Ipad テキスト エディタ。 Textasticを超えたiPad用テキストエディタ「GoCoEdit」で快適プログラミング

【iPad×Apple Pencil】手書き文字のデジタル変換をフル活用して、効率的にノート・レポート作成する方法。「MyScript Nebo」&「MyScript Math」

さいごに テキストエディタアプリ『Bear』の紹介でした。 TextasticやGoCoEditなど、このジャンルのアプリは他にも色々あるので、しっくりくるものを探してみてください。 GoCoEditは「iPad版Sublime Text」 GoCoEditを一言で形容するなら「iPad版」が最も近いアプリ。 Macのテキストエディタに例えるなら、Textasticはかつて一斉を風靡した、旧世代のTextmateエディタ世代風のiPadエディタで、GoCoEditは最新の世代のエディタ。

もっと

iPad ProでTextasticを使ってみた

ほとんどの部分でTextasticを凌駕するGoCoEditですが、最大の弱点は知名度です。 これがあるおかげで、手書き文字とデジタルテキストが入り混じっている状態でもさほど違和感を感じずにスムーズな編集ができます。

もっと

iPadにおすすめのテキストエディタアプリ『Bear』の紹介【無料で使える】

GoCoEdit上でファイルを保存するだけで、Split ViewのSafariが自動でリロードされるので、HTML・CSSの編集にもおすすめできます。

もっと

新型iPadはライター専用機!文章作成アプリ(テキストエディタ)12選

iPadにおすすめのテキストエディタアプリ『Bear』とは? Bearは、多機能かつシンプルなテキストエディタで、iOS、MacOSでリリースされています。 僕はブログ記事を『執筆中』や『完了』、『ブログネタ』などで分類しています。 Bear:スクラップアプリ テキストだけでなく画像やWebクリップなどもどんどん保存して貯めておきたい場合は、もう少し高機能なスクラップアプリがおすすめです。 Baer有料版 有料版では 同期 HTMLに変換する機能があります。 カーソルを移動させるためのボタンを付けられるので、細かくカーソル位置を調整できます。

もっと

iPad Proでテキストエディタ Bear を使ってみる

8em;background:linear-gradient 0deg,rgba 0,0,0,. 1ヶ月150円もしくは1年で1500円を支払うことで有料版の機能を使用することができますが、ブログ記事を書く分には無料版で問題ないと思います。 特にCopiedは、 スワイプ操作だけで簡単にペーストが行えるため、慣れると恐ろしい早さで文章作成が行えるようにあります。

もっと

iPad用のおすすめテキストエディタ。私が愛用し続ける7つの理由

そして何よりシンプルなUIは、少し落ち着いてキーボードを叩くことができる。 画像挿入の方法は少し特殊で、下の「ツールバー」からコードを挿入します。 キーワード検索ができる テキストエディタアプリではおなじみの機能ですが、キーワード検索ができるのはやはり便利ですね。 あとは、 メモをPDF形式やHTML形式、JPG形式などで書き出せるメリットもあります。 ジェスチャー一つで細かい修飾ができる 下線を引いて変換すると見出しスタイルに 下線を引いたり円で囲ったりするだけで、変換後の書式を設定できます。 ユーティリティ• 原稿の提出をdocxファイルで求められるだけでなく、先方からの修正依頼や資料などもWordで作成されたものが多いため、ビューアー利用だけでもダウンロードしておきましょう。 今までは、「ショートカット」アプリで文字数カウントのオートメイションを使っていたので、下へ視線を落とせば現在の文字数を確認できるようになったのは嬉しいポイント。

もっと