最後 の 一撃 は 切ない。 ニコニコ大百科: 「最後の一撃は、せつない。」について語るスレ 1番目から30個の書き込み

最後の一撃は、せつない。

『ワンダと巨像』は主人公の青年ワンダを操り、巨大な像と戦うアクションゲーム。 1,appendArrows:i t ,appendDots:i t ,arrows:! 巨大な敵との戦闘にはスリルや達成感が付きものですが、この作品ではそれと同時に"せつなさ"を表現しなくてはいけません。 がを飛んでがになったあとはが出て最初のに戻っている。 のにすぎないを操作し、より何十倍も大きな「巨像」によじ登って弱点を攻撃し倒すである。

もっと

【ワンダと巨像】最後の一撃は、せつない。 Part2

自分が巨像を倒すごとに生気を取り戻していくモノちゃんの様子を見て『自分がしてることは間違ってないんだ』と思って、自分自身が巨像化してることには気付いていたけど迷いはしなかったワンダ。 そして、最後の一撃は切ない。 ・それでワンダとうとう巨像を倒した後、ドルミンの思惑が明らかになってからモノちゃんが目覚めるまで、 スザルル変換が入った。 ドルミンのヒントも役に立たずですが、何と後ろに普通に回り込めました。 になってもあれは。 界のではのとを二分するとも言われ、モノが眠り続けているのもあってか一部ではだと言う人もいるほど。

もっと

「最後の一撃は、せつない。」故に重い

個人的には者の方にしても、とは違う「」が、確かにそこに存在しているのだと思います。 そうして弱点にたどり着くといよいよ攻撃ですがここでも我慢が必要です。 印的なー、のを余すことなく注ぎ込んだ、迫と静寂が同居するなど、見どころに事欠かない作品で、多くのに衝撃を与えた。

もっと

【ワンダと巨像】最後の一撃は、せつない。 Part2

ただし、弱点は複数設定されていることがあり、基本的に全ての弱点を攻撃する必要がある。 体がミンになったあとも半分で、意識が残っているから操作できる。 そのストーリーを支えるため、柔い光と荒廃感のある色味を使ったグラフィック、他に人がいない地というマップ構成や世界観、巨像を倒したときの演出、普段は無音で戦闘ではシーンによって切り替わる音楽といった、様々な要素があります。 それこそたどるは同じでも、お気に入りの本を何度も繰り返しめくるように、で気づけなかった、を知っていてすら引き込まれる作品そのものの魅を知ることもあるのでは? の方にも、の方のそうしたこだわりやみたいなものは伝わるんじゃないかと思うのですが。

もっと

【ワンダと巨像】最後の一撃は、せつない。 Part2

覚めたはがまだ見えない状態で手探りでを捜すがは姿が変わっていて、さあどうなるというところでに入っていくが、最後は仲よく二人でアに騎乗して走り去る、あるいは祠のから最初はアが出てきて次はが出てくるのら支え合いながら二人が出てくる、というもの。 「自分でやって見てごらん」 確かにそうするに値する驚愕のラストでしたね。 がアにするとアの今までの記憶がに流れて、そういうことだったのかとが分かるようにしたかった。 今だからこそ言えるがに関してはこうしたほいと思う部分もある。

もっと

【ワンダと巨像】最後の一撃は、せつない。 Part2

1,autoplaySpeed:3e3,centerMode:! スザルル変換すると倍切ない。 しがみついた時点で"溜め"は解除されるため、巨像の動きが落ち着く攻撃のチャンスをじっとうかがいます。 主人公・ワンダは敵である巨像に対して剣を使って戦うが、攻撃は体の一部にある弱点でなければなりません。

もっと

【ワンダと巨像】最後の一撃は、せつない。 Part2

だから一日中ずっとマンガ描きながら見てたんですけども。 体を形成するやが巨像で、あのはそこに流れる血液みたいな。 パズルとか苦手な私が!大変驚きですが。 巨像を倒したあとに聞こえるはのもので、内容はを引き止めるようなことを言っている。 操作のが悪いのは半分だから。 define ["jquery"],i :"undefined"! タイムアタック 後に挑戦できるオマケ要素。 を担当している おにこう 氏。

もっと

「最後の一撃は、せつない。」故に重い

最初に言っていたのは巨像は偶像で、偶像崇拝の対である。

もっと

ワンダと巨像とは (ワンダトキョゾウとは) [単語記事]

弱点に到達したら、を数回刺すことで巨像を倒すことができる。

もっと