月経 不順。 月経困難症/月経不順/PMS|はなおかレディースクリニック

生理不順(月経不順)

ストレスやダイエットなどが原因であれば、まずその原因を取り除きます。

もっと

生理不順・月経トラブル|渋谷の西島クリニック

生理前はイライラしたり落ち込んだりしやすいから、「あまり忙しくしない」とか、「機嫌よく過ごす工夫をする」など、心と身体を労わるようにすることが大切です。 35日以上の月経周期、以前は順調だった生理が不規則になった、ニキビが増えた、毛深い、肥満傾向があるなどがある場合、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が疑われます。 例えば、月経不順の原因が、「高プロラクチン血症」という病気だった場合は、プロラクチンを抑える薬を飲みます。 月経が何となく不規則だなと思ったら、まずは基礎体温をつけてみることをお勧めします。 無排卵性の人、排卵していても不妊の人は治療の対象になります。 そして、初経(初めて月経になること)は 平均12歳ぐらいで、閉経は50歳前後で迎えるのが平均的です。

もっと

生理の悩み「月経不順」〜月経不順は婦人科で検査しましょう!

これはすべてストレスの原因であり、ストレスが溜まりすぎると月経不順になりますので、これらが思い当たる場合、これらを見直す必要があります。 将来的に出産を考えている、閉経が近いなど、ライフステージに合わせた治療が必要です。 月経周期は不順なことが多く、月経持続期間も短かったり長かったりします。 生理不順とはどんな状態をいうのでしょう? ずっと順調だったのに、前触れもなく突然生理が来なくなってしまった、間隔が延びていつ次の出血が始まるのか検討がつかない、あるいは、出血がダラダラと繰り返され、生理なのか不正出血なのかさっぱりわからないといったように、月経に関するさまざまな不安をお持ちの方は少なくはありません。 過多月経は、卵巣ホルモンの働きが異常になって起こる場合もありますが、子宮筋腫の重要なサインでもあります。 月経の量は? 月経血の中にレバーのようなかたまり(凝血)がまじっているのは月経血量が多い(過多月経)サインの一つです。 そのため生理から排卵までの期間が短くなり、基礎体温の低温期(卵胞期)が短くなりますが、排卵後の高温期(黄体期)は、この段階では変わらないため、周期が短くなるのです。

もっと

月経不順の原因とは?ストレスなど考えられる原因と治療について

つまり毎月子宮の中を大掃除しているようなものなのです。 立っていられないほどの痛みが現れることも多く、日常生活に大きな支障を及ぼします。 月経不順で悩んでいる方は、上記でお伝えしたような治療法があることを知っていただき、改めてご自身の身体と向き合ってみてはいかがでしょうか。 精神的肉体的なストレスは、この視床下部の働きに影響し、無月経や月経不順を起こすことになるのです。 こんな兆候があったら、ぜひ専門医を受診しましょう。 この場合、無排卵性か排卵性かに分けられます。

もっと