バフセオ 添付 文書。 バフセオ錠150mg の添付文書情報

バフセオ錠150mg の添付文書情報

カルシウム・マグネシウム・鉄などを含むもの<牛乳、乳製品、バジル、海苔、ひじき など>. 4). OAT3の基質となる薬剤(フロセミド、メトトレキサート等)〔16. <適応> 腎性貧血。 人により副作用の発生傾向は異なります。

もっと

アセリオ静注液1000mg

7. 造血には鉄が必要であることから、鉄欠乏時には鉄剤の投与を行うこと。 低反応性の症例は全体の10%程度とのこと。 用法用量における注意点• HIF-PHD阻害薬は、低酸素(酸素欠乏 で生じる生理学的作用と同様に、骨髄での赤血球産生を促すことで腎性貧血に効果をもたらすとされています。

もっと

バフセオ錠300mgの添付文書

<赤血球造血刺激因子製剤から切り替える場合> 通常、成人にはダプロデュスタットとして1回4mgを開始用量とし、1日1回経口投与する。 以後は、患者の状態に応じて投与量を適宜増減するが、最高用量は1日1回600mgまでとする。 投与48週及び52週の平均ヘモグロビン濃度が目標範囲内の被験者の割合は、バダデュスタット群71. HIFはVEGF(血管内皮細胞増殖因子)の活性化にも関与しているため、眼関係の副作用(例:や網膜出血)が気になるところでしたが、審査報告書 5 には以下の記載がありました。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 HIF-PH阻害というあまり耳慣れない作用機序の薬剤ではありますが、問い合わせがあっても落ち着いて対応できるようにしておきたいですね。 保存期及び、腹膜透析を含む透析期どちらの腎性貧血でも使用可能なのが、このバダデュスタット〈バフセオ錠〉ということですね〜 先ほど紹介したロキサデュスタット〈エベレンゾ錠〉の適応、効能効果は 「透析施行中の腎性貧血」。

もっと

バフセオ|田辺三菱製薬 医療関係者サイト Medical View Point

【透析患者】 通常、成人にはダプロデュスタットとして1回4mgを開始用量とし、1日1回経口投与する。 ただし、臨床試験では網膜出血を発現するリスクの高い患者(未治療の増殖糖尿病網膜症、黄斑浮腫、滲出性加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症等を合併する患者)を除外していたこと、また、本薬は HIF 経路の活性化を介して血管新生を亢進する可能性が考えられることから、これらの網膜出血を発現するリスクの高い患者に対しては特に注意して投与するよう添付文書で注意喚起するとともに、網膜出血の発現状況は製造販売後も引き続き情報収集し検討する必要がある。 消化性潰瘍のある患者[症状が悪化する恐れがある]。 本剤のOAT3阻害作用により、これらの薬剤の血漿中濃度が上昇するおそれがある。 警告 エベレンゾ バフセオ ダーブロック (共通) 本剤投与中に、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓等の重篤な血栓塞栓症があらわれ、死亡に至るおそれがある。 本剤の投与開始前に、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓等の合併症及び既往歴の有無等を含めた血栓塞栓症のリスクを評価した上で、本剤の投与の可否を慎重に判断すること。

もっと