忍 容 性 意味。 Weblio和英辞書

治験ナビ用語集 【忍容性(トレラビリティ)】

認容性ともいうようですが、あまり見たことありません。 薬物動態試験では、 薬物のクリアランスを評価し、 未変化体または代謝物の蓄積の可能性及び 薬物相互作用の可能性を予期することが特に重要です。 なんらかの徴候が起こってこないか、症状や疾患が発生しないかが確認されます。 これらにない場合は、米国のClinidcaltrials. ご了承ください。 臨床試験(治験)とは ・当サイトは積極的に日本で実施されている臨床試験情報(治験)を紹介していますが、臨床試験は効果や安全性を確認することが主たる目的となる場合が多く、確立されている治療法を示しているものではありません。 ここでの、 SBPとは、「 Systolic blood pressure」の略であり、収縮期血圧(最高血圧)の意味です。 略語と頭字語の最大のデータベースに STD の頭字語を記載することを誇りに思います。

もっと

悪性リンパ腫又は慢性リンパ性白血病(CLL)患者にデュルバルマブ単剤療法またはデュルバルマブ併用療法の安全性、忍容性、有効性を検証する第1/2相試験

STD は 安全な忍容性の線量 を意味します。 治験参加までサポートします。

もっと

忍容性

Grade 2 以上の手術合併症は6 例に認められた。

もっと

CDISC標準推進プロジェクト

デュロキセチンを一つの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と比較している11件(パロキセチン6件、エスシタロプラム3件、フルオキセチン2件)の研究(参加者総数3,304例)、 新規抗うつ薬と比較している4件(ベンラファキシン3件、デスベンラファキシン1件)(参加者総数1,978例)、 抗うつ薬としても使用される抗精神病薬クエチアピンと比較している1件(参加者総数453例)の研究を認めた。

もっと

悪性リンパ腫又は慢性リンパ性白血病(CLL)患者にデュルバルマブ単剤療法またはデュルバルマブ併用療法の安全性、忍容性、有効性を検証する第1/2相試験

次の図は、英語の STD の定義の 1 つを示しています: 安全な忍容性の線量。 ・オンコロが治験広告事務局を担っている情報はを参照ください。 それでは、みていきましょう。 代謝・排泄障害(腎・肝疾患)を有する患者、高齢者、小児、女性及び人種のサブグループのような部分集団における薬物動態の情報を得ることも考慮しなければなりません。 )を利用する行為は、原則として肖像権侵害となるが、撮影の必要 性、利用目的、その利用態様により肖像権が侵害される程度、被写体と当該写真ないし映像の利用者との関係等を総合考慮し、被写体たる肖像権者がその侵害を受 忍すべき範囲内にあるといえる場合には、例外的に許 容されるものと考えられる。

もっと

欧州の高血圧治療ガイドラインで降圧目標に「忍容性があれば」とあるが、この忍容性とは?

結論:術前化学療法を施行しconversion surgery となった症例でも安全に根治的切除術が施行できる可能性が示唆された。

もっと

悪性リンパ腫又は慢性リンパ性白血病(CLL)患者にデュルバルマブ単剤療法またはデュルバルマブ併用療法の安全性、忍容性、有効性を検証する第1/2相試験

多くの医薬品については、 薬物間相互作用の試験は重要です。 ただし、子宮頸部上皮内腫瘍、非メラノーマ性皮膚がん、乳管上皮内がん、外科的に治癒した前立腺癌( ではT1aまたはT1b)は除く 治験の実施期間 2016年5月から2024年6月 試験公開情報(詳細情報) ClinicalTrials. 残念なことに、デュロキセチンをごく少数の他の有効な抗うつ薬と比較しているエビデンスを認めただけであり、 一つの比較について少数の試験しか認めなかった(1件の試験しか認めなかった場合もあった)。 治験・臨床試験 &医薬品開発用語集 忍容性(トレラビリティ) Tolerability 解説 (薬物の)忍容性とは? 薬物の服用による 明白な有害反応(副作用)が、 被験者にとってどれだけ耐えうるか の程度。 今回のレビューで経済的アウトカムを報告した試験はなかった。 12 Key messages:How low should SBP be lowered? 対象と方法: 2009〜2014 年の期間に化学療法後に根治切除が可能となった10 例を対象とした。 The tolerability of the medical product represents the degree to which overt adverse effects can be tolerated by the subject. その中の忍容性がでてきそうなところを引用します。 症状が「軽度」であり、治療が必要と判定されるほどでなければ、「健常人」として、第1相の試験に参加することができるのです。

もっと

悪性リンパ腫又は慢性リンパ性白血病(CLL)患者にデュルバルマブ単剤療法またはデュルバルマブ併用療法の安全性、忍容性、有効性を検証する第1/2相試験

高血圧治療における忍容性 それでは、 高血圧治療に対する忍容性に関してはどうでしょうか? 調べてみましたが、降圧の治療に関して忍容性を判断する明確な基準はないようです。 これらは一般的に第1相より後の相で実施されますが、代謝と相互作用の可能性を検討する動物試験及び in vitro 試験の結果によっては、より早期に実施されることもあり得ます。 これらの薬力学的データは、後の試験における用法・用量の設定に役立つことがあります。

もっと