空 に 住む 舞台 挨拶。 多部未華子「いまだにどういう方なのか」青山真治監督との初タッグを述懐『空に住む』完成披露

多部未華子「いまだにどういう方なのか」青山真治監督との初タッグを述懐『空に住む』完成披露

(オフィシャル素材提供) 関連記事 ・ ・ ・. 両親の急死を受け止めきれないまま、大都会を見下ろすタワーマンションの高層階で愛猫と暮らし始める女性が、現実の中で葛藤しながらも未来へ向かって歩き出す姿を描き出す。

もっと

映画『空に住む』完成披露試写会と舞台挨拶情報

「難しい問題ですよ 苦笑 」 多部 、「岩田さんの風貌は誠実さがにじみ出ているので、大丈夫かなと思うけど、そうじゃないと怖くてセキュリティボタンを探しちゃう 笑 !」 美村 、「(映画の中は)見た目が岩田さんだから(大丈夫)だけど……」 多部 などなど、女性同士のトークに花を咲かせる。 演じるのは難しかったですが、現場でつかんで臨みました」と続けた。 最後に多部さんは「この映画のとらえ方は様々で、男女でも違うだろうし、いろんな見方があると思います。 美村さんは「頭を使いすぎても体を使いすぎてもダメ。 頭が疲れてるときは体を動かして、身体がぐったりしているときは、頭に何かを入れるようにすると整います」と語る。

もっと

STARDUST

また、小説の世界観とした主題歌を三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが担当していることでも話題を集めている。 なお、本作は第25回釜山国際映画祭 「アジア映画の窓」部門に出品されることも発表された。

もっと

映画『空に住む』(完成披露)試写会・舞台挨拶情報まとめ

自分がいいと思って、誰かに何かを迫ってはいけないなと思いました。 岸井は、大森南朋とのそばを食べるシーンでの共演を述懐し「(画として)湯気がほしいということで、熱々のそばを2人で食べたんですが、大森さんから近くのおいしいおそば屋さんのことを教えていただきました。 その花束を改めて贈らせていただきます」と映像メッセージが届き、ステージで花束を受け取った多部が「うれしいです。 その言葉に、「勿体ないお言葉です」としながらも、「これが岩田です!」と照れ笑いし、周囲を和ませた。 長年の相棒・黒猫ハルとの暮らし、ワケアリ妊婦の後輩をはじめ気心のしれた仲間に囲まれた職場、それでも喪失感を抱え、浮遊するように生きる直実の前に現れたのは、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則だった。

もっと

映画『空に住む』 10/4(日)完成披露舞台挨拶YouTube生配信決定!

彼との夢のような逢瀬に溺れながら、仕事、人生、そして愛の狭間で揺れ続ける直実。 イライラしたら宇宙の映画、落ち込んだ時は狭い世界の物語を選んで」と答え、その時の感情によって作品を選ぶという。 頭が疲れてるときは体を動かして、身体がぐったりしているときは、頭に何かを入れるようにすると整います」と語る。

もっと

多部未華子「いまだにどういう方なのか」青山真治監督との初タッグを述懐『空に住む』完成披露

公開1ヶ月前~1ヶ月後あたりは映画公式サイト や公式ツイッター をこまめにチェックして下さい。

もっと

映画 空に住む 舞台挨拶の演劇・ミュージカルチケット売買・譲ります|チケジャム チケット売買を安心に

一方、岸井は「青山監督は言葉の記憶より画的な思い出が多いんです。 もうひとり、出演シーンはワンシーンながらも重要な役割を果たしているのが、永瀬さんが演じたペット葬儀屋の男性。 それが青山監督の才能です」と監督を称える。 岩田さんが演じたスターのような人もよくいますし、多部さんが演じたああいう怖い編集者もいます」と断言し、これには登壇陣も笑い声をあげていた。 また、直実の勤める出版社の代表を演じるのは、作家の岩下尚史。 古民家をベースにした出版社での多部との撮影について「私が(撮影を離れて)多部さんとして接してるのと、役として撮っているのと差がないんです。 感謝ですね」と言って満面の笑みを浮かべた。

もっと

映画 空に住む 舞台挨拶の演劇・ミュージカルチケット売買・譲ります|チケジャム チケット売買を安心に

答えが出なくてもいいんです」とストレス解消の術を述べた。 美村さんは、過去に何度も共演している 鶴見辰吾さんについて「先輩ですが、鶴見さんのさわやかでいい人の部分と、この人、本当は裏で何してるんだろう?と言うところの両方が好きなんです。 脚光浴びるスター俳優で、直実と出会いを果たす時戸を演じたのが岩田。 (時戸のような男には)ついていかないほうがいいと思います」とやや困惑気味に語っていた。 私はいまはまだ経験していないけど、直実の行動力だったり、自分もそうなるのか?想像できない。 最初から好感があって自分に近いと思うよりも、もしかすると良かったかもしれないと感じました。

もっと