アーモンド アイ。 アーモンドアイ、世紀の一戦疾走「日本一強い馬です」:朝日新聞デジタル

JRAジャパンカップ、史上最強3頭をまとめて破る穴馬?アーモンドアイが苦戦する理由

アーモンドアイの活躍によって、出資金が24倍に膨れ上がったわけだ。 迎えたヴィクトリアマイルは新型コロナウイルス感染症の影響から無観客で開催された。 父ディープインパクトの最高傑作と言って差し支えない、史上3頭目の無敗三冠馬コントレイル。 実際に、G1・25勝とG1勝利数世界歴代1位を誇る豪州のウィンクスが誕生した最大の理由は、単純に豪州で開催されるG1の数が多いことが挙げられる。 このジャパンカップにおける騎乗についてルメールは「リズム良く流れに乗れたので、向こう正面では大丈夫だと思った。 そしてその子供とともに国枝調教師とルメールが再びタッグを組み、大舞台に立つ姿が今から待ち遠しい。 初年度(の種付け)はエピファネイアを考えています」と母としての展望を語った。

もっと

アーモンドアイ、ラストランへ 敗戦デビューから希代の名馬に―競馬ジャパンカップ:時事ドットコム

彼らは年間300本の万馬券的中を公約とし、実際に毎年300本以上の万馬券を的中。 アーモンドアイは1分30秒6(上がり3ハロンは出走馬中最速の32秒9 速度は65. 1番人気確実!アーモンドアイの買い材料と死角 「一番勝つ確率が高い馬」と聞かれたら、やはりアーモンドアイと答える。 つまり現役最後のレースであり、本気で勝ちに来ているわけではありません。 最も目立つのは「牝馬限定G1をカウントすべきか」という意見である。 そしてこの違いがレースにおいても大きな意味を持つのです。 シンザン記念から直行での出走で、実に3か月ぶりの実戦となった。 -前走の天皇賞・秋を振り返って 米本社長 道中はスロー(前半1000メートル1分0秒5)で最後まで脚を使い続けてくれました。

もっと

【ジャパンC】アーモンドアイでVのルメール、自身の年間最多タイJRA・G1・8勝目― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

ウートンを管理する調教師にいたっては、アーモンドアイに勝てるかと訊かれ、「アーモンドアイより先にスタートさせてもらうとか? 獣医師、装蹄師、牧場、トレセンの方々にケアをしていただいて、いい状態になっています。

もっと

アーモンドアイ、ラストランへ 敗戦デビューから希代の名馬に―競馬ジャパンカップ:時事ドットコム

2歳から3歳にかけては、フラフラと走りながらも勝つ姿にハラハラさせられた。 ジャパンCには無敗のクラシック三冠馬コントレイル(牡3歳、栗東・矢作)、同じく無敗の三冠牝馬デアリングタクト(牝3歳、栗東・杉山晴)の2頭が既に参戦を証明しており、現役最強馬の動向に注目が集まっていた。

もっと

「競馬史上、伝説のレース」アーモンドアイ、JC優勝でも“引退しなければならない”裏事情

スタート後、横に広がった先行争いから徐々に隊列が固まると騎手は前半はアーモンドアイをゆっくりと走らせ中団後方の外目に位置させた。 ジャパンカップで買うべき注目の穴馬を含めた、厳選馬連3点勝負の最終買い目。 また、今回獲得した124ポンドのレーティングは、2012年にが獲得した122ポンド を2ポンド上回り、歴代の日本牝馬では最高の評価となった。 馬名の由来は「美人とされる顔の目の形」。

もっと

アーモンドアイ、世紀の一戦疾走「日本一強い馬です」:朝日新聞デジタル

少しでもエラーが出たら、予定を変えるイメージでした。 マスコミの報道を見ると、この3頭に話題が集中していますが、ほかにも菊花賞を勝ったキセキやワールドプレミア、さらに日本ダービー馬のマカヒキや皐月賞馬のサートゥルナーリア、香港のG1を勝利したグローリーヴェイズ、昨年2着のカレンブーケドールなど、ハイレベルなメンバーが出走します。 理由として「ドバイ遠征における新たな環境への対応やレース後の体調などを精査した結果、凱旋門賞への挑戦は更に厳しい条件で臨むことになり、現時点において最良の選択ではないと判断した」としている。 今年はコロナ禍の影響で、公務員の冬のボーナスが10年ぶりに減少、民間企業でも全日空がゼロと報道されているように、多くの企業が苦境に立たされている。 第1回ジャパンカップは「7頭の外国馬vs. 牝馬三冠 [ ] 桜花賞パドック(2018年4月8日) 、の1戦目、に出走。 ほかの二強はどうか。

もっと