ウルグアイ ラウンド。 ウルグアイラウンドとは

ウルグアイラウンド合意前後の農政改革と政治情勢

加盟国は他の全ての加盟国に同等の貿易条件を与えること(最恵国待遇)、輸入品と国産品を同等に扱うこと(内国民待遇)などを原則としているGATTは、国際貿易のルールとして世界経済の発展に貢献しました。 当時はそのことがわからず、ウルグアイラウンドのときは対応を少し誤ったように思います。 したがって、米国は過去に同国で著作権が認められていなかった外国著作物に対しても著作権を認めなければならなくなるところであった。 立法の経緯 [ ] はウルグアイ・ラウンド協定法案を1994年9月27日にに送付し、議案としての同法案は、ではH. 事業総額は6兆100億円で,ほかに地方単独事業費として1兆2000億円が計上される。 レーガン政権時代には、 プラザ合意と言われる 先進5か国 G5 蔵相・中央銀行総裁会議にて、ドル安、特に円高ドル安へ誘導するということで合意しました。

もっと

RIETI

1955年に日本はGATTに加盟しましたが、農業にとって大きな出来事は93年に決着したウルグアイ・ラウンドです。 特に、2006年7月には貿易歪曲的国内補助金や鉱工業品他の関税引下げのレベル等を巡り意見が対立し、一旦交渉は中断しました。 ほとんどのミニマムアクセスによる輸入されたお米は在庫米となっており、食用ではなく、米菓などの原料として使われる用途として扱われています。 第8回 ウルグアイ・ラウンド(1986年 - 1994年)• おもな内容は,(1)農産物を原則として関税化することとし,6年間で平均36%,各品目ごとに最低15%の関税引下げを行う,(2)国内農業保護政策を,食糧備蓄,環境保全,災害対策,開発研究,基盤整備,生産と直接結びつかない価格支持などの〈緑の政策〉と,それ以外の〈黄色の政策〉とに分け,後者への支出を計量化したうえで20%削減する,(3)輸出補助金を削減する,の3点。 ウルグアイ・ラウンド協定法では、これらの対象となった著作物全てを「回復著作物」(restored works)として定義し、これらの著作物に認められた著作権を「回復著作権」(restored copyright)として定義した。 それだけWTOの信頼度が高いということを示しています。 政府は(1)に関して,1999年4月から米の輸入を関税化にふみきった。

もっと

ウルグアイラウンド合意前後の農政改革と政治情勢

輸出したい国とは主にオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、タイなどの農産物輸出大国です。 サービス分野やも交渉対象となった。 NIEは、アメリカ合衆国著作権局に提出され、一般に公開された。

もっと

ウルグアイラウンド:nikkei4946(経済ナレッジバンク)

輸入米がキロ約100円として、370円、中国産ですと約80円として296円ということです。 パネル(小委員会)報告の法解釈につき再審査を行う常設の上級委員会を設置。 Slavic and East European Information Resources SEEIR Haworth Information Press 4 1 : 75-101. 外国著作物の著作権回復に関する第1章第104A条 は完全に書き直されるとともに、海賊版と生演奏の録画を禁止した第11章が追加された。

もっと

RIETI

諸協定の統一的な運用の確保 附属する物品の貿易に関する多角的協定,サービスの貿易に関する一般協定,知的所有権の貿易関連の側面に関する協定,紛争解決に係る規則及び手続に関する了解等の協定を一括受諾の対象とし,加盟国の権利義務関係を明確化。 ラウンドとは多角的貿易交渉を意味します。 ミニマムアクセスとは事実上輸入禁止ともとれる高関税の品目を撤廃させる目的で、輸入実績が国内消費の3%以下の消費である品目であれば、決められた数量まで低い関税(1次関税)を、数量を超えた分については高い関税(2次関税)の適用を行う制度を指します。 しかし、これらは先進国が想定する投資ルールのごく一部をカバーするにとどまっており、包括的な投資ルールの策定に向けた交渉の開始が期待されている。

もっと

外務省: わかる!国際情勢 Vol.5 WTOドーハ・ラウンド交渉 ~自由貿易体制の共通インフラ強化~

その20条によれば、WTO農業交渉は新しく始まったのではなくあくまで継続で、ウルグアイ・ラウンドの延長として、さらに2001年以降も引き下げにつき議論する場である、というのが共通認識だと思います。 日本はコメについては国内価格支持政策をやめたことで、2兆数千億の保護措置が削減されたことになっています。

もっと