイントに確認できるように 報道ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役 米重 克洋 以下 「当社」)は、新型コロナウイルス感染者の利用等の事例が公表された場所の情報を地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を開始しました。 ・新型コロナウイルス、LINEで何ができる?: LINEでは、新型コロナウイルスによる皆さまの生活のなかの不便を解消できるよう、様々な施策を実施しています。

Next

JX通信社、新型コロナウイルス感染症の国内外のリアルタイムな感染者数データのAPI提供を開始 | Biz/Zine(ビズジン)

自然言語処理や機械学習といったテクノロジーでリアルタイムにニュースを届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。 <『BROWN感染予防スタンプ2』 を期間限定で無料配布> 本日、2020年4月28日から5月25日まで、LINE公式アカウント「LINE 新型コロナ情報」を友だちに追加すると、「BROWN&FRIENDS」のブラウン、コニー、サリーが新型コロナウイルス感染症の感染予防策を呼びかけるスタンプ第二弾、『BROWN感染予防スタンプ2』(全8個/1セット)を無料でダウンロードできます。 新型コロナウイルス感染症 日本国内の感染状況マップ 厚生労働省と全国自治体の発表をもとにまとめ、随時更新している最新感染状況はNewsDigest特設ページで公開しています。 同アプリを巡ってはプライバシーが侵害されるとの懸念の声が上がっているが、政府は位置情報など利用者の個人情報は収集されないとしている。 NewsDigestアプリ内では「新型肺炎」特設タブにある「新型コロナウイルス感染状況マップ」のページより「感染事例が報告された場所の情報」のマップを開くことで、ユーザー様の お住まいの地域やお勤め先の周辺における、感染事例が報告された場所(施設)の情報をチェックすることが可能です。 無用な風評被害などを防ぐため、消毒済みなどの対応が明らかになっている場所については、その旨も明記しているという。 また、情報はあくまで自治体や企業から公に発表されたものを用いることで、個人情報を送信せずに接触リスクを把握できる仕組みとなっております。

Next

新型コロナ感染場所の最新状況をまとめた地図アプリは、AIと人間が24時間体制で更新している

政府のIT担当部局には専門の人材が多く、平副大臣のようなIT通のリーダーもいる。 ヤフーのプレスリリース抜粋 ヤフーとの提携により政府が狙うのは、検索ワードと位置情報をかけあわせて、コロナ対策に有用なデータを導き出すことだ。 関連サイト• 企業向け緊急情報サービス「」(PC対応)でも確認可能。 兵庫の3カ所が1番多く、続いて緊急事態宣言を発表している北海道をはじめ、愛知、千葉が2カ所。 現在はSNS緊急情報サービスでシェアNo. iPhone 版 :• また、近隣の企業や施設に対する根拠のない噂やデマ・フェイクニュースの拡散、風評被害の原因にもなっています。 詳細は下記をご参照ください。

Next

スマートニュースで新型コロナ感染者数のリアルタイムデータの配信開始

政府は4月に入り、新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向けたITの活用を担う「テックチーム」を設置し、コロナ対策に先端技術を生かす試みを本格化させている。 arcgis. 「NewsDigest」とは? NewsDigestは、ニュース速報や地震・災害速報、鉄道情報といった生活に必要な情報をいち早く届けてくれるニュースアプリです。 結果、各社のサービス利用者に最新で正確な情報提供ができるようになるという。 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーでリアルタイムにニュースを届ける、新しいかたちの報道機関を目指しています。 政府としては、実証実験を通して個人情報漏洩の懸念を払拭しつつ、早期の実用化、普及を目指したい考えだ。

Next

海外で出回る「コロナ接触偽アプリ」の悪質手口

社員の約半数をエンジニアが占めています。 なお、アプリ内の同機能で使用するGPS位置情報は、ユーザーが任意でボタンをタップした時点でのみ使用するため、いわゆる「追跡アプリ」とは異なる。 [JX通信社] 外出自粛の緩和に向けて、約1,700ヶ所・延べ5,000人超に上る感染事例を網羅。 地方自治体の報道発表などに基づき、新型コロナウイルス厚生労働省対策本部が集計した速報値に基づくもので、随時更新されるという。 Q 個人情報が漏れることはないか? A アプリは氏名や電話番号など個人情報の入力は不要。

Next