5 月 植える 野菜。 野菜の種まき【時期は?種まきカレンダー 一覧表

家庭菜園初心者に最適! 5月に植える野菜5選【畑は小さな大自然vol.77】

小松菜・水菜・ほうれん草、お味噌汁・サラダ・炒め物など 色々な用途が出来る野菜ですので、是非栽培してみてください。 【番外編:ずっと採れ続けるもの】 アスパラガス 一旦植えると、 10年近く収穫できると言われています。 ピーマンは7~11月。 苗を植える際には十分に水をあげるようにし、それ以降は極力水やりをしないようにします。 【タネ蒔き】= 春蒔きの場合は3月・夏蒔きの場合は7月~8月上旬。 苗は一番花が咲いているものを選び、できるだけ茎や葉が太くて丈夫そうなものを選びます。 タネから育てるなら、ビニールポットに2粒ずつ蒔き、発芽して育ちがよいほうを残して1本に間引きます。

Next

【おすすめの春夏野菜(難易度付き)】です! ‐初心者向け、簡単にできる家庭菜園‐

発芽適温は25〜30度とかなり高めです。 また、オクラは実一つにつき下葉が一枚付いています。 主枝を支柱に誘引して紐で結びます。 2月は人参やジャガイモを植えはじめてもいいようですよ! でもやっぱりにんにく植えとくべきでしょ!!ww どんだけすきやねん!っと突っ込まれそうですが、手間が 掛かりませんからね。 発芽したら、よい芽だけを育てて苗にします。 カブはある程度保存がききますので、春蒔きの中で時期を分けて植えることは考えていません。

Next

初心者におすすめ!プランターでできる簡単な家庭菜園10選

ニンジンは、植えてしばらくが少しだけ面倒です。 収穫できた実の一部を種に回すことで、新たに購入することがありません。 昔ながらの伝統野菜は品種改良された現在の野菜に比べ、気温や日照不足といった気象条件にデリケートであったり、病害虫に弱かったりで育てるのが大変難しいからです。 ですが最も問題となるのは、アブラムシやコナジラミなどの害虫の発生です。 苗の植え付け時期:5〜6月ごろ 収穫時期:7〜10月ごろ 種まき・植え付けのポイント ピーマンも種からでは初心者には難しいので、苗を買ってきて植えましょう。

Next

家庭菜園初心者に最適! 5月に植える野菜5選【畑は小さな大自然vol.77】

収穫期が長いので、追肥と水やりをしっかり行ってください。 【わき芽かき】=下から5節めまでの、わき芽はかきます。 初期費用:100円前後 《時期》• とはいえ、せっかくの休み全て使うのではなく、3日程度の午前中のみでOK。 苗でも植え付け可能です。 赤く実ってきたら食べ時です。 間引く時は残すカブの根が動かないように押さえて抜くか、ハサミで根元から切りましょう。

Next

初心者におすすめ!プランターでできる簡単な家庭菜園10選

低温でも元気に育つ野菜もあるんです。 冬の間長期間の収穫が楽しめるのは株立ち型ですので、基本的に家庭菜園ではこちらをオススメしています。 トマトは茎が高く伸びるので、深めのプランターを利用してください。 ポットの中で根がグルグルと巻きついて固まっている場合は、ほぐしてから植えましょう。 湿気に注意 イチゴは比較的育てやすい野菜ですが、土の水はけが悪かったり、風通しが悪い環境だと、カビなどが原因で病気になってしまうことがあります。 いよいよ本格的な家庭菜園シーズンですので、気になる野菜の植え時期を逃さないように、本表をぜひ活用していただければ嬉しいです。

Next

5月に植える野菜の様子や収穫できたもの【畑の恵み】

行灯(あんどん)を設置して、ウリハムシ対策を キュウリを植えると特に発生しやすい害虫がウリハムシというオレンジ色の虫で、葉を食べます。 かいわれ大根 プランター菜園 都会に住む方にとって、最も手軽な家庭菜園の方法、それがプランター菜園です!ベランダのちょっとしたスペースで栽培できるのでマンションに住んでる方、お手入れが面倒な方におすすめです。 底が深いプランターならベランダでも十分に栽培できます。 【支柱立て】=茎のそばに1本まっすぐ支柱を立てて、茎と支柱を紐で8の字に結んでください。 「 ばらまき」はその名の通り細かい種を畝にばらまき、その上に手やふるいを用いて覆土します。 収穫は8月から10月にかけてです。

Next

5月がチャンス!子どもと一緒に野菜を育てよう

もちろんこの間引き菜も食べることができます。 そのような野菜達を日本の気候にあわせて成長させたり発芽させたりするわけですから色々矛盾も生じてくるわけです。 種芋を4-5月を目安に植えつけましょう。 残った時間は草むしり等に費やしてください。 直根系野菜全般にいえますが、移植は根を痛め、変形根の原因となるため、必ず播種はプランターへの『直播き』とし、ポットからの移植などはしないようにします。 スケジュールというものは頭の中で描いても混乱してしまうものですが、一覧表やカレンダーにしてしまうと一目瞭然で非常に便利です。

Next