きくち ゆうき ツイッター。 「100日後に死ぬワニ」炎上まとめ 電通関与の証拠と作者の反論

101日後に炎上したワニ 評論家が指摘する後味の悪さ:朝日新聞デジタル

中には友だちであるネズミに殺され、翌日から『100日後にワニを殺すネズミ』が始まるという予想まで。

もっと

『100日後に死ぬワニ』“電通案件”ではない きくちゆうき氏&いきもの水野がうわさ否定

この辺のゾクッとする感じが、実は分かるのよ。 そのほか、きくちさんを装ったツイッターアカウントのダイレクトメール(DM)も広まっているといい、「たくさんありすぎて、もはや全てを把握し切れていません」と困惑する。 きくちゆうきにこれ以上心無い言葉が届きませんように。

もっと

『100日後に死ぬワニ』“電通案件”ではない きくちゆうき氏&いきもの水野がうわさ否定

これらの事実から、『100日後に死ぬワニ』の人気は電通によって作られたものだったのではないかと疑いの目を向けられており、今回2人がライブ配信で疑惑を完全否定したものの、現在もネット上では電通案件だったとして多くの批判が寄せられており、炎上状態が続いています。 それだけに悲しい」などと心境を語っています。 そして、これからも新しいエンターテイメントを提供していきます」とコメントした。 映画で冒頭に主人公が死ぬ場面を見せる倒置法的な演出を思い出しました。 本作は1日1話ずつ、毎日更新される4コママンガで、投稿開始時から、「主人公であるワニが100日後に死んでしまう」という設定が明らかにされていた。

もっと

『100日後に死ぬワニ』の結末、予想合戦が白熱。交通事故?別人?ど根性ガエル?

「みんなで止めよう」って言う奴が出てきちゃうの。 プロジェクトへの関与についても限定的だと強調する。

もっと

きくちゆうき(100日後に死ぬワニ作者)の出身地や高校大学はどこ?年齢や結婚・顔画像も紹介!

しかし、ランサーズの募集主は取材に「こういうニュースになっていて驚いております」と戸惑い、「作者様及び関係者様とは一切関わりはない状況でございます」と答える。 さらに、「いきものがかり」コラボ企画のクレジットをきっかけに、広告代理店「電通」がプロジェクト全体に関わっているとの噂もたち、「電通案件」がツイッターのトレンド入りした。 『5ちゃんねる』などのネット掲示板には、電通がこのプロジェクトに関与しているとの指摘が上がっており、その根拠としてコラボムービー『生きる。 もしグッズが中国製なら去年くらいから作ってたと思うな~。 漫画家きくちゆうきさんのワニの4コマ漫画はインスタやツイッターで無料見ることができることが判明しました。

もっと