アライ ラパイドネオ。 Arai 話題沸騰の新モデル ラパイドネオの公道ぶっちゃけレビュー。

Arai 話題沸騰の新モデル ラパイドネオの公道ぶっちゃけレビュー。

ネオクラシックならラパイドNEOだろ ヤマハXSR700はネオクラシックというスタイルのバイクだ。 このツーリングの際にも使用しましたが、 雨でも特に視界が悪くなる感じはしませんでした。 今回ラパイドネオのデザインに惹かれて試してみて本当に正解でした。 白黒の壊れた街は新しく生まれる価値観を意味しています。 メガネのテンプル(つる)が側面にあるスリットに意図せずとも誘導されてしまい、テンプルが耳に乗らない。 手に持った感じも決して軽くはありません。 通常のグラスファイバーよりも繊維密度を高め、引張り強度・圧縮強度ともに40%も高い特殊なグラスファイバーに、さらに改良を重ねた結果生まれたアライ独自の最新素材。

もっと

RAPIDE

笑 ジャーン。 はい、 バイクを乗り換えたので、その話はコチラで。 」「あのアゴ部のスリットが堪らない!」「待っていたかいがありました。 知人バイクのレストアが終わり寂しさを感じています。 アライ arai RAPIDE-NEO〈ラパイド・ネオ〉のかぶり心地 かぶり心地こそアライのヘルメットの自慢の一つです。 このつるんとした形、いかにも磨き甲斐がありそうです。 同じアライでもかなり違う。

もっと

RAPIDE

全体としては快適に使ってますので、しっかり使い込んでまたレビューでお伝えしたいです。 そのニーズに応える為に、初代から80年代風のデザインを多く採用してきた「RAPIDE」シリーズに今回白羽の矢が立ったと思われます。 『Arai』のステッカーも1カ所だけで、とにかく装飾を省いた形です。 いや、むしろGT-Airよりも広く感じるほど。 デザインの話です。 付与率確定までに付与条件が未達成となった場合、記載の付与率では付与されません。 ネジを少しなめてしまいました しっかり締めようとしすぎてちょっとナメてしまいました。

もっと

ARAI RAPIDE

注文したのはこの商品。 それゆえにSR400に乗るのをためらうほど、どちらのヘルメットも SR400の雰囲気をぶち壊す。 僕個人のラパイドネオの感想は、シンプルなデザインはどんなバイクにも似合いました。 頬パッド下側の空気の流れ(フリー・フロー・システム)を確保し、サイド部のエアースルーバイパスより負圧排気。 GT-AirとYJ-5の2つ体制の不満点は以下のとおり。

もっと

アライヘルメット「ラパイド・ネオ」2020デザイナーズシリーズ第3弾! いろいろなバイクに似合いそうな〈ビスタ〉が登場

ただ、モダングレーの佇まいもたまらなく格好良い。 その点、RAPIDE-Neoは メガネとの相性が良い。 また、アウトレットがもう一箇所あります。 ロックしたときの密閉感といったら、そりゃもう。 まあ本当にインナーバイザーに対するアウターバイザーという感じですね。 デイリーユースを狙って購入しただけに、メガネとの相性やシールドの軽快な開閉などストレスが少なく満足だ。

もっと

シンプルさがカッコいいヘルメット『アライ ラパイドネオ』レビュー

オカタケシ的な評価 ・ 見た目は スモークシールドを入れれば文句ナシ! その気になって捕まるなよ? ・ 街乗りと近場のツーリングならこれだね! ロングツーリングには向かないのでGT-Airを使います。

もっと

丸いキャンバスにデザイナーの力が爆発! アライヘルメット「ラパイド・ネオ オーバーランド」の発売時期が分かった! 大注目の2020年デザイナーズシリーズ第一弾

アライ arai RAPIDE-NEO〈ラパイド・ネオ〉のまとめ・総評 今回はハイエンドなビンテージモデル!アライのRAPIDE-NEO(ラパイド・ネオ)についてご紹介させていただきました。 ラパイドネオは頭全体で支えている感覚があるので長時間かぶっていても痛みを感じません。 今までのAraiのヘルメットと大きく異なるサイドのデザインで、これはこれで有りではないでしょうか。 これら技術によって、ライナにルートを設けても、強靭で粘りのある帽体と、アライの緩衝体一体成型技術により、スネル規格をもクリアする実力を有しつつ、シンプルなサーフェイスを維持し、高効率ベンチレーションを実現させている。

もっと

AraiのRAPIDE NEO(ラパイドネオ)を一週間使ってみた

簡素ではありますがシールドの面は保護されてます。 ご存知のようにアライのバイク用ヘルメットの特徴は、競技用バイクに提供していたことで、開発当初からから「フルフェイス」にウェイトを置いていた造りでした。 口の部分を空けていると風がかなり入ってくるので体感的に涼しく感じます。 そのかぶり心地の良さを、さらに向上させるために考案されたFCS(Facial Contour System/フェイシャル・コンター・システム)は、本来、頬部だけで支えていたシステムパッドを、『アゴ全体』含めて包み、安定させるという発想で開発された。 ご存知のように最近フルモデルチェンジされたバイクの中には、クラシカルなデザインになって市場に戻ってきているものも増えています。 Arai Rapide Neo そんな中、候補となったのが。

もっと