ガンダム ログ。 エース・パイロットログ [U.C.編]|バンダイ ホビーサイト

ΖΖガンダム

「『すべて単なる省略表記である』というのが『思い込み』か」というのは書かなでいいですよ。 しかし、それらは「宇宙世紀以外の作品なのに、なんでガンダムが登場するの?」という疑問に答えるために作られた設定に過ぎず、どちらも同レベルであり、を無視してまで、コズミック・イラだけを特別視し、リストからも徹底して「ガンダム」を省いて設定を強調する必要性は感じられません。 4 紅の炎編」の執筆者だったとして、 「ガンダムSEED世界『コズミック・イラ』では我々(現実の人間)が『ガンダムタイプ』としている機体の名称には『ガンダム』と付かない」設定がないにも拘らず、目次・作例見出しにおいて「すべてのガンダムタイプ」の機体の名称に「ガンダム」と付けない理由がありますか。 MSZ-009H2• 何度か言ったと思いますが、『「型式+機体名+ガンダム」の表記は間違い』とは言っていません。

もっと

エイガー(Eiger)|エース・パイロットログ [U.C.編]|バンダイ ホビーサイト

一年戦争終結後も軍に残った彼は、のちにティターンズへと転属。

もっと

戦闘ログ

『ENTERTAINMENT BIBLE. 「ストライクガンダム」表記は冒頭のメカ紹介ページのみで、他の「ガンダムタイプ」はすべて「ガンダム抜き」表記です。 投票の是非や文案に対しての意見などをお願いいたします。 第34話では、ダブリン上空でのを撃破するとともに、「サンドラ」の左舷をかすめ出力低下を引き起こし、撤退させている。 また、ガンダムのネームブランドを使用している以上、劇中の設定に関わらず作品にガンダムは存在することになり、に従えば、やはり〇〇ガンダムと表記すべきだと思います。

もっと

エイガー(Eiger)|エース・パイロットログ [U.C.編]|バンダイ ホビーサイト

「ストライクEガンダム」もしくは「ストライクガンダムE」と記載されている公式文献はありません。 A、Bパーツそれぞれにジェネレーターや変形機構を搭載することで別個の戦闘メカニズムとしての運用を可能とし、効率的な展開能力を付与された。 これをコピー、Xのところを消したり空白のとこにそのMSのデータを入れるわけです。 「小説版00」での記載ですが「艦を守る僚機はケルディムだけとなってしまった。

もっと

戦闘ログ

さらになど、作中では仮面ライダーとつかない設定の平成仮面ライダーは、作中の表現にあわせて「」などの仮面ライダーをつけない名称で統一されていますし、作中には「アナザー」という呼称が存在しない「アナザーアギト」もそれにあわせて「」という表記でセクションがつくられています。 リストなどにおいては「 付けないことで統一したい」と考えています。 (MA)形態からMS形態へ移行する際、腕部・脚部の大口径ノズルは機体内部に格納される。 風の旅人さんは改めて議論をしたいということでしょうか。 模型ムック「機動戦士ガンダムSEEDモデルVol. 本作ではコクピットが全天周囲モニターととなっていた。

もっと

戦闘ログ

事情が分かっていれば別ですが。 28の用語解説「ガンダム」の項目において、「起動画面の頭文字を取り、キラが勝手にこう呼んでいる」、「軍ではGと呼んでいる」との記述があるので、「ガンダムSEED世界『コズミック・イラ』では我々(現実の人間)が『ガンダムタイプ』としている機体の名称には『ガンダム』と付かない」設定があるのではないでしょうか。 コア・トップと異なり、コア・ファイターなしでは運用できない。 89」も「ZGMF-X20A」さんでしょうか。

もっと

ECAP

ただし、の散布下では、長距離の通信に支障をきたすといった欠点もある。 たとえ小説版に出ていなくても、サンライズから公式に出ている「ストライクガンダム」という名が最初から存在しなかった事になる訳でもないのに。 BUILD MS IF設定では「ティターンズ復活を目論む悪の科学者の手によって蘇ったサイボーグガンダム博士Mk-IIが、奪取されたトライオン3の設計図から完成させ、機体から発生する黒ミノフスキー力を用いて心に傷を受けた自分の息子を搭乗させて治療しようとしている」とされる。 しかし、出典としてあるのは分かりましたが、小説や劇中のセリフ等からも「型式番号+機体名」が圧倒的であり、「型式番号+機体名+ガンダム」表記はほぼ見た事がない(今回の出典が初めてかもしれません)ですし、文章中に同じ機体名を複数記載する場合において「ストライクガンダム」はそのまま記載し、「ストライクフリーダムガンダム」は省略となると一貫性がありませんので、やはり支持するとなると1ですね。 抽象的な価値観を一方的に押し付けられるだけでは、納得なんて出来ませんよ。

もっと