日本 学術 会議 へ の 人事 介入 に 抗議 する。 【動画】立憲・福山氏「 #日本学術会議への人事介入に抗議する 」

#日本学術会議への人事介入に抗議する X 菅政権

「言論人や学者がちゃんと戦い始めるまで座り込み続けるつもりです。 福山哲郎氏のツイート 「学問の自由」に対する気持ちの悪い政治の介入が明らかになりました。 この歴史をみてもわかるように、学術会議が改革を拒否して一貫して守ってきたのは人事の独立性ではなく、 内閣直属の政府機関としての権威である。 戦前・戦中の言論弾圧を振り返り、「今回の事態を座視できない」と、歴史学者らが提唱した抗議のネット署名は約14万人が賛同した。 この選挙方法では、私の所属学会はどうにもならないと思っていた。

もっと

#日本学術会議への人事介入に抗議する X 菅政権

学問の自由とは「研究と表現と教授の自由」を意味するが、学術会議の会員は名誉職で、仕事は年に数回の会合に出るだけで、報酬も日当だけ。 『一国の政権が、学問の自由に、あからさまに介入した』のです。 「傲慢(ごうまん)で不誠実だ」「表現の自由にも関わる」。 そうでなければ、ニーメラーの格言『…そして、彼らが私を攻撃したとき 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった』という未来が、遠からずやってくるはずです」 野党議員の失言は記者総出で批判も、菅の暴挙に沈黙するWebメディア さすがにその危機感も波及し、野党議員は追及を行い、大手新聞も報じ始め、WEBメディアもハフポストなどが報じ始めた。 その人選も、任命されなかった6人全員が「安全保障関連法に反対する学者の会」の賛同者で、そのうち2人が安保法制に反対する「立憲デモクラシーの会」の呼びかけ人、3人が民主主義科学者協会(共産党系)の元理事である。 まず、私の大学院生時代(1963-1968)の「日本学術会議法」による会員選出方法は、1949年の発足時のまま「公選制」(有権者登録をした個人が立候補し、選挙人名簿に登録されているものが選挙する方式)であったのだ。

もっと

「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」を発した映画人有志を代表し、映画監督森達也氏が菅政権に警鐘を鳴らす!~10.21 第7回「学術会議任命拒否問題 野党合同ヒアリング」

まわりの院生もみな有権者になるのが当たり前だった。 インターネットでは政府の姿勢を批判する投稿が相次ぎ、抗議の署名も日々増えている。 批判は文化人からも上がる。 一部の学者に気に入られるかどうかが重要な要素になっていないか?国会で明らかになることを望む。

もっと

【動画】立憲・福山氏「 #日本学術会議への人事介入に抗議する 」

そして、メディアも、BuzzFeedのような露骨なメディアはさておき、何が問題かも明確にわからないから、両論併記や伝聞だけの記事で、自社の意見がない記事が多い。 これが利権でなくて何だというのか。 詳しくは取材動画を御覧いただきたい。 拒否された「日本学術会議」推薦の新会員候補6人は以下の通り。 街宣、スタンディング、ポスティングで広めて下さい! (A4サイズ、カラー片面です。

もっと

【動画】立憲・福山氏「 #日本学術会議への人事介入に抗議する 」

問題は学問の自由でも人事介入でもない 学術会議は内閣府所轄の政府機関であり、その会員210人は非常勤の国家公務員(特別職)である。 占領軍が学術会議をつくり共産党が支配した 学術会議が設立された1949年は、日本がまだ占領統治のもとにあった時代で、その制度設計には占領軍が深くかかわっていた。 例えば社会政策学会は、「経済政策研究連絡会」という専門に区分された分野に所属して、いくつかの学会が所属し、各学会はその係り(「研連委員」と呼んでいた)を出しておき、「日本学術会議」選挙の時は、それぞれの学会総会で承認された候補者を出して、これまた各学会から選出された投票人を定められた数だけ送り出して選挙するというやりかたの時代が続いた。 次のツイートに続きます。 当時、私がいた大学院の全員加盟制の「大学院生協議会」の活動方針で、まず、「未来の科学を担う若き研究者われわれ」は、学者の国会といわれる「日本学術会議」の「会員選挙人名簿に登録」できるよう、「印刷された学術論文を持つこと」が大事なことだった。

もっと

#日本学術会議への人事介入に抗議する 69

里山の秋。 この数日、報道があふれ、ML等の投稿でPCも仕分けに大変で、途方に暮れるありさまであったが、そのなかで、こんなことが起きなかったら「日本学術会議」というのは、これまで多くの人にとっては遠い存在だったのだなと感じた。 が推薦した会員候補6人を首相が任命しなかったことに、学者や各界の文化人らの間で抗議の動きが広がっている。 1983年、「日本学術会議法」の一部が改正されて、会員の選出方法は、登録学術研究団体からの推薦に基づいて専門ごとの推薦委員会が選考することとなった。 ヒアリングの前半は、10月5日に「日本学術会議への人事介入に対する抗議声明」を発表した映画人有志22名を代表して、「A」「i-新聞記者ドキュメント-」などのドキュメンタリー作品の監督である森達也氏が出席し、声明発表の経緯、その意図などを次のように語った。

もっと

菅首相の「日本学術会議」人事介入に非難殺到、三浦瑠麗までが批判! 政府見解に反する人事強行は黒川検事長定年延長と同じやり口|LITERA/リテラ

これは明確な違法行為です。 この問題をめぐっては、美術や演劇、医師などの団体からも抗議声明が相次いでいる。 テロ行為に対抗するのに、通常の言語で対抗するわけにいかないでしょう。 学術会議の予算は年間10億円余りだが、今年度の科研費は2300億円、科学技術関連予算は4兆3000億円である。

もっと

チラシ『学術会議問題をスルーできない理由』( #日本学術会議への人事介入に抗議する )

今回は学術会議が推薦名簿を提出したのが8月31日、内閣府が99人の名簿を起案したのが9月24日ということになっているが、菅内閣が発足したのは9月16日。 学問に携わる人は、黙ってちゃいけない局面だと思う。 その後も内閣府の有識者会議が独立性を高めるよう提言したが、学術会議は改革を拒否したため、政府は2007年を最後に諮問しなくなり、休眠状態になった。 」と厳しく批判した。 そして金曜日に行われた野党合同ヒアリングでの内閣法制局の返答をみると、どうやら、違法であることを知りながら今回の人事介入を行っているようです。 定数を超える専門分野では、推薦人会議が開かれ、推薦人同士の話し合い、決選投票などで最終候補者が絞られ、会員に任命される仕組みだ。

もっと