川端 ぜんざい。 中洲ぜんざい (なかすぜんざい)

「川端ぜんざい広場」飾り山を眺めながら頂く甘ーいぜんざい最高

私も幼少の頃食べたことがありますが、その甘さたるや、こんなに甘い食べ物はあるのか?というくらい甘い。 店内の雰囲気 店内も外観に負けじと昭和な雰囲気。 甘い味のぜんざいとして長年多くの人に親しまれるも、最後の店主が1985年に亡くなってからは閉店。 犠牲者を思う川端の人々の思いが、形となって現れる2日間です。 投稿日: 2015年2月23日 カテゴリー: 川端商店街にある川端ぜんざい広場。

もっと

「川端ぜんざい」博多川端商店街の名物を食べてきました!

そしてどちらにも共通で、特筆すべきは氷のフワフワさ。 昭和の雰囲気を味わえながら、気軽に入れていいですね。 人気なのか結構待たされますね、広場の山笠や川を見に行っているとようやく番号を呼ばれました。 このルートを使えば、中洲川端駅〜川端通商店街〜キャナルシティ博多を楽しめます。 他では食べられないご当地グルメや福岡名物も揃っていて、地元の人に愛される老舗の商品をお土産に買って帰るのもいいでしょう。 ファンから復帰を望む要望が多く川端商店街で復活を果たしました。

もっと

川端ぜんざい広場

お店の横には博多川が流れています。 金時と白玉はどこだと思っていたら氷の中に埋れているタイプ。 これくらいの甘さで押さえておくのが良いですよ、これ以上やるともたれる。 ミルクぜんざい・・・600円• 男二人で行きましたがミルクぜんざいと宇治ぜんざいを選択。

もっと

「川端ぜんざい」博多川端商店街の名物を食べてきました!

氷ぜんざいもあります。 平日限定ですがランチメニューがあります。 大正初期、福岡市博多区上川端で創業した川端ぜんざい。 日が暮れてくると、夕涼みしながら博多山笠を見る人の姿も。 今回天気も良かったので博多駅から歩きましたが、真夏だと少しキツイかなと。 その結果、1994年に川端ぜんざい広場が開設されました。

もっと

【川端】川端ぜんざい広場でぜんざいを食しながら山笠を鑑賞す

内部は旅館のようになっていて、昭和レトロな雰囲気漂う不思議空間です。

もっと

川端ぜんざい広場の営業日と営業時間を要チェック!博多の甘味はコレ!

脇役ながらとってもいい仕事をしているのがこのたくあん。 時期を同じくして川端通商店街は不景気を迎えます。 5階の一角には住居として使われていた頃の様子を復元した部屋があり、見学できるようになっています。 危機感を覚えた川端通商店街は、活気を取り戻そうと甘い味で人気のあった川端ぜんざいの復活を模索。 旅行で訪れる観光客の多くも食べに来る人気店もあり、観光スポットとしても注目されるようになりました。 明月堂とのコラボ商品。 気軽に食べに行けて安くておいしい!というのが嬉しいところ。

もっと

ぜんざい広場

博多らしさが随所に感じられる魅力的な商店街は、博多観光に行くなら立ち寄っておきたいスポットのひとつです。 ところがそう思っていたのは、私だけではなく、博多の人は皆同じ気持ちだったのでしょう。 川原家の四姉弟、長女キク、長男甚五郎、二男平一郎、三男清蔵の丁重な仕事ぶりから生み出される強い甘味が評判となり、博多の庶民に親しまれ博多川端の名物と呼ばれるほどの人気を博していましたが、昭和六十年を最後に看板を下ろす事となります。 川端ぜんざい 数ある川端通商店街のお店の中で、最も有名なのが川端ぜんざいではないでしょうか? ここでは川端ぜんざいの歴史をお伝えします。 川端ぜんざいは食券制、ここで食券を購入。 2-2. Welcome to FUKUOKA! 川端通商店街へのアクセス まずは川端通商店街を地図で見てみましょう。 かき氷メニューは7つ。

もっと

上川端商店街振興組合

上川端商店街振興組合 理事長 武内 照臣. 期待を裏切らない、川端名物でした。 昭和 12年に創業し、創業から 80年以上続く老舗としても知られています。 この商店街は歴史ある博多職人の店が今でも多く軒をつらねる。 気づくと、川端通商店街への客足は遠のき、殺風景になっていました。 西鉄バス・・・キャナルシティ博多前から徒歩5分 ちょっと電車だと行きにくいところにありますね。

もっと