アムロ ss。 暁 〜小説投稿サイト〜: 逆襲のアムロ: 1話 ガンダム起動 サイド7~UC79.9.18

【ガンダム・クロスSS】シャア「アムロ、それは何だ?」アムロ「アイマスだよ」

これは、アヤの屋敷で一方的に客人としてもてなされた事に対する遠慮も多分にあった。

もっと

もしも、CCAアムロが種・種死の世界にいたら

アムロは混乱した。 ジオングのを封じるために懐に飛び込んだアムロは、ララァを戦場に連れてきたことを責め立てる。 ラルの駆るを退けたものの、その口から「勝てたのは腕ではなくモビルスーツの性能のおかげだ」と指摘され、ここで初めて「あの人に勝ちたい」と、パイロットとして「生き残る」以外の意味を見出した。 ガンダムWの主人公ヒイロ・ユイがIS学園に潜入したらという壮大なクロスオーバーSSです。 MVPの発表」 アムロ「…毎回思うんだが、これ…発表しないといけないのか? 元々のテストは結果を文書にしたため、通信でジャブローへ報告できれば最低限良いことだった。 このことがクェス・パラヤは気に入らず、 彼女がネオ・ジオンへと走った要因の一つとなった。

もっと

もしも、CCAアムロが種・種死の世界にいたら

父が仕事で家を空けることが多いため、自宅では1人で過ごすことが多く、コンピューターや機械いじりが好きな内向的な少年に育つ。 宇宙世紀0093年3月12日、アクシズの防衛ラインを単機で突破し、シャアとの決戦では、サザビーとのMS戦だけではなく生身での白兵戦や舌戦も交えた激戦を繰り広げ、再びMSに搭乗して全ての武装を使い果たした後もガンダムの格闘攻撃でサザビーを圧倒し、これによってサザビーからシャアの乗るが放出される。 そして2期の話の進まないっぷりはすごかった。 ネタバレもあるので、あまり内容を知りたくない方は、これ以上ご覧にならないでくださいませ。 だが、このシャアのちっぽけなの顕れとも言える行為が、皮肉にも地球を救う鍵となる…。 ジャブローから再び宇宙に舞い戻ってからも、ドレン大尉率いるキャメルパトロール隊のを撃沈し、コンスコン機動艦隊との交戦では、敵艦隊擁する12機ののうち9機を3分で撃破した上に、の乗る旗艦チベまでも撃沈して見せた。 「でも何で、わざわざ僕を?」 「初めてモビルスーツに乗り込んでザクを撃破した、あなたの能力を買ってと言う事です」 「ジオン軍に協力しろって言うんですか?」 「嫌ですか?」 「ジオンは僕達のコロニーを滅茶苦茶にしたんだ。

もっと

アムロ「ロンド・ベル隊、抜錨!」 艦娘「了解」

少尉はああ言っているものの実際の待遇がどうなるかは戦争を幾度も経験したアムロには想像がつく。

もっと

アムロジ(amulogi)/『発送最速・最安値』無在庫”専用”倉庫

かつて敵対していた二人が、今度は共闘する立場となって再会するというファン歓喜のワンシーン。 でもね、アムロ。 また、この間にティターンズの残党が投入してきたを撃破しており、その残骸である頭部とが・コロニーへと流れ着くのだが、ここから先はまたである。 「なんだ、あの白いMSは曹長」 ザクのパイロットのジーンは新兵でデニムが教官として偵察任務に携わっていた。

もっと