エクセル ピボット テーブル 使い方。 【初心者向け】超簡単エクセルピボットテーブルの使い方(初級編)

【初心者向け】超簡単エクセルピボットテーブルの使い方(初級編)

どこに配置するとどこにどのような結果が表示されるのかがわかるようになったら、 フィールド リストから直接、ドラッグ アンド ドロップでエリアへフィールドを 配置してもよいです。 ピボットテーブルを使うメリットは何といっても集計の速さです。 大量のデータを集めた「単なるデータの集まり」をビジネスに活かすための集計表に生まれ変わらせることができるのです。 ピボットテーブルとは? 何ができるの? ピボットテーブルとは、 膨大なデータを集計したり、分析したりできるMicrosoft Excel(以下、Excel)の機能。 たとえExcelのソフトが入っていないパソコンでもインターネット環境さえ整っていればデータの集計や分析が可能です。

もっと

アンケート集計を効率化!初心者でもできるExcelピボットテーブルの使い方

[行ラベル] に配置されているので、1 つの行 横方向 に 1 つの商品名、というように 表示されています。 でも、なぜそうするのか? そもそも、ピボットテーブルをなぜ使うのかが、理解できていない。

もっと

【初心者向け】超簡単エクセルピボットテーブルの使い方(基本編)

なお、テーブルは標準状態の「セル範囲」に戻すこともできるので安心してほしい(方法は後述する)。 アウトライン形式:複数の項目が横展開され、階層的に理解しやすい。 タイトルバーにマウスを合わせて、ドラッグしてシート上へ引っ張り出しています。 また、機能も強化されているようです。

もっと

【初心者向け】超簡単エクセルピボットテーブルの使い方(初級編)

まずは、身近にあるデータを使って模擬集計をしてみましょう。 今回は列ラベルでいきます。 グループ化は「ピボットテーブルのフィールド」からではなく、ピボットテーブルのラベルを右クリックし表示されるメニューから「グループ化」を選択すると行えます。 ちなみに隣の[おすすめピボットテーブル]を押すと、エクセルが自動的にいくつかの形式のピボットテーブルを提示してくれます。 下記のようにピボットテーブルの元になっているデータが含まれているワークシートを表示します。 初心者の方は、とりあえずそのまま「新規ワークシート」にしておいて問題ありません。 シート上に作成のヒントが表示され、フィールドリストが作業ウィンドウに表示されます。

もっと

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

「ピボットテーブルのフィールド」のウィンドウで、「支店名」「商品名」の順に「行」欄へドラッグ&ドロップします。 さらに、左下の「表示形式」ボタンを押すと、 数値の表示方法(たとえば、カンマや小数点)を選ぶこともできます。 このような縦横集計のことをクロス集計と呼びます。 そうするとダイアログボックスが現れるので、 「レイアウトと書式」タブ内にある「更新時に列幅を自動調整する」のチェックを外します。

もっと