武漢 の 今。 武漢肺炎「元凶は中国がカナダから盗んだコロナウイルス」説を追う(北村 豊)

中国の科学者が暴露「新型コロナ、武漢ウイルス研究所で作られたという科学的な証拠を発表する」(WoW!Korea)

また、中国全体では8万4000人近くが感染し、死亡した人は4600人を超えましたが、この2か月余り、死者は増えていません。 「中国から重要産業と認識されている自動車などは工場がフル稼働し、それに伴い部品メーカーもフル稼働している。 中国政府は、湖北省の武漢で、新型コロナウイルスの感染が拡大したことを受けて、ことし1月23日に駅や空港などを閉鎖し、都市の封鎖を始めました。

もっと

今も新たな感染者、武漢封鎖を解除する中国の無謀 実態を隠蔽して「ウイルスに勝利」をアピールか(1/4)

新型コロナウィルスは世界中に大きな影響を及ぼした。 このうち、北京の元弁護士の陳秋実さんは、武漢で取材していて、行方不明となってから半年近くになりますが、両親らも沈黙を守るよう当局から圧力をかけられているとみられ、懸念の声があがっています。 これにより「武漢に行っても大丈夫」と考える人が増えたことが、人気旅行先となった理由の1つと考えられます。 現在の武漢の様子について31日午後、話を伺いました。 ウイルスが怖いので、今も外出しないようにしている人も多い」 市内の一部では感染拡大を防ぐため、現在も封鎖が続いており、娯楽施設や飲食店に加え、コンビニまでもが封鎖されているという。 作品の中で登場した武漢市民は、居酒屋オーナーや看護師、バイク便配達員、中学校教師など職業、年齢がバラバラだ。

もっと

今も新たな感染者、武漢封鎖を解除する中国の無謀 実態を隠蔽して「ウイルスに勝利」をアピールか(1/4)

当時に関しては「新型コロナの発病初期にも人間間の伝染証拠を発見し、上司にすぐ報告したが、黙殺された」と主張した。 Copyrights C News1 wowkorea. comで2位の上海ディズニーランドを押さえ、中国国内での人気観光地1位に輝いたのがこの黄鶴楼。 「武漢の人たちはそれだけ自分のことを伝えたい」と監督は感じた。 中国の統計をめぐっては、香港メディアが、「無症状」であることを理由に公表されなかった感染者が2月末の時点で4万3000人以上に上っていたと伝え、中国政府は今月1日以降、「無症状」の感染者の状況について、毎日、発表するようになりましたが、累計の人数は明らかにしていません。

もっと

武漢肺炎「元凶は中国がカナダから盗んだコロナウイルス」説を追う(北村 豊)

武漢に残ろうと決めた理由は?)僕は中国人の学生を面倒見る立場なので、(彼らを)ここにおいて帰ることはできないと思いました」 津田教授は、食料などは今のところ問題ないといいますが、20日間ぐらい大学から出ていないということです。 最初のクラスターが起きたとされる海鮮市場では、眼鏡問屋だけ営業再開していました。 4月、5月の新疆ウイグル自治区や四川省など景勝地へのチケットの予約が「Ctrip(携程)」などのネット旅行サイトで始まっている。 だが、そんなにうまくいくわけがない、という感触も、当然、現場の医療関係者、メディアは持っている。

もっと

「封鎖解除」武漢の今 中国在住、日本人駐在員が独占激白!「場所によっていまだに隔離が…」 (1/2ページ)

中国共産党機関紙、人民日報(日本語電子版)は、武漢の市民を「英雄的な人々」と称賛した。 そのうえで、国際的な調査チームの中国への派遣について「おそらく数週間後か、数か月後になると思うが、まだ非常に不確かな状況だ。 新型コロナウイルスを武漢ウイルスと呼ぶのは中国に対する外国の偏見だ」と話していました。 この中でベンエンバレク氏は、「新型コロナウイルスに最も近いのは、2013年に中国・雲南省のコウモリが生息する洞窟で見つかったウイルスだ。

もっと

海鮮市場が再開…初の感染から1年 「武漢」の今

中国の死者数の報告も最近は数人にとどまっており、終息が近づいているようにみえるが、ロックダウン直前まで武漢の駐在員を務め、現在は広東省で待機を余儀なくされている日本人男性は、武漢の現状についてこう語る。 これらの観光誘致キャンペーンも武漢への旅行の動機につながっていると推測されます。 政府のキャンペーンもあってか、観光客も連日のように中国全土から来ています。 さて、その1108万人もの人口を擁する武漢市の市街区から直線距離でわずか15キロ程の地に、エボラ出血熱のウイルスを含む自然免疫原性ウイルスや、その他新たに発見されたウイルスの研究を行う、中国科学院の「武漢国家生物安全実験室(National Biosafety Laboratory, Wuhan)」(以下「武漢NBL」)が存在するのである。

もっと