核 の ごみ 最終 処分 場。 日本の核ごみの最終処分場選定は、「政府と国民の対話の問題」

【図解・行政】「核のごみ」最終処分場の選定に向けた特性区分・全国(2017年7月):時事ドットコム

原発事故を起こした東京電力福島第1原発があるについては、「負担をお願いする考えはない」(世耕弘成経済産業相)として、候補地から外す方向だ。 (産経デジタル編集部) 提供:NUMO(原子力発電環境整備機構). これを受け、2007年1月に高知県東洋町が初めて処分地建設に向けた文献調査に名乗りをあげたが、同年4月には、住民の猛反対を受けて、調査受け入れを取り下げた。 科学的特性マップ~ 2017年に最終処分場選定の一歩として「科学的特性マップ」が公表されている。

もっと

日本の核ごみの最終処分場選定は、「政府と国民の対話の問題」

日本はこれまでこの再処理をフランスとイギリスに委託してきたが、残った廃液は放射性物質を閉じ込め扱いやすくするためにガラスと混ぜた「ガラス固化体」にしてから戻されている。 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• 来年の大学受験を目指し、学業と仕事の両立に励む好青年だ。 この日の講演には、文献調査を決めた片岡春雄町長からも「出席」という連絡があり、最前列に席が用意されていたが、会場に姿を現すことはなかった。 他方で、北に位置するがゆえに氷河の影響を大きく受ける地域なのである。 これに対して田嶋町長のリコール運動が起き、出直し選挙に打って出たものの、澤山氏に敗れて計画は撤回されたのだ。 「『来る』と予告をしておいて、ドタキャンですね。 高知県東洋町では、2006年3月に応募の書類を提出するも、NUMO=原子力発電環境整備機構から「町民に説明がされていない」などの理由で受理されず返却されていたことが、翌年の2007年1月中旬に明らかになりました。

もっと

小泉純一郎元首相、「核のゴミ」最終処分場建設の文献調査を受け入れた町で「日本では不可能」と講演

文献調査地区には、20億円の「電源立地地域対策交付金」が交付され、第二段階に進んだ場合には、さらに70億円が交付されることになっている。 そうなると、多分に再稼働不可となり得るので、政府は嫌がるだろうが。 騒動の発端は、片岡町長が「文献調査の応募を検討する」と突然表明したこと。 。 11月22日、福島県沖を震源とするマグニチュード7・4の巨大地震が起きた。 これを高レベル放射性廃棄物と呼んでいます。 電力業界では「道外で本命の自治体がある」 電力会社社員 とささやかれているが、原子力資料情報室の西尾漠共同代表は「北海道東部や東北の2地域を適地とする学者もいる。

もっと

小泉純一郎元首相、「核のゴミ」最終処分場建設の文献調査を受け入れた町で「日本では不可能」と講演

「300m以深の地下」の科学的・物理的特性が、何千~何万年もの長期に渡り安定!? 果たして、地震多発国の日本列島において、そのような最終処分地が見つかるのかどうか。 しかし、何せ、日本全国至る所で、活断層の存在が確認されている。

もっと

「核のごみ」最終処分場はどこにすべき?: pachamamaのブログ

議論広げることに意欲 寿都町の片岡春雄町長は2020年10月9日、処分事業を担う原子力発電環境整備機構(NUMO=東京)を訪れ、文献調査への応募書を提出。

もっと

核のごみ最終処分地探し 政府が「適地」マップを公開

使用済み核燃料を腐食しにくい長さ4メートルの容器(キャニスター)に封入。 火山や断層に近い場所は候補地には適さないとされている。 そもそも最終処分地に関する地元の同意が得られるまでも時間を要したが、得られてからも15年もの歳月をかけて、精密な地質調査やより安全な処分方法を検討していたことになる。 あらゆることで反対の輪を広げていきたい」 吉野氏。 自治体の応募による選定プロセスについても「国が『最大20億円渡しますよ』と、頬を札束ではたくようなやり方で、手を挙げさせるのはどうなのか」と述べ、反発しました。 11月13日の審議では、あたかも町議会がお墨付きを与えたかのように説明してきた町長が、訂正に追い込まれる場面もあった。

もっと

【核のごみ処分】東洋町の教訓生かされず|高知新聞

「いままでは地元の議員や有力者に会うことは秘密裏に行ってきたが、これからは活動を全国に堂々と発信できる。 議決をするのならば臨時議会など定例会にはからないといけない」 また沢村町議は、最終処分場選定の法律についても「民意が反映されない欠陥法だ」と問題視していた。 この手法は、同様の計画が進んでいるスウェーデンで考案された。 因みに、フィンランドで選定されたのは「オルキルオト」という地域。

もっと

日本の核ごみの最終処分場選定は、「政府と国民の対話の問題」

その町の名はエウラヨキ市。 期限内に決定するのが国の責務だ」述べ、最終処分場の選定を急ぐよう改めて訴えていました。 人類がいまだ手をつけられなかった核のごみ対策がようやく一歩前へと動き出す。 ただ、この際、再利用できない高濃度に汚染された廃液が残り、これをガラスを混ぜて固めたものが高レベル放射性廃棄物と呼ばれています。

もっと

核のごみを10万年保管するフィンランドの洞窟に潜って見たものは…

オルキルオト原子力発電所に隣接する最終処分場 だが、この悩ましい「課題」を世界に先駆けて解決させようと動き出したのが、北欧フィンランドである。 この類の問題は次第に街中が賛成派と反対派に二分されて険悪な雰囲気になってしまう。 計画の遅れは、すでに高レベル放射性廃棄物を保管している自治体との約束に影響しかねません。 調査に応募した場合、国が3年前の2017年に、調査対象になる可能性がある地域を示した全国の「科学的特性マップ」を公表して以降、初めての自治体となります。 「科学的特性マップ」では、神恵内のほとんどの地域が「適地」にはふくまれず、わずかな適地にも巨大な施設の建設には向かない小高い山が連なる。

もっと