ブラザース フォア。 The Brothers Four/ザ・ブラザーズ・フォア

プロフィール

担当はベースでユーモラスな低音で歌う。 しかし、この曲が実際にレコードとなり発売された記録はありません。

もっと

プロフィール

日本公演の日程が発表され、東京サンケイホール、京都会館第一ホール、大阪国際フェスティバルホールなど5日間連続のリサイタルで、当時は一日に二回の公演もこなすハードスケジュールだったことがわかります。 以来フォーク・ソングのポップス化が始まった。 「社会人」や「大人」ではなく「学生」と交流し相互理解をはかっていきたいというメッセージは、よく考えるとなかなか意味深いものがあります。 曲目リストは。

もっと

ブラザース・フォア

1962年公演のパンフレット(表紙) LP「SONG BOOK」アルバムの写真の流用です コンサートチケット(サンケイホール) これは席番が印刷されていない見本チケットの写真です コンサートチケット(大阪フェスティバル・ホール) 東京とは若干デザインがちょっと違っていますし、料金も安いですね サイケイホール座席図 残念ながら今は取り壊されしまいましたが ブラザース・フォアはこの初回と1964年、1965年で使用しました 1962年来日公演の与えたもの 1960年前後、米国にアメリカン・フォーク・ソングのブームが起きました 1959年 トム・ドゥーリー(キングストン・トリオ) 1960年 グリーン・フィールズ(ブラザース・フォア) 1960年 ドナ・ドナ(ジョーン・バエズ) 1961年 漕げマイケル(ハイウェイメン) 1961年 花はどこへいった(キングストン・トリオ) 1962年 500マイル(ピーター・ポール・アンド・マリー) ブラザース・フォアが初来日した1962年の日本の音楽の状況はまだその前夜という感じでした。 また新しい曲作りはもちろん、子供のための絵本を書いたり、小説を書いたりしている。 1960 Rally'Round• 1963 The Big Folk Hits - 米 56• 2ステージ構成だったのでしょう。 1960 "The Green Leaves of Summer" - 米 65, NOR 10• 」とボブは、グループについて語っている。 ボブ・ハワースはまで活動したが、その後にマーク・ピアソンが再加入した。

もっと

ブラザース・フォア初来日を辿って

そんな時代だったんですね。 曲目リストは。 ボブの芸能歴はとても永く11歳のときからだという。 1969 Four Strong Winds 出典・脚注 [編集 ] 1-904994-10-5• 経歴 [ ] ボブ・フリック Bob Flick 、ジョン・ペイン John Paine 、マイク・カークランド Mike Kirkland 、ディック・フォーリー Dick Foley の4人は、にので、(「兄弟」を意味するラテン語「frater」に由来する学生の社交クラブ)のひとつである の仲間として出会った。 1962 The Brothers Four Greatest Hits• 1965 "" - 米 91• 5月24日東京のライブハウス「バック・イン・タウン」での演奏曲目は。

もっと

プロフィール

Roberts, David 2006. Sony Music Entertainment Japan Inc. 写真とその説明(一番下の部分)です。

もっと