パトリシア ハイスミス。 楽天ブックス: キャロル

パトリシア・ハイスミス

トム・は、サスペンスの女王と呼ばれるハイスミスの小説に登場する人気キャラクターで、詐欺や殺人を行うアンチヒーロー。

もっと

パトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith)

彼女は。 で、当時もレズ小説っていうのはあったんですけど、大抵は男の読者向けのポルノ小説で。 『キャロル』 (赤江珠緒)ああっ、そうですか。 『美しい影』っていう。 (町山智浩)パトリシア・ハイスミスはそのカタツムリのセックスに取り憑かれていた人なんですけども。 Eleven 1970年. "The Two Faces of January"(『殺意の迷宮』)で賞()外国作品賞を受賞。 『 Die Zwei Gesichter des Januar』、ヴォルフガング・シュトルヒ+ガブリエラ・ツェルハウ監督、 Two Faces Of Januaryの映画化、日本未公開• 同時に神々しい幻視を見たかのように気持ちが高揚していった。

もっと

パトリシア・ハイスミス『キャロル』(今回の執筆者・柿沼瑛子)

『回転する世界の静止点 初期短篇集1938-1949』 宮脇孝雄訳、河出書房新社、。 何一つ決着がつかないまま、ぽーんと物語世界の外側に放り出された読者は、一体何に怒りをぶつけていいやら分からない。 彼女については、また後日。 その手作りの人形とかを新品で再現したりしてるんで、すごいですよ。 タブーだった。 (赤江珠緒)はー。

もっと

パトリシア・ハイスミス(Patricia Highsmith)

そこから悪夢の後半戦に傾れ込んでいきます。 1990年代にやから未訳本が多数刊行され、ようやくその全体像が理解された。 二人を待つ運命を、彼女たちはまだ知らない……サスペンスの巨匠ハイスミスが匿名で出した幻の恋愛小説、待望の本邦初訳。

もっと