2020 年 十五夜。 2020年の「十五夜」はいつ?由来やお供えするものは? | ガジェット通信 GetNews

2020年の十五夜・中秋の名月はいつ?ピークの時間や方角も調査!

十三夜のお供え物は、月見団子、すすき、栗や豆など。 十五夜のお月見団子は、地域によって異なりますが数が決っています。 十五夜は雨の場合も多いですが、十三夜は晴れることが多いことから、「十三夜は曇りなし」ともいわれ美しい月が見れることが多いです。 十三夜のお月見は、 「後 のち の月」とも呼ばれ、丁度旬の時期の栗や豆をお供えするので 「栗名月」「豆名月」といわれることもあります。 神様にお供えした食べ物なので、縁起の良い食べ物となります。

Next

十五夜は満月とは限らない!? 2020年はいつ? 十五夜の意味とは?

十五夜の月見が盛んになったのは、平安時代。 旧暦は月を、新暦は太陽を基準としているのです。 以下に 2020年~2025年までの旧暦9月13日がいつなのか紹介しておきますので、参考にしてくださいね。 では、 満月の日が十五夜にあたる確率はどれくらいなのでしょうか? 気になったので、9月・10月の満月の日を調べてみました。 主に新潟県の佐渡や長野県の北安曇郡などでそのような占いが行われていたとされ、その地方で呼ばれる別名です。

Next

2020年の十五夜はいつ?お月見の風習やおそなえ、歴史について紹介します

十五夜は旧暦の8月15日のことを指しますが、これを新暦では月遅れの9月15日と勘違いしている方が多いようです。 2016年は9月15日だったのに、2017年は10月に入ってからで2018年は9月24日、2019年は9月13日でした。 このような、 泥棒しても無礼講だという風習は全国にあります。 一方、日本では旧暦9月13日の月(十三夜)も美しいとされ、十三夜もお月見をするようになったそうです。 ただ、十五夜では里芋、十三夜では大豆や栗などを備える地域もあることから、 十五夜の月を「芋名月」 十三夜の月を「豆名月」「栗名月」 と呼ぶこともあるようです。 ではなぜお団子をお供えするようになったのでしょうか。 十五夜のお供え物は食べても良いのか 十五夜で飾ったお供え物は意外と豪華なので、食べたいという方も多いかもしれません。

Next

2020年のお月見はいつ?十五夜の意味や楽しみ方、お団子のレシピまで!

夫からの仕打ちに耐えかねて離婚を決意しますが、一人息子を失うことを怖れて離婚をとどまり、かつての初恋の男性と偶然再会するもその思いの内を伝えることなく別れ行く。 また秋の果物ぶどうに関しては、つるのあるブドウは神様のつながりが強いとされているのでお供えするのがおすすめです。 昔々あるところに、きつね、うさぎ、さるの3匹が住んでいました。 2020年を含めて、今後の3年間について調べてみました。 日本にこの風習が伝わった最初の頃、これはあくまでも貴族の風雅な趣味という意味合いが強かったのですが、江戸時代に入ると徐々に一般庶民の間にも浸透してきました。 引き手の人たちは、手拭を頬被りにして、ふんどしという姿です。

Next

2020年の十五夜は10月1日

老人から元の姿に戻った帝釈天は、そんなうさぎを見て「その姿を月に残してあげよう」と、うさぎの亡骸を月に送ったと言われています。 昔の人の営業戦略は、日本の企業経営の源流ともいえますね! 十三夜の別名とは 十三夜にはいくつかの別名があります。 ) 旧暦では、 新月の日を1日として、1ヶ月が始まりますので、15日と満月が一致していました。 ここまで十五夜に食べる食べ物はお団子とご紹介しましたが、お供えに使う里芋や丸い芋を食べる地域もあるそうです。 ちょうど涼しくなってきた時期に、澄んだ夜空に浮かぶ満月を見上げてお月見!なんて風流を感じるのも、たまにはいいものです。 十三夜の頃は栗や豆の収穫期なので「栗名月」「豆名月」という異名も。 監修:三浦康子 和文化研究家。

Next

2020年の十五夜はいつ?十五夜と満月の関係やお祭り、レシピをご紹介!

十五夜では団子を15個お供えします。 2020年10月29日(金)• 2021年:9月21日• 6日の誤差があるためです。 スポンサードリンク 十五夜と満月がずれる理由とは 十五夜とは、満月の夜のことを表し、旧暦の15日のことを言います。 月見団子はいつ食べる?お供え方法は? お米を主食とし米文化が根付いている日本の行事には、餅や団子が欠かせません。 2020年:10月1日• 包丁の刃を芋の中央に当てて、芋をぐるりとまわして浅く切れ目をつけます。 2019年は9月13日でしたが。 さらには丸いもなか・月ウサギをモチーフにしたねりきりを食べたりもします。

Next

十五夜2020年はいつ?今年のお月見は満月でない!?

十五夜の風習 一般的に「お供え物」に手をつけるのはマナー違反と考えられていますが、十五夜に関しては子どもはお供え物をとって食べてもOKと言われています。 秋の七草の由来は、万葉集に収められている山上憶良(やまのうえのおくら)の2首の歌と言われています。 十五夜の食べ物とは 十五夜の食べ物は冒頭で書いたように「団子」があります。 九州地方には、この日みんなが集まってお祭りをするところもあります。 Contents• かつて中国から伝わった祭事で、平安時代から貴族の間で十五夜に月を見て歌を詠んだり宴を楽しむ風習ができました。 通常、高さは1~2mですが、温かい沖縄などでは常緑になり、5mにまで達します。 昔収穫をした時に里芋をお供えしたことから、芋名月ともいわれているので、食べ物が団子に反映されているのかもしれません。

Next