土佐 日記 門出 品詞 分解。 土佐日記『帰京』問題の解答

土佐日記門出男もすなる品詞分解

身分の上中下にかかわらず全員が、すっかり酔っぱらって、たいそう妙なことに、(塩がきいていて、腐るはずのない)海のほとりで、ふざけ合って(腐った様子になって)いた。

もっと

土佐日記『門出』(1)問題

藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。

もっと

土佐日記『門出』(1)問題

ある人々も え 堪へ ず。 1 「上・中・下」の意味を確認する。 とりあえず読者は、順番どおりに読めば、問題ないだろう。 「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳はこちら 問題はこちら 作者:紀貫之 男も す なる日記といふものを、 す=サ変動詞「す」の終止形、する なる=伝聞の助動詞「なり」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。

もっと

門出・土佐日記 現代語訳・品詞分解・読み方

藤原のときざねが、船旅であるけれども、「馬のはなむけ(送別の宴)」をしてくれる。 そういうのが、「結びの流れ」です。 ・地方の国司は都から遠くて人気がないが、その分、地方の豪族とうまくつきあって一財産を築いて帰国する。

もっと

土佐日記『門出』(1)問題

・ ある人 - 紀貫之。

もっと