曹洞宗 般若 心 経。 【現代語訳】摩訶般若波羅蜜多心経

【現代語訳】摩訶般若波羅蜜多心経

もし「大本」の内容を知りたい方は、『般若心経』の訳本として古典のような不動の存在となっているをご一読されることをオススメします。 『般若心経』が「空」を説く理由はそこにあります。

もっと

『般若心経』を現代語訳するとこうなる

この故に空の中に色なく、 受・想・行・識もなく、眼・耳・鼻・舌・身・意もなく、色・声・香・味・触・法もなく、 眼界もなく、乃至、意識界もなし。 無眼界。 ですから知らないといけません。

もっと

【仏教解説】曹洞宗とは?歴史や教え、お経など

曹洞宗も仏教ですから、坐禅だけでなくお経も念仏します。 また、玄奘訳に「色不異空 空不異色/色即是空 空即是色」という有名な一節がありますが、サンスクリット語の大本などにはこの前に「色性是空 空性是色」などと訳される部分があって、三段階の説明となりました。 法なる離欲尊に帰依したてまつる。 「素人が唱えてはいけない」と不安な方には、「唱えると霊が寄ってくる」という言い伝えを聞いて心配な場合もあるでしょう。

もっと

般若心経とは?専門用語を使わない和訳と、その意味

私たちが生きる今では科学技術や社会制度が発達し、当時の苦しみのうちのいくつかは解消させることができるようになりました。 勤行を全部行う余裕の無い場合は、声に出して十辺の念仏「十念」を唱えます。 だからこそ、空であることには、形あるものは存在せず、感受作用・表象作用・形成作用・識別作用も存在しない。

もっと

名言・格言『般若心経』+ 開経偈、懺悔文、三帰戒文 一覧リスト

「伝光録(でんこうろく)」 お仏壇の飾り方 お仏壇の中央に、ご本尊の釈迦牟尼仏をまつり、向かって右に高祖承陽大師道元禅師を、左に太祖常済大師瑩山禅師を配して「一仏両祖」の三尊仏形式としてまつります(一仏両祖を一本とした、三尊仏の掛け軸もあります)。 「プラジュニャー(パンニャー)パーラミター」を「般若波羅蜜多」と音訳しているのは、これが固有名詞と考えるべき特別な智慧だからです。 坐禅中に読誦することが多い。 勤行を全部行う余裕の無い場合は、仏前に座り、合掌・礼拝をする。 本来、「真言」は経典や 仏の智慧を心の中に呼び起こして保持するための言葉です。

もっと

【現代語訳】摩訶般若波羅蜜多心経

三世諸仏は。 これらを知識として理解したところで、それは何も理解していないのとほとんど変わらない。 何卒宜しくお願いいたします。 依般若波羅蜜多故。 菩提薩埵依般若波羅蜜多故。 。

もっと