新型 インフルエンザ 2020。 流行しないインフルエンザ 新型肺炎と関係?専門家は… [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

インフル患者、前年から6割減 新型コロナで予防浸透|【西日本新聞ニュース】

ニューヨーク・タイムズ紙は1月上旬から、「今シーズンのインフルエンザシーズンは悲惨になる可能性があるとCDCが警告」とする記事を掲載していた。 抗体陽性率は東京都で0. 聞き慣れた病気だし予防接種もあるではないかと、インフルエンザは軽く見過ごされがちだ。 2020年に話題を集めている「」 中国発 は、人類にとって免疫がないため広範囲に広がるおそれが大きいのですが、致死率はそれほど大きくはないといえそうです。 それ以外の人も、流行しているウイルスがある病気の人や高齢者が重症になりやすいといったことがわかれば、その病気の人や高齢者を優先するというように、よりリスクの高い人から接種されることになります。 コメント欄でのご指摘を受けて、まとめの表現を見直しました。 ・・・ それから全人口検査も、わざわざ病院に無理やり人を集め感染(コロナに限ら ず)の機会を増やすだけであり、本末転倒もいいところです。

Next

インフルエンザ昨年比400万人減 新型ウイルス対策と暖冬の効果か

感染した人全員を把握して、ウイルスが広がらないよう対策を進めます。 何度も繰り返されていて、次も起こると考えておく必要があります。 もちろん死者の急増で医療が追い付いていないため平時なら治せる患者が治せないという理由もあるでしょうが、そもそも イタリアでは"まだ"千人あたり1人しか感染していないのです。 感染被害の実態より、むしろ、こうした不安で体調を崩して、持病が深刻化する人もいるのではないか。 「数十年で最も深刻なものの1つになりつつある」という大流行がすでに始まっていたのだ。 同じく死者は24000人 で今シーズンのアメリカのインフル死亡者のやはり10分の1ほど。

Next

死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜ

自分が言ってるんじゃないっと説明放棄と責任回避をしてから論を始めるところがうまいですね。 ・・・・ いずれにせよ、TVのコメンテーターはもちろん感染症の専門家と呼ばれる方々でも、その多くが、 直接原因としての致死率と、 統計的に高度な処理を行って得られる超過死亡率(新型コロナではまだ算定できていない数値)とを 混同しているように思います。 だが、今シーズンのピークは今のところ昨年12月末で、全国約5千の医療機関から報告された患者数の平均は23・24人。 数に開きがあるのは、「インフルエンザでは、罹病ケースを完全に監視することは不可能なため」という。 ・・・(これは空白の代わりです) それって結局、コロナがバカ騒ぎするほどの脅威でないってことですよね。 わざわざ 率先して感染爆発を引き起こすようなことはすべきではないのです。

Next

「新型コロナウイルス」流行の陰で インフルエンザ「米国で死者1万人」日本は大丈夫?: J

ワクチンは、優先順位を決めて接種されることになっています。 はたして、新型コロナは騒ぐほどのものではないのでしょうか。 新型肺炎コロナウィルスの場合は効くワクチンが今の所ないため、免疫力が低い高齢者や持病を持っている方は新型コロナウィルスに対抗しきれずに死に至る確率が上がってしまうということになります。 私たちができる策は例年行う、インフルエンザの予防を徹底することでもあると言えるだろう。 スウェーデンも日本にならえとしようとしているが賢い選択である。 そして、もし日本で自粛要請を解除したら、ヨーロッパの後を追うことになるでしょう。

Next

インフルエンザ昨年比400万人減 新型ウイルス対策と暖冬の効果か

・・・・ <インフルエンザの流行状況(大阪大学病院)> ・・・・ 他方、超過死亡率概念を用いた場合には、 「とにかく季節性インフルエンザが直接の死因とは限らないが、 きっかけになったにすぎない場合もすべて含めて統計的に致死率を仮に算定する」ので、 どうしても直接原因としての致死率よりもかなり大きな数字になってしまいます。 ただ、その数値はベースラインや閾値(いきち)を大きく下回っている。 なお、2002年に大流行したSARS サーズ や2012年に韓国を中心に広がったMERS メーズ も同じコロナウィルスの一種でした。 そんなに長く幸運が続くとは思えませんが、続いたとしてものピークがずっと先になるだけで、収束(あるいは終息)するまでには何か月、あるいは何年も続くことになります。 すでに上記で触れましたが、若者の致死率が低いといっても0. 社会を強く規制した中国と韓国くらいしか回復していない感染者数(Active Cases)を減らせていないのです。 肺に疾患のある人にとっては強いかも知れない。 また、本来、報道すべきことがおろそかになっている弊害もあろう。

Next

live.tonton.com.my : 原因不明のウイルス性肺炎、中国・武漢で感染者続出 新型ウイルスか

多数の感染者を出しているニューヨーク州のクオモ知事が「数万の人工呼吸器が必要」と訴えていました。 アメリカでインフルエンザが猛威をふるっている現状について新型コロナウイルスよりも大きく報道されないのは次のような理由が可能性としてあるようです。 インフルエンザのシーズンは例年に比べて6週間は短縮されている。 ただ、現状では、新型コロナウイルスは国内では広まっていないとみられる。 何も止まらず生活や経済は動いている。

Next