花道 野方。 味噌麺処 花道@野方(お土産) : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

味噌麺処 花道

そんな父親が作ったクラブチームに所属して、いわゆる「監督の息子」という微妙な立場で(笑)、アイスホッケーに勤しんだと言います。 しかし、酒とタバコをどうしても止められず(笑)、24 歳でボクシングを辞め、ラーメン店の社員に。 ただ、その中毒性が何によってもたらされているのか、皆目見当がつかないのです。

もっと

味噌麺処 花道

そんなシンプルな食べ方こそが、「町のラーメン屋さん」にはふさわしいのです。 その理由はひとえに、冒頭にも記したような、何とも捉えどころのない不思議な魅力にあると言えるでしょう。 メニューはこんな感じ。 その夢が実現し、今まで応援、サポートして下さった大勢の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。 着丼するとまず、香ばしい味噌の香りが漂います。 庶民的な誰もが親しみを持つどこか懐かしい味がする味噌です。

もっと

店主挨拶

ちょうどその頃、ある麺と運命の出会いを果たします。 ただ、スープはかなり濃厚ではありますが、子供やお年寄りでも十分楽しめる口当たりの良いものに抑えられています。 その言葉に奮起した垣原さんは、「30歳までに自分のお店を出そう」と決意して、「純連」を後にしました。 聞いても聞いても、返ってくる答えは全て、ラーメンの教科書の1ページ目に載っていそうな、「普通」の極みだったのです。 最初は野菜増やせばよかったなと思いましたが、普通でも十分な量があるのと別盛りなのであれば要らないかなという気に。 「味噌麺処花道のおいしい作り方」付属。

もっと

「どこにもありそうだけど、どこにもない味」 東京を代表する味噌ラーメンの秘密に迫る 味噌麺処 花道(東京・野方)

濃厚な味噌の香りと共に「味噌ラーメン」が到着! 待つこと数分。 人通りも多くて活気がある野方の商店街に溶け込んだこのお店こそ、まさに理想形だったのです。 スープ割りもできます。 かねてからお客様との距離が近い、小さな「町のラーメン屋さん」を開くのが夢でした。 あちらのご子息だったとは。 そのままラップしてレンチンすると、温玉のせ風の担々おじやに。

もっと