ネット 大衆 紙 ブルー カラー。 ブルーカラーとは?業界や業種、年収、ホワイトカラーとの給料、残業の比較

ブルーカラーとは?業界や業種、年収、ホワイトカラーとの給料、残業の比較

ブルーカラーの3K ブルーカラーの仕事を好まない方の理由の共通点として、 「3K」と呼ばれるものがあります。 もちろん、こうした仕事がすべてではありませんが、現場で作業をすることが多いブルーカラーにとっては、避けがたいものでもあります。 初任給 経団連が2019年に公表した「新規学卒者決定初任給調査結果」をもとに、技術系=ブルーカラー、事務系=ホワイトカラーとして学歴別に初任給を見ていくと次のようになっています。 1万円となっています。 建設業は大きく分けて2種類あり、道路工事やダム工事などの土木と、家やビルなどを建てる建築があります。 この記事では、ブルーカラーとホワイトカラーの意味や、新しく注目されつつある「メタルカラー」について解説します。

もっと

ブルーカラーとは?業界や業種、年収、ホワイトカラーとの給料、残業の比較

製造業におけるブルーカラーは高い技術力を求められるものから、マニュアル化された単純作業を行うものまで幅広くあります。 鉱業におけるブルーカラーの仕事は、採掘作業に携わるものだと言えます。 電気・ガス・水道業などのインフラ関連では3. AI(人工知能)を搭載したロボットなどを開発するといった創造的な工業技術者のことを指して、「メタルカラー」と呼ぶことがあります。

もっと

ブルーカラーとは?業界や業種、年収、ホワイトカラーとの給料、残業の比較

ただ、仕事内容や業務量によっては精神的な負担も大きくなってしまう傾向にある点には注意が必要でもあります。 年齢別に見ると男性の場合は20代で220. また、現場に赴いて作業するために、身体や服が汚れたりすること多いため「汚い」と言われるのです。 主に作業服を着て業務を行う作業員や技術者を指す言葉であり、そうした人々が青い襟の作業着を身につけることが多かったため、「Blue-collar workers」と呼ばれるようになりました。

もっと

ブルーカラーとは?業界や業種、年収、ホワイトカラーとの給料、残業の比較

ここでは、一般的にブルーカラーとされている業種について、それぞれ見ていきましょう。 ホワイトカラーは一般的にスーツを着用して事務所などで働く人のことを指します。 5万円となっています。 年齢別に見ると男性の場合は20代で226. 肉体的な労働よりも、精神的・知的・技術的な部分を使って働くといった仕事です。 ブルーカラーの仕事、業界・業種 一口にブルーカラーと言っても、実際にはさまざまな仕事や業種があります。 自分のライフスタイルとあわせて、どの業種であれば仕事と生活のバランスをうまくとっていけるのかを考える必要があるでしょう。

もっと

ブルーカラーとは?業界や業種、年収、ホワイトカラーとの給料、残業の比較

残業・労働時間 総務省が2015年に公表した「労働力調査」のデータによれば、1週間の就業時間が60時間以上の雇用者の割合は、運輸・郵便業18. 企業規模や業種によって初任給に違いがある面も見られ、企業規模が大きいほうが初任給も高くなる傾向にあります。

もっと