Nba 通算 得点 ランキング。 NBA歴代通算得点ランキング プレーオフ通算ではレブロン・ジェームズが歴代1位(現地2020年3月11日時点)

レブロン・ジェームズまたも記録更新!通算得点NBA歴代1位も射程圏内

NBA2019-20シーズンが開幕し、各チーム5〜6試合を消化しました。 通算リバウンドランキングが"23位"というのは、ブルズで3連覇を共に成し遂げたジョーダンの背番号と一緒であることも、奇妙な一致である。 6) 251 9370 7 カール・マローン 4761(24. 現役時代にどこまでアシスト数を伸ばすかはもちろん注目だが、引退後に指導者としてリーグに帰ってくる姿も今から期待したい。 4) 179 7474 3 カリーム・アブドゥル・ジャバー 5762(24. 2022-23シーズンのレブロンは38歳になる年だが、今までのレブロンのコンディションを考えると、ぎりぎり第1線で活躍しているだろう。 ・レブロンはキャリア11シーズンで平均シーズン2106点。

もっと

現代では考えられない NBA通算リバウンド数トップ2の平均リバウンド数は?|【SPAIA】スパイア

レブロン・ジェ ームズ、引退の頃には通算得点数で歴代1位を狙えるのだろうか? 歴 史を塗り替える瞬間はいつか? まずは、NBA通算得点ランキングの上位10名と得点数をみてみよう。

もっと

レブロンが1位を独走、2019-20シーズン終了時点でのNBAプレーオフ通算得点ランキング

2Kでやっと100点取れるかなって感じですよね、はい。 5) 190 7538 16 ダーク・ノビツキー 3663(25. 平均的にNBAの試合終了時のチーム得点が100点前後なので、一人の選手がほとんどの得点をあげたことになります。 もっと日本でNBAが、バスケットボールが広まるように、面白い記事を書いていきますので、他の記事も読んでいただけると嬉しいです。 また、キャリアの平均得点でみてみると、ジョーダンとチェンバレンの2人のみ30点を超えている。 以下が2019ー20シーズン終了時点でのNBAプレーオフ通算得点ランキングだ。

もっと

レブロンが1位を独走、2019-20シーズン終了時点でのNBAプレーオフ通算得点ランキング(バスケットボールキング)

Latzke, Jeff 2010年4月15日. 1プレーヤーとして呼び声高く、35歳の今もなおトッププレーヤーとして活躍し続ける レブロン・ジェームズの1試合最高得点は「61点」です。 若年記録は2009-10シーズンのケビン・デュラントの21歳である。

もっと