ホンダ 初 売り 2020。 【祝!】ホンダが2020年日本自動車初期品質調査(IQS)で初の総合No.1評価!2020年JDパワージャパン調べ

ホンダ初の量産EV「e」今秋国内発売、「街乗りスマホ」で勝負

また、ウインカーインジケーターを左右独立点滅とするなどして視認性も向上した。 。 また、シートとドアの表皮のメランジ調のファブリック、ブラウンのシートベルトやダウンライト式のLEDルームライトにより、上質でモダンなリビング空間を演出しています。 搭載されるe:HEV駆動モーターは、最高出力113kW(約153馬力)、最大トルク315Nmとなり、3リッターV型6気筒並みの大トルクを発生。 価格は標準グレードが451万円、アドバンスが495万円。

Next

新車の格付け、ホンダが初の総合No.1獲得!|2年連続トップのダイハツを抜きトップに(画像ギャラリー No.1)

ホンダとしては未知のピュアEVだけに販売現場にとっても難しいモデルだが、台数を追うのではなく長期的な視野をもった「売り方」ができるかも成否の鍵を握る 【証言1:首都圏ホンダカーズ営業担当者】 電気自動車といえども扱う車種が増えることは、お客さんとの商談機会が多くなるので歓迎したい。 リッドは触り心地がよく美しい全面ガラスとし、シンプルで美しいデザインとしました。 駆動方式は後輪駆動で4輪独立サスペンションを採用。 後輪駆動でバッテリーは床下に敷き詰めるレイアウトから前後重量配分も50:50を実現。 5kWh)については、街乗りで必要十分としてWLTCモードで283kmを実現。

Next

2020年ホンダ新型「レブル500(REBEL500)」が登場! 4灯LEDでクールさを増した

5ドアハッチバックレイアウトで、コンパクトで丸っこくキュートなエクステリアデザインを採用。 これによってシティコンパクトのキャラクターを強調している。 二輪車も主力市場の東南アジアなどで販売が減速した。 車両本体価格は350万円程度の設定となりそう。 街なかの狭い駐車スペースでも安心して駐車できるよう、駐車支援システム「ホンダ パーキングパイロット」をホンダ車で初搭載。 また、語り掛けに対してキャラクターが7つの表情で反応したりするなど、クルマへ愛着がわくような仕掛けも用意されました。 先進技術を搭載したeを欧州に続いて日本でも投入し、ブランド力向上を図る。

Next

ホンダ初の量産型EV『ホンダe』発表、未来を見据えた“街乗り”のこだわり[新聞ウォッチ]

発売は2020年10月30日で、価格(消費税込)は、451万円から495万円です。 リアのコンビランプもフロントに合わせて丸型デザインで個性的な形でまとめている。 ホンダのEV「Honda e」の前席。 初の量産EV、10月末発売 小回り重視、自動で駐車 ホンダ ホンダは27日、新型の小型電気自動車(EV)「ホンダe(イー)」を10月30日に発売すると発表した。 100台当たりの不具合指摘件数をスコア化した。

Next

新車の格付け、ホンダが初の総合No.1獲得!|2年連続トップのダイハツを抜きトップに

特に、インドやインドネシアで新型コロナの感染が拡大して、販売が大きく減少したのが響いた。 また、最小回転半径は約6mの片側1車線の道路でもUターンできる4. ホンダeのディスプレイで魚が飼える!? さらに、クラウドAIによって音声認識と情報提供をおこなう「Honda パーソナルアシスト」を搭載。 また、コンパクトなボディでありながらも、ゆとりあるドライビングポジションを確保した。 さらに、NORMALとSPORTのふたつの走行モードやシングルペダルコントロールなど、ドライバーの好みやシーンに合わせた走りの設定を可能としました。 「二輪はグローバルで見ると、われわれの主要市場であるインド、インドネシアのコロナ影響がなかなか厳しい状況で、収束にはまだ時間がかかると思う。

Next

2020年ホンダ新型「レブル500(REBEL500)」が登場! 4灯LEDでクールさを増した

雨天時でも雨が付着したサイドウインドウを通さず、モニターで鮮明な映像を確認することができ、安全運転に貢献します。 なお、レブル250で追加された「S EDITION」タイプのラインナップは今回見送られた。 portrait-tablet-and-below• above-portrait-tablet• だが、日本やヨーロッパには導入されなかった。 narrow-browser-and-phone• 2車線の道幅があれば切り返しなしでUターンできる。 航続距離が200kmということは近くに買い物や用足しで出かけるくらいしかできない。 後付けで装着されるカメラは、フロント、左右ドアミラー、リアの4カ所になるが、通常後付けでは純正のような取り付けにはならないことが多く、いかにも取り付けました感が強くなる。 親しみやすいシンプルかつモダンなデザイン エクステリアデザインは、円を基調としたシンプルでモダンなデザインとした。

Next

なにこれかわいい!! 登場直前ホンダeに集まる期待と募る不安

スイッチ類を極限まで減らすことで、シンプルなデザインと人に優しい操作性を実現しました。 スマホでエアコンなどを操作でき、AI(人工知能)を用いたコネクテッド技術で情報サービスなども提供する。 ヘッドライトはLED4灯で個性を主張し、アメリカンマッスルカーのカスタム車を思わせるクールないで立ちに。 世界初の量産車標準装備となるサイドカメラミラーシステムは、170万画素の高精細カメラを採用しました。 landscape-tablet• 30分で約80%の充電が可能な急速充電装置も設定する。 バッテリー容量(35. さらに専用アプリでスマートフォンをデジタルキーとして使用できるとともに、国産車で初めてパワーオンまで行うことを可能とした。

Next