コロナ デフレ。 まるで違うコロナ禍の経済見通し

コロナデフレの恐怖 :日本はここまで貧乏になった グラフで見る日本のデフレ=編集部

生産者にしても今日は売れないと見越して生産数を少なくして対応しようとします。 消費者も、感染リスクを意識して、こうした分野での支出を以前よりも抑制するだろう。 需要が旺盛であれば、多くの企業の利益が上がるのでむしろプラスに働く。 商品のクオリティとかサービスとか、外食業界が提供している付加価値の面から見てもそうです。 マネーの増加がインフレ率を高めるかは疑問 コロナショックは、日本と世界の物価上昇率を押し上げることになるのか、それとも押し下げるのか、ということがしばしば議論される。 需要の弱さが続けば設備投資を下押しし、潜在成長率を下げるとも指摘。

もっと

コロナとデフレで苦境の外食産業、生き残りのヒントは「新しい価値」

緊急事態宣言以降の影響は計り知れない。 たとえば、マスクや消毒アルコールなどの日用品は需要が高まり、原材料の不足による高騰もあって、高い値段で取引されています。 また、その間に失われる国民の所得(名目GDP)は、142兆円となる見通しだ。 そして、無制限の量的緩和や財政バラマキ政策は、金融市場を上昇させる資産インフレを起こすのではないでしょうか。 他のアジアの国と比べても、日本は外食の機会が少ない。 しかし、コロナ危機が終息した後は状況が一変するかもしれない。 これは増産やパニック的な買い占めの沈静化によって解消していくものだ。

もっと

商品先物取引|新型コロナからの回復後、世界経済はインフレそれともデフ…|フジフューチャーズ

需要の減少に賃上げの弱さが重なる これから先は物価を押し下げる要因が圧倒的に多い。 ・アメリカ……マイナス42% ・フランス……マイナス38% ・イタリア……マイナス37% ・ドイツ……マイナス34% ・イギリス……マイナス32% 消費者物価のほうは各国ともにもう少し影響が小さく平均してだいだいマイナス20%程度となっていますが、生活必需品だけ取り出してみても、確実に物価はデフレへと傾いていたことがわかります。

もっと

新型コロナが収束した後の日本がデフレになる可能性を解説

—— なるほど。 そのフォーマットが洗練されている。 その全盛期を一消費者として体験していると言える世代かもしれません。 この認識が国民に無い以上、インフレになることは、神様でもできない。 自粛経済を批判するホリエモンに共感する人はたくさんいますが、一定の結論が出て、みんなが「安全だ」と納得するまでは、やはり大勢に押し流されてしまうと思うんですよ。

もっと

コロナ後の経済はデフレでなくインフレになる

08%程度下振れる計算となる(コラム「」、2020年5月8日)。 実体経済は、V字ではなくL字回復がせいぜい しかし、悪化した分だけ、戻るという楽観的な予想はしにくく、10年前のリーマン~世界金融危機を超えるレベルになるとの見通しがメイン。 どういうゲームかというと、疫病になったつもりで全人類を滅亡させる。 各国が相次ぎ打ち出した大規模な財政・金融政策はインフレをもたらすとの見方もあるが、低インフレからの脱却をさらに難しくすると分析するエコノミストが多い。 コロナ後の経済は、インフレになるのか、はたまたデフレが続くのか。 現時点でインフレの兆しが経済指標に表れているわけではないが、後になって 振り返ってみると転換点になっているかもしれない、ということだ。

もっと

世界に広がる「コロナデフレ」の暗雲、鍵握る賃金と金融システム

それでも物価の基調は弱かった。 緩やかに金利が上昇する可能性 日本では「非伝統的」金融緩和が行われてきたが、ひどいデフレから脱却したものの、デフレマインドがなくなったとは考えにくい。 リーマンショックでは、日本を含む先進国のGDPが軒並み減少し、物価が下落した。 できるとしたら、改ざんだけ。 今回の新型コロナのように、何かしらの外的要因で経営が悪化したときに備えて内部保留を増やすべく、社員の給料を下げたりクビにする可能性があります。 企業が連鎖倒産しバタバタドミノだ押しのように倒産し、個人の所得は半分以下、リストラが徹底されて失業者だらけになります。 当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。

もっと

コロナデフレの恐怖 :日本はここまで貧乏になった グラフで見る日本のデフレ=編集部

3月の東京都区部は総合指数、生鮮食品を除く総合指数とも前年同月比プラス0. まず、今回のコロナショックの影響で経済全体が大きなダメージを受けましたが、消費者にとってみれば収入が減ったという点が最もインパクトの大きい点でしょう。 日本銀行元理事の門間一夫みずほ総合研究所エグゼクティブエコノミストは「デフレマインドを示す証拠の一つ」としてサービス価格の動向に注目している。 外食産業の市場規模は、1997年の29兆702億円をピークに縮小しています。 その結果、労働生産性上昇率、潜在成長率が高まれば、企業の中長期の成長期待が上向き、それが賃金上昇を通じて基調的な物価上昇率を高めることになるだろう。 5%下振れる計算になる。 新型コロナによるロックダウン(都市封鎖)からの回復はどうなるのか? コロナとの戦いは、長期戦で、続いていきます。

もっと

コロナ禍で近くハイパーインフレの危機…経済評論家が警鐘

もう、すごくよくできていて。 どういうことかというと、今回のコロナショックを機に、各国は例えば医療関連や生活必需品をはじめとしたモノを国内で自給しようとする。 市場の成長とは、すなわち「新しい価値を生むこと」だと思います。 それも本店からの「のれん分け」がほとんどで、外食業の社会的地位も低かった。 これって、まさに「利便」という新しい価値です。

もっと