血液 検査 基準 値。 血液検査・検査項目の見方と基準値

血液検査値の見方①凝固系

なんらかの炎症やガンなどで数が増加することがあります。

もっと

血液検査

*従来「GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)」、「GPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)」とよばれていたが、近年GOTを「AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)」、GPTを「ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)」に変更し、国際的な標準になりつつある。 バランスのとれた食生活を 肥満は糖尿病の大敵です。 したがって、肝臓に異常があった場合は、ほとんどの場合ALT GPT ・AST GOT 両方の数値が上がります。

もっと

健康診断結果の見方・読み方 検査値(数値)の説明や基準範囲について

検査結果のみかた 2018年5月 山梨厚生病院臨床検査室 <血液検査> 血液の細胞成分は、大きく分けると赤血球・白血球・血小板の3つです。

もっと

腎機能を調べる血液検査

高血糖(糖尿病型)の数値• 慢性甲状腺炎 橋本病 の診断の指標として用いられていますが、値が高いから重症、病気が進行しやすいなどを判断するものではありません。 基準値: 20~40秒 ATPPが異常を認める場合 延長 凝固因子欠乏症、血友病A,B ビタミンK欠乏症 肝機能障害、DIC、ヘパリンの投与 短縮 問題なし Dダイマー 線溶によりフィブリンが分解されて生じた物質のひとつ。 MCH pg 男 28 34. 血液検査・検査項目の見方と基準値 CPK(CK) クレアチンキナーゼ クレアチンキナーゼは 筋肉の収縮の際のエネルギー代謝に関与する重要な酵素です。 0 乳がんなどで高値となります。 逆に、「基準値以内」であっても、安心できないこともあります。 病気の疑いが相当に高く明らかに放置するべきでないときは、要精密検査あるいは要医療と判定します。 C型肝炎ウイルスの検出には、遺伝子診断であるHCV-RNAで確認が行われます。

もっと

検査項目の見方

コレステロールは血管の強化、維持に大切な役割を果たしています。 2% 高 糖尿病など 低 Na(ナトリウム) ナトリウムは体の水分調節を、カリウムは筋肉や神経の働きを、クロールは体内の各組織に酸素を供給する上で役割を持っています。 鉄不足以外の貧血には、悪性貧血(ビタミンB12の不足)、再生不良性貧血(骨髄での造血作用の低下)、溶血性貧血(赤血球が壊れる)、二次性貧血(胃潰瘍やがんなど他の病気による出血で貧血になる)があります。 に関する主なキーワードは「」「」「」です。 アルコールの影響で高値になりやすく、常習飲酒による肝障害の指標になります。 そこに脂質などがたまり、血管の内腔が狭くなることで、動脈硬化が進みます。

もっと

臨床検査値データ一覧|かわるPro

(腎不全でも高確率で高値となるため、腎不全の有無を勘案する必要があります。 上記以外にも多くの検査項目があります。 APTT 活性化部分トロンボプラスチン時間 30-45秒 血管内の組織中に存在する凝固因子の異常を調べます。 確認には遺伝子診断であるHCV-RNAを検査します。 女 0. 子宮頸がんや間質性肺炎や結核などの肺良性疾患、 食道がんなどでも高値となることがあります。 RBC 赤血球数 男4. グロブリンは細菌やウィルスからの感染を防いだり、血液の凝固因子、鉄や銅などを運搬する役目をしている蛋白の総称です。

もっと

肝臓の数値(肝機能数値)|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ

凝固系の検査値の見方 血小板数 PLT 血小板は、血管に損傷を受けると、損傷を受けた血管に集まって出血を防ぐ。 腎機能に障害があると、排泄量が低下して、血液中のクレアチニンの値が上昇します。 膵臓の疾患があると増加します。 CRE クレアチニン 男 0. 血中のLDL-Cの増加は冠動脈疾患の危険因子です。 便潜血反応 陰性 - 便の中に血が混じっているかどうかを調べ、胃などの消化管からの出血や大腸がん発見の手がかりになる。

もっと

病院で行う血液検査項目の基準値一覧

アルコール性肝障害の診断に特に重要な検査です。 AST GOT がALT GPT の数値を上回っているときは、、、アルコール性肝炎、心筋梗塞などが疑われます。 診断基準では男女とも7. 尿素窒素• 肝硬変 膠原病 慢性感染症 チモール (TTT) U 0. これらの臓器が障害を受けると、この酵素が血液中に放出され、濃度が高くなります。 反対にクレアチニンが低値の場合は、尿崩症、筋ジストロフィーなどの病気が疑われます。 この物質は赤血球の寿命である約120日は安定するため、過去4~8週間の長期間の血糖がうまく調整されているかどうかを知るために役立ちます。 インスリンが不足したり、インスリン抵抗性が高くなると、糖分がエネルギーとして利用されなくなり、血糖値が上昇します。 6 赤血球恒数:以下の3つの恒数を指します。

もっと

血液検査でわかることは?検査項目・基準値項目一覧表!健康診断

HCV抗体 0. 糖尿病の診断・病態把握、膵機能の診断に有用です。 ナトリウム(Na 通常、Na(塩分)の摂取量が減ったとしても、腎臓でNaの再吸収が促進されるため、低Na血症を示すことはまずない。 ともに貧血の検査です。

もっと