メタ ネーション。 なぜ水素をメタンに変えるのか、高効率変化へ一歩前進 (1/2)

なぜ水素をメタンに変えるのか、高効率変化へ一歩前進 (1/2)

2013年から2018年にかけて、小安地域で計10坑、阿女鱒岳地域で計7坑の構造試錐井掘削による地熱資源調査を実施しました。 CO2削減効果は年126トン程度だ。

もっと

メタネーション:株式会社日立総合計画研究所

メタネーションは、水の電気分解による水素生産と、得られた水素とCO2からのメタネーションの2つの技術で構成されるが、再生可能エネルギー由来電力を用いる場合、電力価格が大きく影響する。 今回、メタン合成能力の大型化に適した構造を適用しており、事業所内で分離・回収したCO 2を用いた試験は世界初の試みです。 メタンは天然ガスや都市ガスの9割程度を占める成分であり、既存のエネルギーインフラ(都市ガスのパイプライン・貯蔵タンク、LNG火力発電所、タンカーなど)を有効活用できます。

もっと

CO2を都市ガスに再利用 メタネーション最前線

どういうことなのかー。 一方、メタンは水素に比べ、エネルギー供給システムの大きな構造変化を伴わずに導入可能です。 精製・分離後に大気へ捨てているCO2をメタンにして燃料利用すれば、ガス田に眠る天然ガスの消費量を抑制できる。 今後は普及に向けた経済合理性の追求と、『脱炭素燃料』として温暖化対策上、制度としてどう位置づけるのか。 2008年09月09日• 2020年01月10日• プレート型は冷却水が行き渡る構造なので、高熱から触媒を保護できる。 2011年08月03日• 本試験設備では、越路原プラントで天然ガス生産時に付随して出されるCO 2と、水の電気分解によって製造された水素を合成することによりメタンを製造します。 「2030年以降の商用化への道筋は見えてきました。

もっと

■メタネーション

2007年12月03日• 「カーボンリサイクル」実用化期待 メタネーション技術は、CO2を大量排出する火力発電所にも適用できる。 2015年04月22日• 二酸化炭素と水素から、メタンと水ができる。 2009年02月13日• 2011年09月02日• そのためには、海外の認証や規格化動向もにらみながら、産業界の取り組みを促す枠組みや政策面での後押しが一層、重要になりそうだ。

もっと

■メタネーション

2009年06月22日• そこで、この技術の可能性と取り組むべき課題をより明確にするために、大阪ガスでは産業技術総合研究所と共同で、NEDOの「CO2有効利用技術の先導研究(CO2直接分解)」事業(2019-2020年度)にて、SOECの共電解性能の向上、メタン化反応の制御等の技術課題に関する基礎研究に取り組み始めている。 第1段階は再エネによる水の電気分解、第2段階がメタネーションです。 ただし、大型化と建設費低減が課題だ。 当社は国内における地熱開発の取り組みとして、2011年より、秋田県小安地域と北海道阿女鱒岳地域で地熱発電の事業化に向けた地熱資源調査を実施しています。

もっと

メタネーション:株式会社日立総合計画研究所

そのような中で大阪ガスは日本ガス協会とも連携し、「水電解・サバティエ反応技術」と「SOEC共電解・メタン化反応技術」によるメタネーションに取り組んでいる。 水素を大量に製造、輸送、蓄積することは技術的に可能だ。

もっと

「メタネーション」を夢の技術で終わらせない!国際石油開発帝石が描くCO2再利用の大団円|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

SOFC(Solid Oxide Fuel Cell:固体酸化物形燃料電池)の逆機能デバイス。 周辺は水田地帯だが、地下には国内4割の天然ガス生産量を誇る南長岡ガス田がある。 生産時に発生したCO2を回収し、燃料化する世界初の試みという。 2013年08月21日• 2010年09月29日• メタネーションが注目されるのには、大きく二つの背景があります。

もっと

■メタネーション

風力発電などの再生エネ電気で生成した水素を使えば、製造したメタンはCO2排出の少ないエネルギーとして見なせるという。 2006年04月10日• 2007年08月01日• このほど、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO は、国際石油開発帝石と日立造船と共同で、メタネーション技術の試験を開始した。 2007年06月01日• その環境付加価値が適切に評価される仕組み・制度があれば、高付加価値化が難しい都市ガスの領域においてもカーボンニュートラルメタンの利活用拡大につながる可能性があります。 こうして、電力の需要と供給のバランスを取り、二酸化炭素の排出を減らすことができる。 2009年06月23日• Audiが主体となり、パートナー企業と協力してP2Gおよびメタネーションプラントを建設していることも特徴の一つであり、「Well to Wheel(CO2排出量を燃料生成の時点から車両の使用までの間でカウント)」のCO2排出量では、既存のガソリンエンジンモデルと比べ80%も削減可能としています。 天然ガス生産時に生じるCO2を都市ガスの原料として再利用するプロジェクトを展開する国際石油開発帝石が、CO2からメタン生成する設備を稼働してから1年あまり。 2018年04月02日• さらに、日本ガス協会が取り組んでいる「共電解技術を活用したメタネーション」の優位性の検証についても連携している。

もっと

CO2を都市ガスに再利用 メタネーション最前線

こうした背景から、CO 2を原料にメタンを生成する「メタネーション」と呼ばれる技術の実用化が現在期待されています。 水素と邪魔者の二酸化炭素を反応させてメタンを作り出す技術を使う *2)。 2006年07月04日• 実用化へ向けとりわけ大きな期待が寄せられる技術のひとつが、CO2と水素からメタンを合成する「メタネーション」である。

もっと